オスタトキ(Ostatki) – ポーランドの祝祭日

オスタトキ(Ostatki)は、カトリック教では謝肉祭(カーニバル)中の脂の木曜日から最終日の火曜日までの期間を指します。

オスタトキの翌日の「灰の水曜日」から復活祭に向けて準備する四旬節が始まりますが、四旬節はイエス・キリストが荒野で40日間断食をしたことに由来しているため、この期間はごちそうやパーティなどを控え、質素に生活しなければなりません。また、この期間に結婚式を挙げるのもあまりよしとされません。

というわけで、オスタトキは四旬節の前にご馳走を食べたりパーティが出来る最後の期間なのです。もちろん最終日の火曜日にパーティをする人もいますが、やはり平日は仕事や学校があるために、ほとんどの場合はその前の週末に済ませておくのだそうです。

このオスタトキは移動祝日なので毎年決まった日にちがあるわけではありません。また、国民の祝日ではないので商店なども通常営業、学校も休みにはなりません。2017年のオスタトキは2月28日に当たります。