ポーランドでビックリしたこと・その2

ポーランドと日本、国が違えば習慣も違う?前回に引き続き、日本人の方たちにポーランドに来てびっくりしたことを教えてもらいました!     ・新築マンションを購入した場合、基本的にコンクリート打ちっぱなしの部屋が用意されているだけなので、内装は全部自分で手配してやらなければいけないこと。 ・買い物に行くと、殆どの場合レジの人にやる気がないこと。隣の人や電話で世間話をしながらレジを打っていることがザラにあること。 ・バス・トラムが遅れてくるのは基本だが、早朝などは決まった時間よりもずいぶん早く来ることも多いこと(なのでどっちにしろ乗れない)。どこかの停留所で長く止まって時間調整をすることは絶対にない。 ・エステに行ったらニキビを爪で潰されたこと。ポーランドではよくあることらしい。 ・洗濯物は基本的に室内干しなこと。バルコニーのあるアパートでも外干ししているのはあまり見かけない。 ・バスやトラム・地下鉄に乗るとき、日本のように列になって待たない。なので当然先に乗ったもん勝ちの熾烈な戦いが起きる。 ・牛乳や卵が常温で売られていること。 ・出産に関しては国が負担するため、基本的にお金がかからないこと。 ・どの部屋にもセントラルヒーティングが付いているので、真冬でもどの部屋もぽかぽかなこと。 ・バス・トラムがよく故障する。その場合乗客は外に放り出される。運転手側からの謝罪などもないが、みんな当たり前のように下車していること。 ・乳製品の種類が豊富で美味しいこと。 ・結婚披露宴が大宴会なこと。老若男女かまわず歌って踊って朝方まで続き、その間消費されるアルコールの量が日本人には考えもつかない量であること。 関連記事 / Related posts: ポーランドでビックリしたこと ポーランド人に聞いてみた:恋人とのお付き合い編 ホインカ (Choinka)

ポーランド人に聞いてみた:恋人とのお付き合い編

日本とポーランド、文化も言葉も違うので、恋人とのお付き合いの仕方も違う?今回はお付き合いに関わる質問をポーランド人にぶつけてみました! 今回答えてくれたのは大学生のBさん(24歳)です。     ・日本では好きな人に「付き合ってください」と申込んでお付き合いが始まることが一般的だけど、ポーランドではどうなの? – 告白→「付き合ってください」をやるのは中学生くらいまで。大人になるとそういうことはせず、一緒にいるうちにいつのまにか恋人同士になっているというケースがほとんど。なのでいつから正式に「恋人同士」になったのかの境界線がわかりにくく、片方は恋人と思っていてももう片方は違うふうに考えているということも(残念ながら)たまにある。 ・デート代は男女どっちが出す? – カップルや年齢にもよるが、基本的にデート代は男性が払う。付き合いが深くなると割り勘になったり、時には女性が払ったりといろいろ。 ・デートはどんなところに行くの? – 公園や映画館、おしゃれなカフェでワインを飲んだりコンサートに行ったり、クラブに行ったり。夏ならピクニックやサイクリング。初めてのデートには落ち着いておしゃべりすることのできる場所を選ぶ。 ・相手に親を紹介される=結婚と考えたほうがいい? – 相手の親がどんな人・どこに住んでいるかでも違う。相手の親が近くに住んでいたり、とてもフレンドリーな人たちなら気負って考えなくても良いと思うが、遠くにある実家にわざわざ連れて行かれるのであれば、相手も相手の親も将来を考えていると思っていいのでは。 ・恋人同士は同棲するのが普通と聞いたけど? – とても普通。好きなら一緒に居たいので、一緒に住む。家賃がその分少し安くなるというメリットもある。一緒に住むことで相手の真の姿がよくわかるので、結婚相手に本当に向いているか観察するチャンスにもなる。 関連記事 / Related posts: ポーランド・結婚式にまつわる迷信 ジャウカ(Działka) ポーランドでビックリしたこと・その2

ポーランドでビックリしたこと

  日本とは言葉も文化も、思考回路も違う人たちが住む国、ポーランド。 そんなポーランドに住む日本人の方々に、ポーランドに来てビックリしたことを教えてもらいました!もしかしたらあなたにも思い当たることがあるかも・・・? ・パンやジュースを支払い前に食べたり飲んだりしている人がいる。支払いはレジで瓶を見せればOK。パンはどうなのか謎。 ・酒飲みが本当に多い。 ・ビールにウオッカを混ぜる飲み方があること(U-Bootと呼ぶらしい)。理由は「ビールはアルコール度が低いから」。 ・PKP電車内のトイレ。水を流したあとに便器の下に線路が見えた。 ・女性の気がとんでもなく強い。 ・男性も恥ずかしがらず堂々と甘いものを食べる。夏はアイスを食べながら歩くサラリーマンをよく見かけること。 ・バスの運転手が道を間違える、もしくは乗客に道順を尋ねること。 ・もちろんバス・トラムは時間通りに来ない(それでも最近はだいぶ改善された)。 ・小銭がないと「お釣りがないから」という理由で販売拒否されることがある。 ・お釣りを貰うとき、「今1グロシィないからナシでいい?」と言われる。でも誰も気にしていない。 ・ゴミの分別がないに等しい。 ・わりと皆さん時間にルーズ。 ・美容院に行ったら、ハサミではなくバリカンで髪の毛を切られた。 ・銀行や郵便局のには窓口ごとに休み時間が有り、どんなに長蛇の列ができていてもその間窓口が開くことは絶対にない。 ・レディファーストが徹底している。 ・老若男女関わらず話好きな人が多い。知らない同士でもすぐに議論が始まる。 ・お年寄りや妊婦に席を譲る光景が日常的なこと。 いかがでしたか?他にも「こんなところに驚いた!」という経験をお持ちの方は、ぜひ編集部までお知らせくださいね!     関連記事 / Related posts: ポーランドでビックリしたこと・その2 ボレスワヴィエツ陶器 (Ceramika Bolesławiecka) ポーランドの記念切手 か弱いご老人 / Babulinka(けいこのポーライフ / Polajf K:KO) クラクフ琥珀博物館 / Amber Museum w Krakowie

ポーランドでビックリしたこと

ポーランドでビックリしたこと ・ご飯の時間が日本と違う。(ポーランドの伝統的なお昼の時間は15時ごろ) ・夏場の女性の露出が年齢層問わず大胆。 ・公共での飲酒厳禁。 ・お年寄りの物乞いが多い。 ・サウナが男女共同なこと。そして男女問わず普通に全裸の人がいる。 ・犬の糞が道にたくさん落ちている。 ・車・バスの運転がとても荒い。 ・ポーランド人の飲酒レベル。ビールにウオッカを入れる人がいるのには驚いた。 ・ 関連記事 / Related posts: 関連記事がありません / No related posts.

ポーランド人の血液型

  ポーランド人の血液型の比率はどうなっているでしょうか? ちなみに、ポーランド人は自分の血液型を知らない人が多いようです。 またO型はアルファベットのO(オー)ではなく、数字の0(ゼロ)と言います。 A型=38% O型=37% B型=17% AB型=8% (ポーランド献血センター統計) ふむふむ、ヨーロッパではA型が最も多いと言われていますが、ポーランドではO型も、そしてB型も周辺国に比べるとその比率は高いようです。 隣国ドイツでは、やはりA型が43%と最も多いのですが、B型は13%と少なく、また、ロシアではA型が36%、O型が33%と同じぐらいの比率ですが、B型は23%とぐっと高くなっています。 ポーランド及びヨーロッパでは、日本のように血液型を用いた占いや性格診断などは一切行われていませんが、ここではあえて日本的な血液型での分析をしてみると: ポーランド人は: ドイツ人ほど几帳面で心配性の人(A型)は多くないが、おおらかで負けず嫌いの人(O型)も多い。 楽観的でマイペースな人(B型)もドイツよりは多いが、ロシアほどではないよう。 でも、天才肌で二重人格的な人(AB型)はどの周辺国より多め。 という感じでしょうか。 一般的なポーランド人の性格としては、IT関連で活躍しているエンジニアのように、実に几帳面で地味な仕事を黙々とこなし一方、スポーツ競技でも見られるようにどうもチームプレイはあまり得意ではないようです。 また、チェコ人のように「長いものに巻かれろ」という意識があまりなく、仕事でも大企業でサラリーマン的に働くよりも、個人業で小さくても自分の城を持ちたいという傾向があるようです。 もちろん、全ての人に当てはまるわけではありませんが、どうでしょうか? 是非、今一度、あなたの周りのポーランド人を観察してみてください。   関連記事 / Related posts: 世界から見たポーランド(産業編) ポーランドの宗教 ポーランドの行政区分

ポンチキの日

年に一度 脂の木曜日という復活祭にちなんだ日がポーランドにはあり、この日には皆がポンチキ(ポーランド版揚げドーナツ)を食べる習慣がある。 2008年は1月31日で、ワルシャワでは有名店は勿論、数々の菓子店で長い行列ができた。食べながら道を歩く人も多く見られた。期末試験中の学校では試験管の為に箱詰めポンチキが机の上に用意されていることも! 関連記事 / Related posts: イースターのお話 (キナコママのワルシャワ滞在記) ポーランドのクリスマス – ポーランドの祝祭日 脂の木曜日(Tłusty Czwartek) – ポーランドの祝祭日 オプワテック (Opłatek) ポーランドのクリスマス料理