スワヴォミル(メタル漬け生活@ポーランド)

普段はブラックメタルを聴いているわたしですが、ポーランドにはもちろんブラックメタル以外にも面白い音楽があります。そんなわけで突然ですが、今回はポーランドのディスコ・ポロ界で活躍するSławomir (スワヴォミル)を紹介します。 ディスコ・ポロとは、ダンスミュージックのひとつなのですが、イマドキの音楽とはちょっと違って、ダサめで田舎っぽい音楽です。しかし、ポーランドのラジオやテレビには、ディスコ・ポロだけをひたすら流す番組もあるんですよ。 そんなディスコポロ界に、2015年に現れたのがスワヴォミルでした。もじゃもじゃの胸毛と口ひげが印象的で、ぱっと見た感じではだいぶおじさんにも見えるのですが、実は1983年生まれです。彼の歌手としてのキャリアはまだ短いものの、その人気はすさまじく、2017年にはポーランドのヒットチャートで1位の座を獲得。さらに、前年に出したアルバムは3万枚も売れ、プラチナ・ディスクに認定されています。2017年には「Miłość w Zakopanem(ザコパネでの恋)」をシングルでリリースし、この曲も大ヒット。大晦日に放送される歌番組に出演し、実際にザコパネでこの曲を披露しました。ちなみに彼は自分の音楽ジャンルはディスコ・ポロではなくロック・ポロ(Rock Polo)だと言っています。 彼は歌手としての活動が目立ちますが、もともと俳優として活動しており、2009年から様々な作品に出演しています。国立の演劇大学を卒業しており、音楽ではなく、演劇を専門的に学んだ人なのです。またTV番組の司会を務めたり、活動は多岐にわたります。 彼のビデオクリップやコンサートには彼の妻がよく出てきます。彼はアメリカ滞在中に、現在の妻のKajra(カイラ)と出会いました。カイラは当時アメリカのバーでウエイトレスとして働いており、そこで彼女と出会った……と言われれいるのですが、実際二人はクラクフの同じ演劇大学に通っており、在学中に知り合ったのではないかという説もあります。二人は2011年に結婚し、2016年に息子が生まれています。 スワヴォミルの曲は決して今風のカッコいい曲ではないのですが、テンション高く歌うスワヴォミルの姿を見ていると、嫌でも笑顔になりますよ!彼の隣で踊って歌う奥さんも楽しそうです。 関連記事 / Related posts: ポーランドのメタルにハマってしまった女(メタル漬け生活@ポーランド) ポーランド一有名なブラックメタルバンドBehemoth(メタル漬け生活@ポーランド) ワルシャワのオペラ(しょこたんのまるっとワルシャワ日記) Nie Nie Nie / ニェ・ニェ・ニェ(グダ男のポーランド・ヒット曲) 凪-なぎ(グダ男のポーランド・ヒット曲)

Pali się / グダ男のポーランド・ヒット曲

こんにちは!グダンスクのグダ男です! 今回は女性グループTulia(トゥリア)の「Pali Się(燃える)」を紹介します!Tuliaは2017年にポーランド北西部のシュチェチンで結成しました。ポーランドでも人気のあるイギリスのバンド、デペッシュ・モードや、ポーランドの人気歌手Dawid Podsiadłoのカバー曲を発表して一躍有名に。当初は女性4人組でしたが、2020年に入ってからは3人で活動しています。 このグループの特徴は、ポーランドの民族衣装風の色鮮やかで個性的な衣装と民族音楽を現代の音楽と融合させたサウンドでしょうか。2019年にはポーランド代表としてユーロビジョンにも参加しています。同年にポーランド国内の人気音楽フェスティバル「Pol’and’Rock Festival」にも出演しました。 この曲は2018年にリリースされ、ユーロビジョンでも歌われました。ビデオクリップはモノクロですが、彼女たちのトレードマークともいえる民族衣装風コスチュームや、ポーランドの村の様子を見ることができます。 Samotnemu sercu nie potrzeba wiele 寂しい心を燃やすのは簡単 Kiedy bez kochania wyschnie na wiór 恋愛せずに干からびてしまうと、 Jedna mała iskra staje się płomieniem ちょっとの火花でも炎に変わる Unoszonym wiatrem wiosennych pól そして春の野原を風に乗って吹き抜ける Pali się, pali się miłosny ogień! 燃える、愛の炎が燃える Płonie w nas, płonie w nas jak suchy las! わたしたちの中で燃える、乾いた森のように燃える Kochaj mnie, kochaj mnie mocniej i mocniej! わたしを愛して、もっともっと愛して! Na nic tu, na nic tu ogniowa straż! 消防団はわたしたちを助けないでしょう! Samotnemu sercu, które tylko wątpi, 疑うことしかできない寂しい心 Bo nieprzytulane zmarzło na lód 寄り添っていないと凍ってしまうから Promień obietnicy taki lód roztopi 一筋の約束がその氷を溶かしてくれる Wyjdzie jak z niewoli kochania głód 枯渇した愛の束縛から逃れるように # Porzucone serce, które nic nie czuje 打ち捨てられた心は何も感じない Światu obojętne, twarde jak głaz 世界のことはどうでもいいし、心は岩のように固い Ale gdy przyspieszy- samo się […]

月をぬすんだ双子

今日は、ポーランドの古い映画を紹介します。タイトルは『月をぬすんだ双子(原題:O dwóch takich, co ukradli księżyc)』、主演は後に政治家となるカチンスキ(Kaczyński)兄弟です。1962年に制作された映画で、コルネル・マクシンスキ(Kornel Makuszyński)という児童文学作家の童話を基に作られました。ポーランドでは知らない子どもはいないといわれているくらい有名な映画です。 舞台はザピチェクという架空の村。そこにヤツェクとプラツェク(プラツェクはポーランド語でパイの意味)という名前の双子がいました。食いしん坊で怠け者の2人は、両親の手伝いもせず、学校でも授業の邪魔をしてばかり。そんな2人はある日、金でできた月を売れば一生働かなくて済むと考え、月を盗みに行きます。道中で色々な人たちと出会い、さらには危険な目にも遭い、最後には本当に大切なものに気付くという冒険ファンタジー映画です。 この映画が制作された1962年はまだCGが無かった時代。特撮を駆使して作られた映像は、今観るとその独特の手作り感が逆に新鮮に見えます。『オズの魔法使(1939)』や『ネバーエンディングストーリー(1984)』のようなCG無しで作られた冒険映画にも似た雰囲気があるかもしれません。ストーリーは単純ではあるものの、舞台セットがなかなか凝っていて遊び心があり、大人が観ても楽しめます。 主役の双子を演じたカチンスキ兄弟は当時13歳でした。映画の中の役柄と同じく、二人は一卵性双生児で見た目もそっくり。そして、後に二人そろって政界で活躍することになります。二人は2001年に現在の与党である「法と正義(Prawo i Sprawiedliwość)」を創設します。兄のヤロスワフ(Jarosław)は2006~2007年に首相を、弟のレフ(Lech)は2005~2010年まで大統領を務めました。残念ながら、弟のレフは2010年にカティンの森事件追悼70周年記念式典のためにロシアに向かう途中、航空事故で帰らぬ人となってしまいました。兄のヤロスワフは、2020年現在も「法と正義」の党首として政界に君臨しています。 関連記事 / Related posts: 関連記事がありません / No related posts.

2020年ワジェンキ公園ショパンコンサートはネット配信

ワルシャワの春夏の名物であるワジェンキ公園でのショパンコンサート。毎年5月から9月の日曜日の12時と16時にショパン像の下で行われるこのコンサートですが、2020年はCOVID-19の影響から通常のコンサートは行われず、公園内のオランジェリア (Stara Oranżeria)からネット配信されることになりました。配信日程と演奏者のリストは以下の通りです。 日程 ピアニスト名 読み方 5月7日 Karol Radziwonowicz カロル・ラジヴォノヴィチ 5月24日 Aleksandra Świgut アレクサンドラ・シフィグト 5月31日 Bronisława Kawalla ブロニスワヴァ・カヴァラ 6月7日 Piotr Pawlak ピオトル・パヴラク 6月14日 Joanna Ławrynowicz ヨアンナ・ワヴリノヴィチ 6月21日 Jacek Kortus ヤツェク・コルトゥス 6月28日 Julia Kociuban ユリア・コチュバン 7月5日 Maria Gabryś-Heyke マリア・ガブリシ=ヘイケ 演奏は各日程の現地時間12時(日本時間19時)よりワジェンキ公園公式サイトで配信されます。 関連記事 / Related posts: ショパンコンクール2021年に延期

ショパン国際ピアノコンクール歴代受賞者一覧

ショパン国際ピアノコンクールは5年に1度ワルシャワで開催されている国際コンクールです。若きピアニスト達の登竜門であるこのコンクールは、ポーランドのピアニストで教育者でもあったイエジィ・ジュラヴレフ氏の発案により1927年に初めて開催されました。 今回はこれまでの受賞者の名前を一覧にまとめました。現在も世界的に活躍する錚々たるピアニストばかりです! 2015 順位 名前 国 写真 I Cho Seong-jin Korea II Charles Richard-Hamelin Kanada III Kate Liu USA IV Eric Lu USA V Tony Yike Yang Canada VI Dmitrij Shishkin Russia 2010 順位 氏名 国 写真 I Julianna Avdeeva Russia II Lukas Geniušas Lithania/Russia ex aequo Ingolf Wunder Austria III Daniil Trifonov Russia IV Evgeni Bozhanov Bulgaria V François Dumont France VI miejsce not awarded 2005 順位 氏名 国 写真 I Rafał Blechacz Poland II miejsce not awarded III Lim Dong-hyek Korea ex aequo Lim Dong-min Korea IV Shōhei Sekimoto Japan ex aequo Takashi Yamamoto Japan V not awarded VI miejsce Colleen Lee Hongkong 2000 順位 氏名 国 写真 […]

ショパンコンクール2021年に延期

5月4日ピオトル・グリンスキ文化遺産大臣より、今年10月に開催が予定されていたショパン国際ピアノコンクールが2021年に延期になったという発表がありました。 これは現在世界的に感染が拡大しているCOVID-19の影響によるものです。 新しく予定されている日程は2021年10月2日から23日となっており、既に購入済みのチケットはそのまま有効となるそうです。 コンクールに関しての詳細はコンクール公式サイトをご覧ください。 関連記事 / Related posts: 2015年ショパン国際コンクール予選開始 ポーランドのコンサートホール ショパン国際ピアノコンクール予選に行ってきました(キナコママのワルシャワ滞在記) フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール (Międzynarodowy Konkurs Pianistyczny im. Fryderyka Chopina) ポーランド国営ラジオの“ショパンチャンネル”

コマサ監督最新作、2020年トライベッカ映画祭で最優秀作品賞受賞

2020年4月29日、米トライベッカ映画祭受賞作の発表があり、先日”Corpus Christi (原題:Boże Ciało)”でアカデミー賞外国語映画部門にノミネートされたポーランド人監督ヤン・コマサ(Jan Komasa)氏の最新作”The Hater (原題:Sala Samobójców. Hater)”がインターナショナル・ナラティブ部門で最優秀作品賞を受賞しました。 トライベッカ映画祭は9.11後にニューヨークの復興を願い始まった、毎年春にニューヨークのトライベッカで行われる国際映画祭で、サンダンス映画祭、サウス・バイ・サウス映画祭と並ぶアメリカ最大映画祭のひとつです。今年はコロナウイルスの影響から開催が十数日延期され、受賞作発表はインターネット上で行われました。 „Hater”はポーランド語の原題を見ればわかるように、コマサ氏が2011年に発表した作品“ログアウト (Sala Samobójców)”に続くもので、今作品では前作の主人公の母親がキーパーソンになっています。 „Hater”は法律を学ぶ大学生のトメックが大学を退学処分になるところから始まります。トメックは経済的スポンサーである幼馴染の家族にそのことを黙っていますが、結局嘘がばれてしまいます。結局PR会社で仕事を見つけますが、そこで彼がPRすることになった政治家は、以前のスポンサーが支援する政治家のライバルでした。 脚本は”Corpus Christi”と同じくマテウシュ・パツェヴィチ(Mateusz Pacewicz)、キーパーソンであるPR会社の女上司は2015年アカデミー賞最優秀開国後映画賞作品“イーダ”で主役イーダのおばを演じたアガタ・クレシャ(Agata Kulesza)が演じています。 関連記事 / Related posts: “Corpus Christi”が2020年アカデミー賞国際長編映画賞部門にノミネート! ポーランドの女子相撲 / Kobiece sumo w Polsce

ポーランドの音楽祭 その①

ポーランドと言えばショパンの生まれた国。しかしクラシックだけではなくペンデレツキやルトスワフスキ・シマノフスキなどの現代音楽、そして「ポーリッシュジャズ」と呼ばれるほどジャズの盛んな国でもあります。音楽好きも多いため、春夏は多くの音楽祭・フェスが開催されます。今回はその中でも特に有名なクラシックとジャズの音楽祭をまとめました! ◆クラシック音楽◆ ・Wielkanocny Festiwal Ludwiga van Beethovena イースター・ベートーヴェン・フェスティバル 名前の通り毎年イースターの前後にワルシャワで開催されているフェスティバル。1997年にクラクフで始まり、2004年よりワルシャワで開催されている。「ベートーベンとロマン派歌曲」など毎年フェスティバルのテーマが決まっており、国内外からトップクラスの演奏家が集まる。作曲家クシシュトフ・ペンデレツキ氏の妻であるエルジビエタ・ペンデレツカ氏がディレクターを勤めている。 ・Warszawski Festiwal Mozartowski ワルシャワ・モーツアルト・フェスティバル 1991年からワルシャワ室内楽オペラ座がワルシャワで開催しているフェスティバル。フェスティバル名が表すとおりモーツアルトのオペラ作品や交響曲などを上演している。 ・Festiwal “Chopin i jego Europa“”  「ショパンと彼のヨーロッパ」音楽祭 国立ショパン研究所が2005年より毎年月にワルシャワで開催している音楽祭。ショパンだけでなく、ショパンが影響を受けた作曲家やショパンと同時代の作曲家、またショパンが影響を与えた作曲家達の作品を演奏。ショパンコンクール受賞者などショパン研究所に縁のある世界トップクラスの演奏家達が集まる。 ・Międzynarodowy Festiwal Muzyki Współczesnej „Warszawska Jesień” 国際現代音楽祭“ワルシャワの秋” 1956年より毎年9月にワルシャワで開催されている、ポーランド最大の現代音楽祭。ポーランド人作曲家の初演はもとより国外の作曲家の作品も積極的に紹介されている。 ・Festiwal Muzyki Filmowej w Krakowie クラクフ映画音楽祭 ヨーロッパ内でも指折りの規模を誇る映画音楽祭。2008年からクラクフ市とラジオチャンネルRMF Classicの共催で開催されている。 ◆ジャズ◆ ・Jazz nad Odrą ジャズ・ナド・オドロン 1064年よりヴロツワフで開催されているジャズ音楽祭。開催中にはコンクールがあり、ポーランドの若いジャズミュージシャン達の登竜門となっている。 ・Jazz na Starówce  ジャズ・ナ・スタルフツェ 1994年より毎年7月から9月の毎週土曜、ワルシャワの旧市街広場で行われているジャズフェスティバル。国内外の有名な音楽家が毎週1組ずつ演奏するが、場所が場所とあり入場料無料。 ・Warsaw Summer Jazz days 1992年より毎年夏にワルシャワで開催されている音楽祭。「国や系譜にとらわれず、最新そして最もクリエイティブな現代的ジャズを紹介する」ことをモットーとし、世界中から錚々たるミュージシャンが集まる。 関連記事 / Related posts: ポーランドの女子相撲 / Kobiece sumo w Polsce “ショパンと彼のヨーロッパ”国際音楽祭(Międzynarodowy festiwal muzyczny „Chopin i jego Europa”) Nagroda w Cannes dla japońskiego filmu

おうち時間はオペラを見よう

コロナウイルスの影響で外出自粛、家で過ごす時間が増えた人も多いかと思います。テレビや映画を見るのも飽きた・・・そんな時にはオペラを見てみませんか? ワルシャワの国立オペラ劇場VODページではいくつかの作品をオンデマンドで無料で見ることが出来ます。ラインナップされている作品は日本では滅多に見ることの出来ないポーランドオペラがほとんどで、ハルカ(Halka)や幽霊屋敷(Straszny Dwór)などスタニスフワ・モニューシュコ作曲作品が多いのは2019年が彼の生誕200周年だったからでしょうか。もちろんどの作品にもポーランド語/英語の字幕がついています。 その他にも1794年にワルシャワ大劇場で初演された、ポーランド初のオペラといわれている”Cud mniemany, czyli Krakowiacy i Górale”もラインナップされています。 ちなみに4月25日の現地時間18時からは国立オペラ劇場のYouTubeチャンネルでチャイコフスキのバレエ「眠れる森の美女」がストリーミング配信されます。ストリーミング配信の詳細については国立オペラ劇場のフェイスブックページをご参照ください。 関連記事 / Related posts: ポーランドの女子相撲 / Kobiece sumo w Polsce

2019年ポーランドで最も売れた音楽アルバム

ポーランド人はどんな音楽を聴いている?今回はポーランドオーディオ・ビデオ製作者連盟(Związek Producentów Audio Video) が発表した、2019年最も売れたアルバムランキングです! 順位 アーティスト アルバム名 収録曲 1 Dawid Podsiadło Małomiasteczkowy 2 Soundtrack A Star is Born 3 Sokół Wojtek Sokół 4 Kękę Mr Kękę 5 Różni wykonawcy Męskie Granie 2019 6 O.S.T.R. Instrukcja obsługi świrów 7 Kamerzysta Afirmacja 8 Queen The Platinum Collection. Greatest Hits I, II & III 9 Pro8L3M Widmo 10 Taco Hemingway Pocztówka z WWA, lato ’19 関連記事 / Related posts: 2012年ポーランドヒット曲 2014年・ポーランドの音楽アルバム売り上げランキング

フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール (Międzynarodowy Konkurs Pianistyczny im. Fryderyka Chopina)

フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール (Międzynarodowy Konkurs Pianistyczny im. Fryderyka Chopina)は5年に一度ショパンの命日である10月17日を挟んで3週間に渡りポーランドの首都ワルシャワで開催されているピアノコンクールで、日本では「ショパンコンクール」や「ショパコン」の名前でおなじみです。 ショパンコンクールの特徴は課題曲全てがショパンの作品であることで、課題曲全てが一作曲家の作品というコンクールは世界的にも珍しいものです。このコンクールの発案者はピアニストであり教育家でもあったイエジィ・ジュラヴレフ氏です。今では考えられないことですが、第1次世界大戦後のポーランドではショパンの作品はコンサートで演奏されることも滅多になくなり、また音楽学校の教科書からも消えかけていたそうです。ジュラヴレフ氏は若いピアニスト達が自分の技術を自慢したり他のピアニストと競争しようとしているのを見て、コンクールという形式にすればショパンの作品を弾きたいピアニストが増えるのではないか、と考えたことからコンクールが始まったそうです。 第1回ショパンコンクールは1927年の冬に開催されました。出場者は8カ国から集まった総勢26人。彼らはコンクール期間中ワルシャワの一般家庭に宿泊し、そこで練習していたのだそうです。第1回の優勝者はソ連からの出場者、わずか19歳のレフ・オボーリンでした。ちなみに第1回にはロシアの大作曲家ドミトリィ・ショスタコーヴィッチも参加していたのだそうです。 その後コンクールは1932年、1937年に開催されましたが、第2次世界大戦のためにしばらく中断されることになります。再開されたのは1949年、この年はソ連のベラ・ダヴィドヴィチ、そしてポーランドのハリーナ・チェルニー=ステファンスカの2人が1位を授賞しました。次のコンクールはフィルハーモニーの修復のために6年後の1955年に開催されました。この時から現在まで、ショパンコンクールは絶えることなく5年に一度開催されており、これまでにマウリツィオ・ポリーニ、ウラディミール・アシュケナージ、マルタ・アルゲリッチ、ギャリック・オールソン、クリスティアン・ツィメルマン、スタニスラフ・ブーニン、ユンディ・リ、ユリアンナ・アヴデーエワなどの著名なピアニストを輩出しています。また2005年にはラファウ・ブレハッチが30年ぶりにポーランド人として第1位を獲得して話題になりました。 また日本人ピアニストの活躍も見逃せません。これまでには原智恵子(第3回15位&聴衆特別賞、日本人初出場者)、田中希代子(第5回10位、日本人初入賞者)、中村紘子(第7回4位、最年少賞)、内田光子(第8回2位、現在までの日本人最高位)、遠藤郁子(第8回8位)、海老彰子(第10回4位なしの5位)、小山実稚恵(第11回4位)、横山幸雄(第12回1位なしの3位&ソナタ賞)、高橋多佳子(第12回5位)、宮谷里佳(第13回5位)、佐藤美香(第14回6位)、関本昌平・山本貴志(共に第15回4位)の各氏が授賞、2015年には小林愛実さんがファイナリスト入りでした。 2015年のショパンコンクールについては「情熱大陸 小林愛実(MBS)」そして「もうひとつのショパンコンクール(NHK)」で放送されています。機会があればぜひご覧ください! (写真はpolskieradioのもの、2015年コンクールファイナルでのチョ・ソンジン氏) 関連記事 / Related posts: ポーランド国営ラジオの“ショパンチャンネル” 2015年ショパン国際コンクール予選開始 ショパンのベンチ (Ławeczki Chopina) “ショパンと彼のヨーロッパ”国際音楽祭(Międzynarodowy festiwal muzyczny „Chopin i jego Europa”) フレデリック・ショパン (Fryderyk Chopin)

オルガ・ボズナンスカ(Olga Boznańska) -ポーランドの一風変わった画家

オルガ・ボズナンスカは19世紀末から20世紀はじめにかけて活躍したポーランドの画家で、ポーランドだけではなくヨーロッパ全土で名声を得ました。彼女の絵はフランスの印象主義を彷彿とさせます。 ボズナンスカはポー欄s度がまだ3国分割の最中だった1865年4月15日、クラクフに生まれました。 ユゼフ・シェドレツキやカジミエシュ・ポフヴァルスキに絵の手ほどきを受けた後、アドリアン・バラニツキが女性のために開いた絵画学校で学び、1886年クラクフの展覧会でデビュー。その後ミュンヘンで学んだ後パリへ移住しました。 ボズナンスカ は1912年にレジオンドヌール (Légion d’Honneur)、そして1938年にポーランド復興勲章(Polonia Restituta)を受賞。1945年パリで75歳の生涯を閉じました。 写真のリンク:http://rynekisztuka.pl; luelue.pl; niezlasztuka.net 関連記事 / Related posts: オルガ・トカルチュク氏がノーベル文学賞を受賞 オルガ・トカルチュク (Olga Tokarczuk) ポーランドの女子相撲 / Kobiece sumo w Polsce ポーランドのノーベル賞受賞者