グルンヴァルドの戦い (Bitwa pod Grunwaldem)

1410年7月15日、ポーランド王国・リトアニア大公国連合軍とドイツ騎士団の間で行われた戦闘のことです。

この戦闘の舞台は現在ポーランドのヴァルミア・マズールィ県にある、グルンヴァルド村・ステンバルク村そしてウォドヴィゴヴォ村の間にある平原でした。それまでドイツ騎士団はキリスト教布教の名目で各地域を侵略してきました。当時東ヨーロッパでは唯一リトアニア大公国がキリスト教ではありませんでした。しかし1386年、リトアニア大公のヤギエウォがポーランド王女ヤドヴィガと結婚してポーランド王ヴワディスワフ2世となり、ポーランド王国とリトアニア大公国の両方の王となりました。それにともない、リトアニア大公国もキリスト教に改宗しました。これではドイツ騎士団はリトアニアに侵略できません。その上、1409年にドイツ騎士団領だったジュムジでの反乱をリトアニア大公国が支援したことがドイツ騎士団の反感を買い、戦いに至りました。この戦いに勝利したポーランド・リトアニアはさらに勢力を拡大、ヨーロッパで最大の領土をもつ強国として最盛期を迎えました。

毎年7月中旬になると、この中世の戦いを記念してグルンヴァルト村の戦場跡で戦いを再現するイベントが行われ、国内外から毎回多くの観客を集めています。2010年3月にはリトアニア共和国のウンブラサス副国防相がポーランドを公式訪問してポーランド政府側と会談し、ポーランド王国とリトアニア大公国が協力して勝利したこの戦いの600周年を記念して、2010年からはリトアニア共和国も国を挙げてこの祭りに参加しています。

grunwald2grunwald1

(写真は当時戦いのあったグルンヴァルド村です)