2018年命名ランキング

今年もポーランドデジタル省による赤ちゃんの名前ランキングが発表されました!2018年に生まれた赤ちゃんの名前で最もポピュラーな名前ベスト10をご紹介します。 順位 男の子 女の子 1位 Antoni (アントニ) Zuzanna (ズザンナ) 2位 Jakub (ヤクブ) Julia (ユリア) 3位 Jan (ヤン) Zofia (ゾフィア) 4位 Szymon (シモン) Maja (マヤ) 5位 Aleksander (アレクサンデル) Hanna (ハンナ) 6位 Franciszek (フランチシェク) Lena (レナ) 7位 Filip (フィリプ) Alicja (アリツィア) 8位 Wojciech (ヴォイチェフ) Maria (マリア) 9位 Mikołaj (ミコワイ) Amelia (アメリア) 10位 Kacper (カツペル) Oliwia (オリヴィア)     関連記事 / Related posts: 関連記事がありません / No related posts.

クシシュトフ・ピヨンテクがACミランへ移籍へ

イタリアのサッカーリーグ・セリエAのジェノアFCに所属するポーランド代表FWのクシシュトフ・ピヨンテク(Krzysztof Piątek)選手が、ACミランへ4年半の契約で移籍することが1月23日発表されました。 ジェノアからACミランへの移籍金は約3500万ユーロ(約44億円)と言われており、これはポーランド人サッカー選手史上最高額だった2016年のアルカディウシュ・ミリク選手の3200万ユーロ(アムステルダム・アヤックス→SSCナポリ)を抜いて1位となりました。 ピヨンテク選手はポーランドの南西部の町ジェルジョヌフ出身。レヒア・ジェルジュヌフ、ザグウェンビア・ルブリンを経てクラコヴィアで活躍後、2018年にジェノアへ移籍しました。2015年よりユースのポーランド代表に招集されていました。2018年5月にはFIFAワールドカップのポーランド代表メンバーの予備登録メンバーに選出されましたが、最終メンバーには選出されませんでした。代表としてのデビューは2018年9月に行われたアイルランドとの親善試合で(61分)、初ゴールは10月11日、UEFAネーションズリーグでの対ポルトガル戦でした。 (写真はSportowe Fakty WPのものです) 関連記事 / Related posts: 関連記事がありません / No related posts.

2019年アカデミー賞に”Zimna Wojna”がノミネート!

パヴェウ・パヴリコフスキ監督作品”Zimna Wojna (邦題:Cold War あの歌、2つの心)”が、2019年アカデミー賞の外国映画賞・監督賞そして撮影賞の3部門にノミネートされました! この作品は2015年に「Ida(邦題:イーダ)」でアカデミー賞外国語賞を受賞したパヴリコフスキ監督の最新作で、2018年ヨーロッパ映画賞最優秀作品賞・最優秀脚本賞、最優秀女優賞(ヨアンナ・クリグ)そして最優秀編集賞(ヤロスワフ・カミンスキ) の5冠に輝いたことから、アカデミー賞が期待されていました。 2019年アカデミー賞の授賞式は現地時間の2月24日に開催されます。 関連記事 / Related posts: 関連記事がありません / No related posts.

ワルシャワ:大晦日の打ち上げ花火取りやめ

ワルシャワでは大晦日に花火を打ち上げるのが定番になっており、打ち上げ花火の音を聞くと「ああ年が明けた」と実感するのですが、今年はそれが変わります! ワルシャワ新市長のラファウ・チャスコフスキ(Rafał Trzaskowski)氏はジェチポスポリタ紙でのインタビューで、今年の大晦日は打ち上げ花火を行わない方向であることを明かしました。理由は犬・猫などペットや野生の鳥など、動物にストレスを与えないようにするためということです。昨年ワルシャワ市役所に鳥類保護協会や市民団体より打ち上げ花火を取りやめて欲しい旨の嘆願書が出されていたこと、また動物だけではなく、大きな音にストレスを感じる幼児やお年寄りも多いという声もありました。 でもやっぱり大晦日だし花火がないと寂しい?ご安心を!花火の代わりに静かで環境にやさしいレーザーを使用したショーが計画されているとのことです。 実はこのように打ち上げ花火を行わない都市はワルシャワが初めてではありません。クラクフ、ポズナン、スウプスク、ビアウィストク、ソスノヴィエツの各都市ではすでに大晦日の打ち上げ花火は行われておらず、今年はそこにワルシャワ、そしてトルンが仲間入りすることになります。 ちなみにこれを受け、毎年1月の第2日曜日に行われているチャリティイベントWOŚPファイナルでも、毎年定番だった打ち上げ花火を取りやめると、代表のイエジィ・オフシャク氏が発表しています。   (写真はwarszawa.wyborcza.plのものです) 関連記事 / Related posts: ワルシャワ・メトロで改修工事 ワルシャワ:無料スケート場がオープン! ワルシャワ:ごみを出してクリスマスツリーをもらおう ワルシャワ・地下鉄第2号線開通! ワルシャワ大学の新しいロゴ

COP24、カトヴィツェで開始

国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)がポーランドのカトヴィツェで始まりました。 今回の会議では2015年のCOP21で設立した「パリ協定」の詳細な実施ルールが競技されることになっています。「パリ協定」はすべての国を対象とした地球温暖化対策の協定で、産業革命前から比べて気温上昇を2度未満に抑え、21世紀後半には温室効果ガスの排出なくすことを目的としたものですが、アメリカのトランプ代表が脱退を表明しており、先行きが不透明になっている状態です。 COP24は今月14日まで行われる予定です。     関連記事 / Related posts: 関連記事がありません / No related posts.

無料でスケートを楽しもう!ワルシャワ編

ポーランド人の冬のレクリエーションと言えばスキーやスノーボード、スケートなどのウィンタースポーツではないでしょうか。特にスケートはスキーなどとは異なり街中で楽しめるので、冬の週末は家族連れで大賑わいです。今回はワルシャワで無料でスケートができる場所を、地区別にご紹介します。開催期間は場所によってまちまちですが、大体12月中頃~3月くらいまで楽しめるようです。 Śródmieście : ・旧市街広場 Rynek Starego Miasta (屋根なし) ・文化科学宮殿前 przed Pałacem Kultury i Nauki (屋根なし) Wesoła: ・ul. Armii Krajowej 72 (屋根あり) Wola: ・ヴォラ区役所前広場 plac przy Urzędzie Dzielnicy Wola, al. Solidarności 90 (屋根なし) Praga-Południe: ・第37小中学校 Zespół Szkół nr 37 przy al. Stanów Zjednoczonych 24 (屋根あり) Bemowo: ・ul. Obrońców Tobruku 40そば (屋根あり) Ursus: ・第11小学校 SP nr 11 przy ul. Keniga 20 (屋根なし) ・第14小学校 SP nr 14 przy ul. Sosnkowskiego 10 (屋根なし)   Wilanów ・Royal Wilanów, ul. Klimczaka 1 市内にはこの他に有料のスケート場ももちろんあります。今回ご紹介した場所は入場料は無料ですが、スケート靴のレンタルは有料(大体20ズウォティ前後)です。また身分証明書の提示を求められることがあるので、念のため滞在許可カードなどを携帯しておくことをお勧めします! 関連記事 / Related posts: 文化科学宮殿60周年 ショパンゆかりの場所 ワルシャワ編・その2 ヴィラヌフ宮殿博物館(Muzeum Pałacu Króla Jana III w Wilanowie) ワルシャワ・国立競技場でジップライン ワルシャワ:無料スケート場がオープン!

COP24でシェンゲン協定国との出入国管理一時再開

12月2日からポーランドのカトヴィツェで開催される国連気候変動枠組条約第24回締結国会議(COP)の安全対策の一環として、陸上国境におけるシェンゲン協定国との出入国管理が一時的に再開されることになりました。この期間は11月22日から12月16日までになります。 シェンゲン条約加盟国民以外が国境を越える場合は、入国審査が無くともパスポート(滞在許可証ではない)の携帯が義務づけられています。つまり、飛行機・船・車・列車でポーランドの国境を超える場合には絶対にパスポートが必要になりますので、皆さん、くれぐれも忘れないようにしてください! 関連記事 / Related posts: 関連記事がありません / No related posts.

ポーランドも厳しい暑さ

日本では気温が40度を超えるなど大変なことになっており、ポーランドでもそのことについて報道があったほどでしたが、今年のポーランドの暑さもかなりのものです。 この暑さは先週くらいから続いており、毎日30度を超す暑さです。30度というと日本人にとってはどうってことなく聞こえるかもしれませんが、基本的にはポーランドの一般家庭にクーラーと言うものは存在しません。あっても扇風機です。なぜクーラーがないかと言うと、ポーランドの夏がこれほど暑くなったのはここ10年くらいのこと。日本に比べれば空気もカラッとしていて、気温が30度くらいまで上がってもそれは1週間続くか続かないかくらいだったからです。 しかし今年の暑さ、いつもと違うのは湿度の高さです。加えて各地方では激しい大雨が続き、家に浸水してしまったところも多くあるようです。 ポーランド気象庁は8月2日現在14の県に対し、「健康・命の危険にかかわる恐れがある」との警告を出しています。 詳しい情報はポーランド気象庁公式サイトをご覧ください。 関連記事 / Related posts: 関連記事がありません / No related posts.

ナヴァウカ監督退任決定

ポーランドサッカー協会(PZPN)は7月3日、サッカーポーランド代表監督のアダム・ナヴァウカ氏が30日付で退任することを公式サイトで発表しました。 ポーランド代表はFIFAワールドカップのグループステージ第3戦で日本代表に勝利しましたが、1勝2敗の勝ち点3に留まり、H組最下位で敗退していました。 退任ついてナヴァウカ氏は以下のように語っています。 ”代表チームとお別れします。ランキング下位からここまで高いポジションにチームを引き上げることが出来たのは私個人だけではなくチーム全体の成功です。とても残念ですが、ポーランドサッカー、そして監督としての自分の未来を明るく考えています。選手たちと良い関係を築けた5年間でした。責任をもってこの決断を下しました。ボニエック会長と話し合い決めたのは、選手の才能を引き出し、チームを前進させるという責任感を持つ監督が必要だということでした。これが新しい監督が必要だと私が考えた主な理由です” (写真はpzpn.plのものです)   関連記事 / Related posts: 赤星貴文選手、ポゴン・シュチェチンへ移籍 松井大輔選手、開幕戦で2ゴール 松井大輔選手、レヒア・グダンスクと契約

2018年ワジェンキ公園ショパンコンサート予定

ワルシャワ市民の毎年夏のお楽しみ、5月から9月にかけて毎日曜日の12時と16時から行われているショパンコンサートの、2018年の出演者が発表されました!   日程 12時  16時 5月13日 Ingolf Wunder Radosław Sobczak 5月20日 Joanna Różewska Edward Wolanin 5月27日 Jacek Kortus Joanna Ławrynowicz-Just 6月3日 Giuliano Adorno Maria Korecka-Soszkowska 6月10日 Piotr Alexewicz Joanna Marcinkowska 6月17日 Bartosz Skłodowski Maciej Zagórski 6月24日 Karol Radziwonowicz Elżbieta Karaś-Krasztel 7月1日 Julia Kociuban Maricn Koziak 7月8日 Karolina Nadolska Weronika Chodakowska 7月15日 Aleksandra Bobrowska Andrzej Wierciński 7月22日 Wojciech Kruczek Michał Drewnowski 7月29日 Anna Maria Stańczyk Paweł Kowalski 8月5日 Marek Drewnowski Adam Mikołaj Goździewski 8月12日 Beata Bilińska Tokiko Kobayakawa 8月19日 Julia Łozowska Maria Szraiber 8月26日 Rinko Kobayashi Anna Hajduk-Rynkowicz 9月2日 Bronisława Kawalla Dmitry Shishkin 9月9日 Paweł Wakarecy Przemysław Lechowski 9月16日 Filip Wojciechowski Justyna Galant 9月23日 Jerzy Sterczyński Yuka Susono 9月30日 Piotr Latoszyński […]

2018カンヌ映画祭:ポーランド作品が16年ぶりにコンペ部門に!

5月8日から17日までフランス・カンヌで開催される第71回カンヌ国際映画祭のセレクション作品が4月12日発表され、ポーランド人監督パヴェウ・パヴリコフスキ(Paweł Pawlikowski)監督作品「Cold War (原題:Zimna Wojna)」が18作品(現状)のうちのひとつに選ばれました。 ポーランド人監督の作品がコンペ部門に出品されるのはロマン・ポランスキ監督の「戦場のピアニスト」以来、実に16年ぶりのことです。 本作品監督のパヴリコフスキ氏はワルシャワ出身。14歳で母親と共にイギリスへ渡り、オックスフォード大学在学中に映画の道に進みました。代表作には2013年に公開され、2015年に第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「イーダ (原題:Ida)」があります。 「Cold War」は1950代のポーランド・ユーゴスラヴィア・ベルリンそしてパリを舞台に、愛し合う音楽家2人の姿を描いたもので、俳優陣も「イーダ」で主役イーダのおばヴァンダを演じたアガタ・クレシャ(Agata Kulesza)や同じく「イーダ」で歌手を演じたヨアンナ・クリグ(Joanna Kulig)、「Bogowie(英題:Gods)」でポーランド初の心臓移植手術を成功させた医師ズビグニエフ・レリガ氏を演じたトマシュ・コト(Tomasz Kot)、そして「杉原千畝 スギハラチウネ」でポーランド人スパイ・ぺシュを演じたボリス・シッツ(Borys Szyc)など、ポーランド映画界を代表する錚々たる顔ぶれが集まっています。 (写真はOpus Filmのものです) 関連記事 / Related posts: 2019年アカデミー賞に”Zimna Wojna”がノミネート! スコリモフスキ監督作品が2016年アカデミー賞ポーランド代表作品に 第66回ベルリン国際映画祭:ポーランド人が最優秀脚本賞を受賞! ポーランド作品が山形国際ドキュメンタリー映画祭で大賞を受賞 第68回ベルリン映画祭:マウゴジャタ・シュモフスカ監督作品が審査員賞を受賞!

2018年4月の営業制限日

今年3月から始まった日曜日の営業制限、今月は1日(イースター)、8日、15日、22日にショッピングセンターをはじめとする商店はお休みとなり、買い物ができる日曜日は29日だけとなります。 うっかり忘れないようにみなさんもカレンダーにチェックをしておいてくださいね。レストランなどは通常営業です。 関連記事 / Related posts: 関連記事がありません / No related posts.