ロマン・ポランスキ (Roman Polański)

 
ロマン・ポランスキは「戦場のピアニスト」や「ローズマリーの赤ちゃん」などの作品で有名なポーランドの映画監督です。

ポランスキーは1933年8月11日、フランスのパリでユダヤ系ポーランド人の家庭に生まれました。出生時の名前はRajmund Roman Liebling (ライムンド・ロマン・リーブリング)。彼が3歳になると一家はポーランドのクラクフへ引っ越します。1939年になるとユダヤ系であったポランスキ一家は、ドイツ軍が作ったゲットーに強制移住させられます。母親はアウシュヴィッツ強制収容所に連行され、虐殺されました。ポランスキは父親の手助けで逃げ延び、クラクフ郊外のカトリック教徒の家に隠れましたが、まもなくクラクフに戻り、路上で生活を始めます。

彼の家族はほとんど虐殺されていましたが戦後、生き残っていた父親と再会。13歳頃からアートに興味を持ち始め、映画館に通い始めます。その後クラクフの劇団に入団、演技力が高く評価されます。1953年に映画デビュー。その後アンジェ・ワイダ監督作品「世代(原題:Pokolenie)」に出演。

1954年にウッジの国立映画大学に入学。学生時代に撮った作品はどれも高評価されており、1958年の作品「タンスと二人の男(原題:Dwaj ludzie z szafą)」は5つの国際映画祭で入賞しています。1959年に女優のバルバラ・クフィアトコフスカと結婚(1962年に離婚)。1962年に発表されたデビュー長編映画「水の中のナイフ(原題:Nóź w wodzie)」は国内の賞賛を浴びたばかりでなく、ヴェネチア国際映画祭の批評家賞を受賞、またアカデミー外国語映画賞にもノミネートされました。その後フランスに移住。パリで知り合った脚本家ジェラルド・ブラックとコンビを組み、「反撥(原題:Repulsion)」、「袋小路(原題:Cul-de-sac)」を撮影、ベルリン映画祭で銀熊・金熊賞を受賞しました。1966年に「吸血鬼」の製作に入り、シャロン・テートと出会い、結婚してアメリカに渡ります。1968年に製作された初のハリウッド作品「ローズマリーの赤ちゃん(原題:Rosemary’s Baby)」で世界中に名前が知られることになりました。

しかし幸せな新婚生活も長くは続かず、1969年8月、妊娠8ヶ月だったシャロン・テートはビバリーヒルズの自宅でチャールズ・マンソン率いるカルト教団に惨殺されます。このときポランスキーは撮影のため家を留守にしていました。

1974年、ジャック・ニコルソンが主役の「チャイナタウン(原題:Chinatown)」を発表、この作品はアカデミー賞11部門にノミネート(1部門受賞)、またゴールデングローブ賞も7部門ノミネート(4部門受賞)し、一気に観客の層を広げることになりました。しかし1977年、当時13歳の子役の少女に性的行為をした容疑で逮捕、有罪判決を受けますが保釈中にパリへ逃亡。それ以来アメリカには一度も入国していません。

2002年に監督した、実在のピアニストであるヴワディスワフ・シュピルマンの体験がもとになっている作品「戦場のピアニスト(原題:The Pianist)」は、カンヌ映画祭最高賞であるパルム・ドール賞を受賞。アカデミー賞では7部門にノミネートされ、3部門で受賞しましたが、上記の問題があるために授賞式には出席しませんでした。

その後も精力的に作品を発表し続けており、2013年には現在の妻であるエマニュエル・セニエが主役の「毛皮を着たヴィーナス(原題:La Venus a la fourrure)」が公開されています。