さぼりの日 (Dzień Wagarowicza)

3月21日はさぼりの日(ジェン・ヴァガロウィチャ – Dzień Wagarowicza)です。これは毎年3月21日にポーランドの学生(特に中学生・高校生)によって祝われる祝日で、wagary(ヴァガルィ― 授業をさぼる)という言葉が示す通り、なんと学校の授業をさぼってしまう日です。

もちろんこの祝日は公的な祝日ではありませんし、ポーランドのすべての学校の生徒が学校をさぼるわけではありません。すべての授業をさぼることももあれば一科目だけ、ということもあるそうで、大体はクラスのみんなでどの授業を休むのか先に決めておくのだそうです。もちろん先生には秘密なので、カンカンに怒った先生からあとで保護者のもとに連絡が行くこともあるのだとか。この日は博物館などでワークショップが開かれることも多いので、先生によっては課外授業を提案することもあるのだそうです。