きのこの子育て日記:子連れカモン! / プレイグループ

  「子連れカモン!」 ここワルシャワにおいても、子供を持った親の購買力というのはしっかり考慮されているようで、子連れ対応型の店が増えています。 (1)マクドナルド 外か中に遊具があることが多い。夏になると、外にもテーブルが出てカフェ方式になるためか、かなり大きな遊具がおいてある。お子さまへのアピールはそれだけにとどまらず、ディズニーとタイアップして、キャラクターおまけつきのハッピーミールとやらを展開している。 大型スーパーReal(Ursynow)内のマックには子供用スペースがあり、一般席と区切られているため、安心して子供を放牧できる。狭いのが悲しいけれど。 「日本のマックでもやればいいのに」と思いましたが、狭い国土ゆえ、お客の回転率重視なのですね、きっと。 (2)IKEA( Plac.Szwedzki 1, Janki ) スウェーデンのおしゃれな輸入家具、雑貨のお店。(但しDIYのもの多し。)入り口のすぐ横に、買い物客用の託児所がある。連れて入っても、おもちゃ売場(スーパーでは買えないような、夢のあるおもちゃ有り)もあるし、カフェテリアにも子供スペースがある。さすがスウェーデン。あんたはえらい! (3)Steen&Strom (ul.Glebocka / lに横棒、eの下にちょん。番地はわかりませんでした。 ) 大型ショッピングモール。個人的に超おすすめ。(*理由後述)ワルシャワで一番大きいのでは。Carrefourというスーパーには、お菓子の量り売りコーナーあり。スーパーを出て左手奥に行くと、おむつ替え用の台のついたベビー用トイレがある。いくつも食事できるスタンドがあるが、私のお気に入りはピザ屋の右手にあるカフェテリア。奥に子供スペースがあり、親はゆっくりお茶が出来る。(以前はこのスペースにいろいろおもちゃがあったが、今は少しになってしまい、ちょっと寂しい雰囲気) *ここのスーパーは、魚コーナーが充実してて涙、涙。たこやほたて、ムール貝、あんこうを目撃!なんとまぐろを見かけた人も。すずきも鯛もピカピカのがあった。もち、日によって当たりはずれあり。Check it out! (4)Promenada( ul.Ostrobramska 75C ) ここも大型ショッピングモール。1階のおもちゃ屋の左横に輸入食料品のミニスーパーがあるが、なぜかオリエンタルな調味料もおいている。(とんかつソース、みりん、梅酒など)最上階の一角に有料のプレイルームがある。一人ではいかんともしがたいが、子連れの友達と一緒に行って、かわりばんこに買い物をするという手がある。お父さんをひっぱっていくのも手。うちのように怒り出すのは論外だが。 *(3)、(4)には、どちらにも「ダンキンドーナッツ」がある。私のように指さして「これ!これ!」と言って買い物する人にはちと大変か。(店員の後ろに棚があって、たくさんの種類のドーナッツがおいてある) フィリングがわからないので、闇なべならぬ、闇ドーナッツ。 日本と比べると、まだまだかなという気もしますが、結構頑張っているのではないでしょうか。特にマクドナルド。日本も見習え! 「プレイグループ」 ワルシャワにも、待ちに待った春がやってきました。日もどんどん長くなり、子供もかなり長い時間公園に連れ出せるので、ありがたいことです。ですが、まだ歩くことの出来ない赤ちゃんをお持ちの人でも、結構楽しく過ごせるところがあります。 それが、プレイグループです。要は親子育児サークル。ワルシャワにいくつもあるらしいのですが、代表的なのが、IWG(International Women’s Clubという外国人のクラブ。かなり大きな団体で、中にいくつもスポーツや趣味のサークルがある)に所属しているMums&Tots。 私も何度かおじゃまさせてもらったのですが、メンバーが持ち回りでホストになって、自分の家でお茶してもらうという気楽な物。親がお茶して世間話なんぞしている間、子供は放牧。それもお茶といっても、セルフサービスなので、ホストはコーヒー、紅茶、お茶菓子をテープルにおいて、あとはご自由にといった感じです。 リーダーも中心となっているメンバーもイギリス人なので、会話は英語になりますが、ノンネイティブの人もいるのであまり気にしなくても大丈夫。月、水の10:00-12:00で、一応月曜日と水曜日のグループに分かれているようですが、両方行ってもいいし、気の向いたときに行くだけでも全然かまわないようです。(子供の年齢が2歳半までという制限はあります。一番最後に行ったときで、1歳以下の子が半分、それ以上の子が半分くらいでした。) ですが、毎回行けば顔見知りもたくさんできるので、楽しさは増すとメンバーの方は言っていました。英会話の出来不出来自体はあまり関係なく、社交的かどうかにかかっているようです。私自身英語が不自由ですが、しょせんは育児サークル。会話は「この子いくつ?」とか「もうしゃべる?」とか「はみがきさせてる?」とかそんな話題が主で、政治経済の話はでてこないのでご安心を。 興味のある方は、IWGにMums&Totsの現リーダーが誰かを問い合わせるか、Insider(英語で書かれたワルシャワ版ぴあ。月1回発行で6zl。ポーランド語がわからない人には絶対おすすめ。)の各種サークルの欄に連絡先がのっています。(私もいきなりリーダーの人に電話したのですが、とても親切な方で、次回はどこの家に集まるとか丁寧に教えてくれました。)   *この記事は1999年に書かれたものです。 関連記事 / Related posts: きのこの子育て日記:ベビー服 きのこの子育て日記:キョーフの夏休み きのこの子育て日記:薬 きのこの子育て日記:観劇 きのこの子育て日記:ワルシャワは住みやすい?

きのこの子育て日記:バイリンガル / 冬のお出かけ

  「バイリンガル」 友達からの手紙に、「きっと○○ちゃん(私の娘)はポーランド語も話せるようになるんでしょうね」というフレーズがよく見受けられます。 確かに外国に住むともなれば、親の意識のどこかには「あわよくば」という部分がないとは言えません。特に英語圏に住む人はそうだと思います。 娘が1歳半の頃、知り合いの人から「今頃から、英語のビデオとかも見せておくと、後々抵抗なく見るようになるし、英語になじみやすくなるよ。よかったら、うちのビデオ貸すけど。」と言われました。ご好意はありがたかったのですが、その頃娘はろくに日本語も話していなかった(わんわん、にゅーにゅーのみ。ママ、パパもまだ状態)ので、 「無理やな」と判断して、丁重にお断りしました。 親が両方日本人で、まだ学校にも通っていないため、娘とポーランド語の接点は、ときどき来るベビーシッターさんのみ。しかも、彼女は日本人の家で計20年ほど働いていると自負するだけあって、簡単な日本語ならわかって話すので、これも微々たるもの。まあ、テレビのカートゥーンネットワーク(漫画をえんえん24時間やっている恐ろしいチャンネル)はポーランド語吹き替えなので、これはポーランド語で見ています。 さて、ほぼ5ヶ月後の今、娘は「どーしたんだ」と言うほど、日本語を話し始めましたが、ポーランド語はどうなったでしょうか。わかるのは、「Nie!(No)」と「チェシチ(Hi!)」のみ。前者は娘がなにかいたずらすると、私が「ニエ!」といって叱っていたため。(だめ!より言いやすい)後者は、チェシチと言えば、初対面の人にでも握手をしにいくように芸をしこんだため。(完全なうけねらいだけど、これはポーランド人にはうけます。少なくとも場はなごみます) やっぱり、親か身近な人が対象言語をしゃべっていないと、無理ってこってすね。 付け足し: 娘のお友達の2歳3ヶ月になるM君は、両親は日本人だけど、ポーランド語もばりばりわかって話すバイリンガルです。シッターさんがポーランド語オンリーの人だからだそう。そーいえば、「Woda(水)下さい」って言ってたっけ...。すごい。 「冬のお出かけ」 冬の外出というのは、本当に面倒くさいです。ここワルシャワでは、日本より3倍くらい手間がかかるような気がします。 というのも、室内と室外の温度差が激しいため。日本と違って、室内はラジエーターのおかげで、常に暖かです。(うちで、平均25度くらい)。 ラジエーターというのは、なみなみのオイルヒーターが平たくなって壁についているというようなしろもの。中身はお湯の入ったパイプだそうです。各部屋にあります。日本にいたときの団地は暖房しないと、室内の温度が10度前後になり、「あんたそれ室外の温度ちゃうんかい!」とつっこみを入れたくなるような有様でした。 話がそれましたが、ここでは外は暖かいときで10度前後、寒いとマイナス10度くらい。一方、家の中はTシャツと短パンでもOK。その状態から、マイナス10度へ出ていくので、めちゃめちゃに着込みます。 しかも、自分が着終わってから、おサルな娘(おむつ一枚で家中逃げ回る)に防寒具一式着せると、ゆうに30分はとられ、着だるまの自分は汗だく。出不精になるのもむべなるかな。そして、ついだらだらとビデオやテレビを見せてしまうというわけです。さらに問題なのは日照時間。一番ひどいときは、4時にはとっぷり日が暮れてしま います。これだと、朝にターボをかけて、用事をすませてしまわないと、とっとと一日が終わる!(実際には終わっていないが、日が沈むと終わった気になってしまう。) 冬でなんかいいことはないのか!おい、冬! その昔、とあるトロピカルな国に住んでいた頃は、「Tシャツと短パンで1年中OKはいいけど、ちっともおしゃれできん。やっぱり冬がないと、おしゃれも文明もないわ」と勝手にすごい結論を出し、嫌いな冬を見直したものでした。ですが、実際冬の国に来ると、おしゃれというより、ポイントは”防寒”。毛皮のコートも、おばちゃんがその辺に買い物に行くのに着ています。 楽しいのは、雪の日のそり遊びと子供の帽子のコレクションでしょうか。日本では想像もつかないような色やデザインの楽しい帽子が売っていて、つい衝動買いしてしまいます。大人用もあったらいいのに。 関連記事 / Related posts: きのこの子育て日記:幼稚園 きのこの子育て日記:授業参観 きのこの子育て日記:お誕生日会 きのこの子育て日記:黄金の秋 きのこの子育て日記:厚着or薄着!?

きのこの子連れ日記:子連れで

  ここに来る前に読んだ海外生活の本の中に、「欧米では大人と子供の領域ははっきり区切られている」とありました。つまり、基本的に大人の場には子供は連れていかない。そして、公共の場では周りに迷惑をかけぬよう、厳しくしつけられている、というものでした。なので、私の頭の中には、海外生活イコール「うぎうぎ騒ぐ子供はベビーシッターに預け、おしゃれに着飾った親がレストランやコンサートにばんばん出かける」ほぉ、イージーよのうというイメージがありました。 ところが、ここワルシャワではその境界線はちょっぴりあいまいなようで、コンサートやおしゃれなレストランでも結構子供を見かけます。特にジャズコンサートで、演奏中にふらふらと舞台前に出ていって踊るファンキーな子供をみたときには、ぶったまげました。親も特にとめようとせず、飽きるまでほっとくというすごさ。高級レストランでも、予約時に確認する必要がありますが、「土日ならいいよ」と言ってくれるところがあって、驚きました。実際、日曜日に子連れで行ってみたところ、他にも子連れがおり、ほっとしたのを覚えています。(この時はたまたま娘が昼寝中で、優雅な一時を過ごせましたが、そうでなければ、やはり冷や汗かきかきの食事だったでしょう。) ポーランド人に聞いてみると、これはまだベビーシッターという概念がまだ新しいという事実からくるようです。また、シッターの時給も高く、一般の人には雇いづらいし、一時的に預かってくれる託児所もないと聞きます。(もちろん保育園はあるが、あくまでレギュラーベース。個人で自宅に預かるという人はいるらしい) マリオットホテルのビュッフェ(2Fのシカゴグリル)は、その辺を考慮してか、別室(一番奥のテープルの右手のドアが入り口)に子供用の遊具があって、遊べるようになっています。また、クリスマスなどの時期には、特別に子供用の料理や低いテーブルや椅子などを用意しているそうです。ああ、ありがたや、ありがたや。 ポーランドはきっとどこでも割と子供に甘い感じと思いますが(1年住んでみただけの私の感想なので、間違っていたらすみません)、フォーマルなパーティには、招待する側に「ぜひに」とでも請われない限り(まぁ、まずないだろうけど)、子連れで出かけないほうが無難かも。さすがに子供の姿を見かけたことはありません。 関連記事 / Related posts: 関連記事がありません / No related posts.

きのこの子育て日記:そり遊び

  やったー!とうとう雪が積もった!11月に寒波が来て以来、雪は降っても積もって残るということがなかったワルシャワ。やっと、MYそり活躍の出番がやってきたぞ。11月の積雪時には、スーパーにあんなに山積みされて売っていたそりですが、その後は片隅においやられていたようです。 一口にそりと言っても、プラスチックのペロンとした簡単な板のようなそりから、木製のそりまであります。(価格帯は、600円~2000円くらい)中には、ちょっとした方向転換が可能なハンドルのついたものもあって、感心。 普及率も、子供のいる家庭には100%に近いのでは?と思わせるほど。うちのアパートでも、皆玄関のドアの外においています。まあ、これには地理的要因もあります。というのも、近所の公園にある丘がばかでかく、近辺の人の格好のゲレンデになっているため。夏には「愛想のない公園だよ。木の一本も植えりゃいいのに。」と思っていましたが、冬になってようやく理由がわかりました。 雪が降った後に日が射すと、MYそりを持った人々がわらわらと集まってきます。積雪量が多いと、スキーをする人も出現します。 アパートの前から娘をそりに乗せて、公園までひもを引っ張って歩いていると、横をスキー板を積んだ車が走っていきます。(そこまでする?ここはザコパネ?)そりに乗せてしまえば、12kgの娘もらくらく。買い物かご装着バージョンも欲しいかも。ただ、うちのそりは背あてのないそりなので、急に力を入れて引っ張ると、乗っている子供は後ろにずっこけます。ですが、2、3回やると、娘も前のめりになって必死でそりをつかむようになりました。(あんまり小さい子だとまずいですね) とにかく、そり遊び、やったことのない方にも、ぜひお勧め!!文句なしに楽しいです。子供も喜ぶこと受け合いです。 関連記事 / Related posts: きのこの子育て日記:ベビー服 きのこの子育て日記:薬 きのこの子育て日記:観劇 きのこの子育て日記:散歩へGO! きのこの子育て日記:ベランダ考

きのこの子育て日記:おもちゃ屋 / クリスマスパーティ潜入

<おもちゃ屋> クリスマスプレゼントを買い足しに、SmykとKidylandへ行って来ました。Smykは5階だての総合デパートですが、子供用品やおもちゃ・文房具がわりと充実しています。今回発見したのが、遊具スペース。もちろん日本と違って屋上ではなく、おもちゃの階の片隅にひっそりとという感じです。 そこにいたおばさんが、「プロシェン・バルゾ!(どうぞどうぞ)」と威勢良く言うので、つられて娘をおもちゃ電車に乗せました。ハンドル近くにあるボタンをずっと押していないとレールの上を走らないので、親が押してやって、一緒にぐるぐる回るはめに。娘は喜んだけど、親はすっかり気持ち悪くなりました。 幸いにもおばさんも「ジェンクエン!」と打ち切りを宣言したので、置いてあったお皿にチップを2ズウォチおいて立ち去ろうとしたところ、「3よ!」。うーん、やはりお金をとるのか。なにがプロシェンバルゾや。 当然じゃないかと思われるでしょうが、他にはこわれかけたような車や三輪車のおもちゃが2、3個おいてあるきりなのです。あの三輪車でもお金取るのかなーと思いながら、1ズウォチ足しました。およそ120円。日本より高いのでは?似顔絵コーナーもありましたが、画家不在のため料金わからず仕舞で残念でした。 Kidylandは地下1階、上2階の正当派おもちゃ屋で、子供を連れていったらそこには無間地獄が広がること受け合い。(Smykより商品筋が高め。)すごい人で何がなんだかわからず、すぐに出てきてしまいました。プリクラが置いてあったので、好きな方は行ってみて下さい。ただし、フレームはアメリカバージョンのようで、文化宮殿やショパンのフレームはありません。残念。 Smyk   (Al.Jerozolimskieとul.Kruczaの角。入り口は1階のマックの左手を曲がった所です。) Kidyland (Plac.Konstytucji 5) <クリスマスパーティ潜入> あるご縁からポーランドの小学生たちのパーティに混ぜてもらえることになり、わくわくしながら出席しました。子供はポーランド人、イギリス人、日本人の合計で20人くらい。先生の引率があるので、親の出席はなし。 目玉のジャグラー(大道芸人)が来るまで、みんなでかごめかごめやハンカチ落としのような遊びをしました。どちらも誰かをあてるというゲームではなく、単に指をさされた人、目の前にハンカチを落とされた人が次の鬼になるというのんびりしたもの。(でもみんなエキサイティングしていた)我が娘も1歳9ヶ月ながら、私と一緒に踊りの輪に入り、いっちょ前にふりをまねていました。 そして、ジャグラー登場!ポ語、英語、日本語とりまぜて、手品・ねじり風船・お手玉etcで口八丁手八丁。その芸達者なこと。よっ!ポーランドの染之助!こりゃ大人向けだねと思いましたが、子供にも大受け。もりあげ方もばっちり。子供の誕生会のために名刺をもらっておけばよかったと思ったくらいです。 最後はおきまりのサンタ(こっちではミコワイ)と思いきや、これがしぶい。アメリカなどのホーホー脳天気サンタと違い、カトリックの意地を見せたか、ちょっとすすけた感じの色合いのガウンのような赤と白の衣装をはおり、長いサッシュをしめ、木の杖をもっています。後で聞けば、あれは悪い子をぶん殴る杖だそう。(そりゃあんまりじゃないか)そして、ちゃんといい子にしているよう説教を長々としてから、プレゼントを渡していました。 我が娘はといえば、ジャグラーから完全にだれて、最後までずーっと廊下を走り回っており、当然私もその後を追い、まるで馬鹿殿を追っかける家来状態。おまけにちょっと目を離したすきに、おいてあるお菓子をむさぼり食っている!あーあ。でも、いつの間にか、サンタさんからプレゼント(中はお菓子だった)はしっかりゲットしていました。 後日、ポーランド人の友人に「ここのサンタはしぶいね」というと、「え?それは、たまたま、そこのサンタがそうだっただけだよ」と言われてしまいました。真実はどうなのでしょう。誰か教えて下さい。   *この記事は1999年に書かれたものです。 関連記事 / Related posts: きのこの子育て日記:ベビー服 きのこの子育て日記:子連れカモン! / プレイグループ きのこの子育て日記:キョーフの夏休み きのこの子育て日記:里帰り きのこの子育て日記:厚着or薄着!?

きのこの子育て日記:公園デビュー / お医者さん

  公園デビュー ポーランドに来てまず驚いたのが、公園の多さ&広さ。家のすぐ近くにとても大きな公園があり、あまりのだだっぴろさに感動しました。(日本で済んでいた団地が3つくらい入りそう)時間帯にもよりますが、その広さに反して人の少ないこと。子供よりも犬密度のほうが濃いような気がします。 しかし、この酷寒のなかちょっとでも日が射すと、あっという間に子連れが集まっています。日本のように全く同じ顔ぶれが世間話をするという固まった雰囲気はあまりせず、その場にいる人が適当に言葉を交わして去っていくというパターンが多いように思えます。あきらかに東洋人の私にも話しかける人がいてびっくり。たいてい「いくつ?」「男の子?女の子?」といった問いなので、ポーランド語さっぱりの私にもなんとか答えられます。また、孫を連れてきている人の割合が多く、共働き夫婦の多さを思わせます。そういったおじいさん、おばあさんの話しかけ率はかなり高く、例えば娘に手袋をさせ忘れると「手袋せんとあかん!」と絶対に言われます。以前も砂場で娘を遊ばせていると一生懸命なにか話しかけてくるおじいさんがいて、何かと思えば「砂に直接座らせると寒いからブロックの上に座らせなさい」ということだったようです。ポーランドの人はとっつきにくいと聞きますが、日本でもそうですが子供を連れていると何かと話しかけられることが多いように思えます。 お医者さん   言葉がわからない国に子供と一緒に住むことになったとき、一番心配なのが「お医者さん」。来てからすぐに病院や主治医を決めておけばよいのですが、思っても見ないときに「わーどうしよう」というのがよくあるパターンではないでしょうか。私もまったくそれで、真夜中に突然娘がおなかを押さえて「痛い!痛い!」と言い出して、あせって某英語圏病院のエマージェンシーに電話したら、「往診はできないから、明日の朝8時に病院に来い」と冷たくあしらわれ、おさまるまで途方に暮れました。ものの本には24時間診療をうたっているのにどうしたこっちゃと思って、後日ポーランド語のわかる人に問い合わせてもらったら、「emergencyと言わなかったので、病院に来いと言わなかった」と電話応対した奴が言ったらしい。夜中の2時に電話してエマージェンシーじゃないと思う馬鹿がどこにおんねん!!!そういうわけで深く反省し、遅まきながら頑張って探し、近所にいい病院&英語の分かる主治医を見つけました。病気になる前に健康相談、もしくは予防接種相談でも何でもいいので、それにかこつけて主治医を見つけておけばよかったと思った次第です。   関連記事 / Related posts: きのこの子育て日記:薬 きのこの子育て日記:下の子 / ベビーフード きのこの子育て日記:添い寝 きのこの子育て日記:黄金の秋 きのこの子育て日記:授業参観