ポーランドのハーブティー

ポーランドのちょっと大きめのスーパーに行くと、紅茶売り場での商品の豊富さに驚かされます。ダージリンやアールグレイなどの普通の紅茶、フルーツティはもちろんですが、売り場のかなりの面積を占めるのががハーブティ。実はポーランドではハーブティがとてもポピュラー。飲むだけではなく薬用としても広く浸透しており、どのポーランド人の家庭に行っても必ず何かしら置いてあります。今回は数あるハーブティの中でもよく目にするものをご紹介します!  名前 読み方 日本語  効能 Mięta ミエンタ ミント 食欲増進・胃の働きを助ける。腸・胆のうの病気に利く。 Melisa メリサ レモンバーム 胃・肝臓・胆のうの病気に効く。リラックスしたいときにも。 Lipa リパ シナノキ 腎臓・咳・インフルエンザに効く。痛み止めとしての効能も。 Rumianek ルミアネク カモミール 胃の働きを助ける・リラックスしたいときに。ものもらいをパックすると、治りが早くなるとも言われている。 Szałwia シャウヴィア セージ 濃く出したものでうがいをすると、歯肉炎や喉の炎症に効果がある(ほとんどの人はうがいに利用するだけで、飲むことは滅多にない)。 Pokrzywa ポクシヴァ イラクサ むくみ・腎臓炎・腎臓結石・にきび・貧血に効く。 Dziurawiec ジュラヴィエツ セント・ジョーンズ・ワート  消化不良・下痢のときに。婦人病にも効果が。リラックス効果があり、眠れない時にも。 Bratek ブラテク パンジー にきび・ダイエットに効果あり Koper Włoski コペル・ヴウォスキ フェンネル 食べすぎ・消化不良に効果あり。リラックスしたいときにも。また、母乳の出が良くなると言われている。 特によく目にするのはMiętaやMelisa、Szałwiaなどでしょうか。ノンカフェインで体にやさしいだけではなく価格も日本で売っているものと比べれば驚くほど安いので、気負わずに日常的に飲むのにぴったりです。最近では飲みやすくするため、フルーツで味を付けたもの(レモンバーム&オレンジなど)も売っています。スーパーの他、薬局やハーブ専門店(Sklep Zielarski スクレプ・ジェラルスキ)で手に入ります。 (写真はchabrowa-ania.plのものです) 関連記事 / Related posts: オグルキ・マウォソルネ (Ogórki Małosolne) ジュレック (Żurek) フラキ (Flaki) ミゼリア (Mizeria) グジャネ・ピヴォ (Grzane Piwo)

Bitwa pod Sekigaharą

Bitwa pod Sekigaharą (関ヶ原の戦い Sekigahara no tatakai) określana jest nierzadko mianem najważniejszej bitwy w historii Japonii. Nie ulega wątpliwości, że biorąc pod uwagę czasy, w których miała miejsce, jej rozmach był ogromny. Do bitwy doszło 21 października 1600 r. niedaleko miasta Sekigahara. Starcie przesądziło o historii Japonii na kolejnych ponad dwieście pięćdziesiąt lat. W bitwie stanęły naprzeciw siebie dwie armie – Armia wschodnia i Armia Zachodnia. Siłom tej pierwszej przewodził Ieyasu Tokugawa (徳川 家康), który zgodnie z szacunkami miał pod sobą około 130 tys. żołnierzy. Liczącą mniej więcej 80 tys. wojowników Armią Zachodnią dowodził zaś ówczesny daimyō (大名) Mitsunari Ishida (石田 三成). Zgodnie z relacjami w dniu bitwy warunki pogodowe były niezwykle uciążliwe. […]

Więcej niż kocia kawiarnia

Kocie kawiarnie od lat cieszą się w Japonii niesłabnącą popularnością. Pierwsza została otwarta w roku 2004, a dziś istnienie kawiarni, w której można nie tylko napić się kawy, ale przede wszystkim spędzić czas ze zwierzętami nikogo już nie dziwi. Nie dziwi także fakt, że boom na tego typu miejsca zaobserwować można właśnie w Japonii. Mieszkania w dużych miastach w Japonii, np. w Tokio czy Osace są często naprawdę niewielkie i nie są przystosowane do trzymania w nich nawet najmniejszych zwierząt. Ponadto nawet kiedy mieszkanie nie jest przeszkodą, zdając sobie sprawę, jak wielką odpowiedzialnością jest zwierzę, nie każdy się na nie decyduje. Wydaje się więc, że miejsce, do którego można przyjść […]

アンジェイキ (Andrzejki) – ポーランドの祝祭日

ポーランドでは、11月30日の聖アンジェイ(św.Andrzej)の日の前夜をアンジェイキ(Andrzejki)と呼び、占いをする習慣が残っています。 なぜこの日に占いが行われるようになったかは定かではありませんが、スラブ諸国では秋から冬が結婚シーズン(ポーランドでは1月1日~謝肉祭)と見なされていたこと、秋の収穫後に屋外作業から屋内作業に変わることで、女性たちが糸紡ぎや刺繍などの共同作業で集まることが多くなる、といった季節的な背景があるようです。 何れにしてもポーランドでは、16世紀半ばには文献にも登場するほど、古く伝統的な習慣であることは間違いなく、当初は未婚の女性たちが結婚の時期や相手を占う一大イベントだったのです。 それではいったいどのような占いの仕方をするのでしょうか? 最も代表的なものは「蝋燭占い」とでも呼べばいいでしょうか。用意するのは「鍵(取っ手の方に穴が開いているもの」と「蝋燭(何色でも良い)」、そして適当な容器に入れた「水」です。そして溶けた蝋を、鍵の穴の開いた部分を通して、水の中に流し込みこます。蝋は水の中で固まるので、その形によって未来を占うというわけです。 中世では蝋燭といっても蜂の巣から取れる蜜蝋を使い、一気に水の中に流し込んだようです。ちなみに鍵は古ければ古いほど良く、穴も大きければ大きいほど良いそうです。また、本来はこの蝋の塊を壁に投影して、その形で占いを行いましたが、最近は塊そのものの形で占うことが多いようです。ただし、実際にやってみるとわかりますが、蝋の塊は抽象的過ぎて、何の形に見えるの判定はなかなか難しいものです(笑)。 参考までに代表的な形の意味を下記しておきます。 花: ラッキーなサプライズ 星: 幸福、成功 ハート: 恋人現れる。すでに恋人がいる場合は妊娠 馬: 軍人(女性が占った場合は結婚する男性の職業、男性なら将来の職業) 狐: ネガティヴ、マイナス(狐は中世では悪魔のシンボルとされた) フクロウ: 何か悪いことが起きる 犬や猫: 結婚を白紙に戻すべし *占いの結果があまり良くなかった場合、蝋の塊を土の中に埋めてしまってください。災いを避けることができるそうです。   この他にも「靴占い」というものがあり、これは後ろ向に右足の靴を投げ、つま先の向いた方角が将来の花婿の住む場所、またはやって来る方角を示すというものです。この「靴占い」には別のバージョンもあって、靴の向いた方角が玄関ならば、近い将来お嫁に行く(結婚する)とか、複数の人でやる場合には、靴が玄関に近い順に結婚する、男性の場合には旅に出る、といった見方もあるようです。 アンジェイキは既婚女性や男性を含め、1種のパーティー的な感覚で各々の運勢や未来を占う日でしたが、現在ではあまり占いは行われることは無く、普通にパーティをしたりクラブに行ったりする日になっているようです。 関連記事 / Related posts: 聖木曜日(Wielki Czwartek) – ポーランドの祝祭日 ポーランドの大晦日 (Sylwester) – ポーランドの祝祭日 ポーランドのお正月 (Nowy Rok) – ポーランドの祝祭日 オスタトキ(Ostatki) – ポーランドの祝祭日 ポピエレツ (Popielec) – ポーランドの祝祭日

Czym jest haori?

Myśląc o tradycyjnym japońskim stroju, przed oczami często stają nam kimona bądź yukaty. W rzeczywistości tych tradycyjnych elementów japońskiej garderoby jest oczywiście znacznie więcej, a jednym z nich jest haori (羽織). Jak jednak haori wygląda, a także kto i w jakich okolicznościach najczęściej je nosi? Z wyglądu haori przypomina krótkie kimono sięgające do pasa lub połowy uda. Tak naprawdę jest jednak okryciem wierzchnim i właśnie na kimonie może być noszone. Nie posiada zachodzących na siebie paneli występujących w kimonach. Jest natomiast wiązane z przodu za pomocą dwóch krótkich sznurków zwanych haori himo, które przyszyte są do części wewnętrznej. W przeszłości haori noszone były na przykład przez wojowników, a ich zadaniem […]

これだけは覚えておきたいポーランド語:病院編 その1

  病院編は、その1(一般、消化器系、耳鼻咽喉・呼吸器系)、その2(循環器科・神経科・外科・歯科)、その3(皮膚科、泌尿器科、眼科)、そして「産婦人科」に分類していますので併せて参考ください。   一般 Mam gorączkę. マム・ゴロンチケン 熱があります Mam dreszcze. マム・ドレシチェ 寒気がします Bardzo sie pocę. バルゾ・シェン・ポツェン たくさん汗をかきます Boli mnie… ボリ・ムニェ・・・ ・・・が痛いです Boli mnie tutaj. ボリ・ムニェ・トゥタイ ここが痛いです Mam bóle. マム・ブレ 痛みがあります Nie moge spać. ニエ・モーゲン・スパッチ 眠れません Nie mam apetytu. ニエ・マム・アペティトゥ 食欲がありません Mam zawroty głowy. マム・ザヴロティ・グウォヴィ めまいがします Mam wysokie ciśnienie. マム・ヴィソキェ・チシ二ェニェ 血圧が高いです Mam niskie ciśnienie. マム・ニスキェ・チシニェニェ 血圧が低いです Mam anemię. マム・アネミエン 貧血です Mam obrzęk. マム・オブジェンク むくみます Drętwieje mi… ドレントフェイエ・ミ・・・ ・・・がしびれます   消化器系 Boli mnie brzuch. ボリ・ムニェ・ブジュフ おなかが痛いです Boli mnie żołądek. ボリ・ムニェ・ジョウォンデック 胃が痛いです Boli mnie przy dotyku. ボリ・ムニェ・プシィ・ドティクゥ 触ると痛みます Czasami mnie boli. チャサーミィ・ムニェ・ボリ 時々痛いです Boli mnie przy pustym żołądku. ボリ・ムニェ・プシィ・プスティム・ジョウォントクゥ 空腹時に痛みます Boli mnie po posyłku. ボリ・ムニェ・ポ・ポシウクゥ 食後に痛みます Boli mnie niezależnie od jedzenia. ボリ・ムニェ・ニエザレジニエ・オド・イエゼニァ 食事に関係なく痛みます […]

ポーランド式・おなかを壊した時の対処法

風邪を引いたり、環境が変わったりしておなかを壊した経験は誰にでもあるはず。お医者へ行くのが一番ですが、そうもいっていられない時もあります。今回はポーランド式、おなかを壊した時の対処法をまとめてみました! ・スプーン1~2杯のコーヒーの粉(インスタントコーヒーではなくドリップ用のもの)を食べる ・ドロドロになるまで煮た白米を食べる ・亜麻の実(siemię lniane)を熱湯で茹でながらかきまぜてピューレのようにしたものを食べる ・ビターチョコレートを食べる(高カカオのものが良い) ・乾燥させた樫の木の皮(kora dębu)を煮出したものを飲む(薬局で錠剤も購入可能) ・炭(węgiel)を食べる(薬局で錠剤を購入可能) また、脱水症状を起こした時にはお水に砂糖と塩を溶かしたもの(割合は水1リットルに対し砂糖スプーン1杯、塩少々)やフルーツジュースにスプーン1杯の蜂蜜と塩少々を溶かしたものを飲むと良いそうです。水は必ずガスなしのもの(woda niegazowana)にしてください。 ちなみに「胃痛の時は気の抜けたコーラが効く」というのもポーランドではよく聞く話です。 関連記事 / Related posts: ポーランド式・風邪をひいたときの対処法 ポーランド式・咳対処法 ポーランド式・あいさつの仕方 ポーランドでしてはいけないこと ポーランド式・胃もたれ対処法

Rakugo (落語): tradycyjna japońska forma komediowa

Rakugo (落語 spadające słowa) to komediowa forma sceniczna, w której jedna osoba opowiada zabawne historyjki publiczności. Jedynymi rekwizytami są wachlarz i kawałek materiału. Gawędziarz, siedząc przez cały czas w jednej pozycji seiza (tradycyjny japoński sposób siedzenia), jedynie za pomocą zmiany barwy głosu i wyrazu twarzy wciela się we wszystkie role. Historia nabiera życia dzięki wyobraźni publiczności i umiejętnościom opowiadającego. Tradycja rakugo sięga końca XVII wieku. Od końca epoki Muromachi (1333-1573) aż do epoki Azuchi-Momoyama (1558-1600), przy przywódcy daimyō służyły osoby zwana otogishuu, które były partnerami do rozmowy i przybliżały panującemu ludzką naturę. Jedna z nich, mnich buddyjski grupy Jodoshu, Anrakuan Sakuden, rozśmieszał Hideyoshiego Toyotomiego swoimi historyjkami. Na początku epoki Edo […]

Japońska brzoskwinia momo

Entuzjaści owoców nie mają w Japonii łatwego życia. Z jednej strony owoce, z którymi można się tam spotkać nierzadko niezwykle przyciągają obcokrajowców czy to swoim zapachem, czy odmiennością od owoców rodzimych, z drugiej potrafią odstraszać ceną. Jednym z owoców, który często podbija serca nie tylko Japończyków, ale i turystów jest momo (桃). Momo, czyli rosnące w Japonii brzoskwinie są na ogół większe i bardziej miękkie niż te, z którymi spotkać się można na Zachodzie. Po przekrojeniu zaś naszym oczom ukaże się nie dobrze znany żółty miąższ, a raczej białe wnętrze zaróżowione przy pestce. Drzewa brzoskwini zakwitają jeszcze przed 3 marca, kiedy to wykorzystuje się je w ramach dekoracji na japońskie […]

Rosół (ロスウ)

ポーランド料理は日本人の口にもあうおいしいものが多いのですが、その中でも「おばあちゃんの味」の代表格と言えばロスウ(Rosół)です。これはコンソメスープのことで、一般的には鶏肉もしくは鶏がらと野菜を煮て作りますが、味に深みを出したい場合は牛肉や七面鳥を入れたりします。とても体が温まるので、ポーランドでは風邪をひいたらロスウを食べるといいと言われています。 ロスウを作るのはとても簡単。まずヴウォシチズナ(Włoszczyzna)と呼ばれる野菜セットと骨付き鳥肉を用意します。鶏がらだけでもいいですが、肉がついている方が味が濃くなります。両方入れてもOKです。鶏がらはポルツィア・ロソウォヴァ(Porcja rosołowa)という名前でお肉屋さんやスーパーで売っています。ヴウォシチズナは人参・セロリの根・パセリの根・長ネギ・パセリからなるスープ用ダシ取りセットとでもいいましょうか。玉ねぎが入っていることもあります。 お肉は水洗いしてから大きめのお鍋に入れ、そこに冷水をお肉がかぶるくらいまで注いでから塩をひとふりして煮ます。煮込んでいる間に野菜の準備。人参・セロリの根・パセリの根は洗って皮をむいておきます。ネギ・パセリはよく洗っておきます。お鍋のなかのスープが沸騰したら丁寧にアクをとり、そこに野菜とローリエの葉、黒胡椒の粒、オールスパイスの粒を入れて弱火にし、1時間ほど煮て塩胡椒で味をつけたら出来上がりです。 お肉と野菜は取り出します。人参だけは細かく切ってスープに戻します。鶏肉も加えることもありますし、スープだけを食べることもあります。ロスウはスープ用パスタを入れて食べるのが普通です。刻んだパセリをのせれば彩りも綺麗です。 寒い日に食べるあつあつのロスウは格別!ポーランド料理のレストランのメニューには必ず載っているので、ポーランドに来たらぜひ試してみてくださいね。 (写真はmojegotowanie.plのものです) 関連記事 / Related posts: ズパ・ポミドロヴァ (Zupa Pomidorowa) カシャンカ(Kaszanka) ファヴォルキ(Faworki) コトレット・スハボーヴィ(Kotlet Schabowy) ピズィ(Pyzy)

Aktorzy onna-gata w teatrze kabuki

Podobnie jak to miało miejsce w Starożytnej Grecji, Rzymie czy Chinach, kobiety nie występowały kiedyś na scenach japońskich teatrów. W ich role wcielali się mężczyźni, którzy stosowali różne środki, żeby jak najlepiej zagrać postać kobiecą. Sposoby te wydają się szczególnie ciekawe w przypadku teatru kabuki (歌舞伎), którego historia sięga początków XVII wieku. Chociaż powstanie kabuki nierozerwalnie wiąże się z wędrowną kapłanką Okuni z Izumo, kobiecych występów zakazano niezwykle szybko. W tamtych czasach aktorki nierzadko trudniły się także prostytucją, dlatego zastąpione zostały one męskimi aktorami –  najpierw młodymi chłopcami, a jeszcze później dojrzałymi mężczyznami. Zmiana ta ostatecznie przyczyniła się również do rozwoju teatru bardziej w stronę dramatu a nie, jak dotychczas, […]

グジャネ・ヴィノ (Grzane Wino)

寒くて長いポーランドの冬。日が暮れるのは15時くらい、気温もマイナス10度以上になることも多く、道を行く人はダウンコートや毛皮に身を包み、マフラーと帽子で重装備して寒さに備えます。このような寒い冬に飲まれるのがホットワインです。 ポーランド語でホットワインはGrzane Wino(グジャネ・ヴィノ)と言います。単語の順番を変えてWino Grzane(ヴィノ・グジャネ)と言うこともあります。これは赤ワインにシナモンスティックやクローブなどの香辛料と砂糖、そして適当な大きさに切ったオレンジの輪切りを加えて温めたものです。カフェやレストランの冬のメニューには必ずあるもので、寒い中を歩いた後にこの甘くてあたたかいワインを飲むととてもホッとします。 作り方は簡単、上記の材料を鍋に入れて温めるだけ。大事なのは沸騰させないこと。沸騰させると、せっかくのワインの香りが飛んでしまうそうです。香辛料をいちいち買い集めるのが面倒であれば、スーパーでホットワイン用の粉末調味料を購入することも出来ます。 ちなみにビール大国であるポーランドではホットビール (Grzane Piwo – グジャネ・ピヴォ)も冬の飲み物として親しまれています。これも基本的にはホットワインと同じ材料ですが、オレンジを入れなかったり、またはオレンジの替わりにレモンの薄切りを入れることもあります。砂糖の替わりに蜂蜜を使うことも。また、卵の黄身を入れて卵酒のようにすることもあります。 (写真はtrzydomki.plのものです) 関連記事 / Related posts: グジャネ・ピヴォ (Grzane Piwo) ミゼリア (Mizeria) コトレット・ミエロヌィ(Kotlet Mielony) ズパ・オヴォツォヴァ (Zupa Owocowa) コトレット・スハボーヴィ(Kotlet Schabowy)