ザピエカンカ (Zapiekanka)

ザピエカンカ (Zapiekanka)はポーランドでよく食べられる料理ですが、ひとくちにザピエカンカと言っても実は2種類あり、ふたつともかなり異なるものです。

ひとつはファーストフードとしてよく食べられるザピエカンカ。これはピザトーストのようなもので、パンを横半分に切ったものにハムやマッシュルーム、チーズなどを乗せてオーブンで焼き、トマトケチャップをかけたものです。ポーランドのファーストフードの代表格で、以前はザピエカンカのスタンドも街にたくさんありましたが、さまざまなファーストフードが溢れている最近ではだんだん少なくなって来ました。パンが長いのがお約束で、ひとつ食べるとおなかがいっぱいになります。

もうひとつは家庭料理としてのザピエカンカです。これは日本で言うグラタンのようなもので、ペンネのようなショートパスタにお肉や野菜を合わせてソースをかけ、上にチーズをのせてオーブンで焼いたものです。ショートパスタを使うのが一般的ですが、替わりにじゃがいもやお米を使うこともあります。不思議なもので、この料理はレストランではほとんどお目にかかりません。

とてもポーランド的なこのふたつの料理、ポーランドに来た際はぜひ試してみてくださいね!
 

zapiekanak2

 
 
(写真はfantasyfood.compl. www.winiary.plのものです)