2016ヨーロッパ映画賞:”Body/Ciało”が“ピープルズ・チョイス賞”を受賞!

ポーランドのヴロツワフで行われていた第29回ヨーロッパ映画賞で、ポーランドの女性監督マウゴジャタ・シュモフスカ(Małgorzata Szumowska)氏の”Body/Ciało”(邦題:ボディ)がピープルズ・チョイス賞(観客賞)を受賞しました!

シュモフスカ監督は、ペドロ・アルモドバル監督の“ジュリエッタ”やトム・フーパ=監督の“リリーのすべて”、そして今年ベルリン国際映画祭で金熊賞を獲得したジャンフランコ・ロージ監督の「海は燃えている~イタリア最南端の小さな島!」を含む12作品から自身の作品が選ばれたことに対し、「まさか自分が選ばれるとは思わなかった。震えが止まらない」と喜びを表しました。

“Body/Ciało”は摂食障害を患う女性オルガとその父、そしてセラピストのアンナが織り成す物語で2015年にはベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞しています。


 
 

(写真はpolskieradio.plのものです)