Koronawirus w Japonii

Na dzień 12 kwietnia 2020 roku:– 6,748 pacjentów jest/było zakażonych wirusem. – 5,751 pod nadzorem lekarskim / oczekują wyników – 160 nowych przypadków w dniu 13 kwietnia. – 98 Japończyków zmarło na Koronawirus, – 767 wróciło do zdrowia. ▽ Tokyo – 1914,▽ Osaka – 767,▽ Kanagawa – 465,▽ Chiba – 411,▽ Hyogo – 358, Na chwilę obecną wprowadzony został stan wyjątkowy w Tokio ,Chibie, Kanagawie i Saitamie, Osace, Hyogo oraz Fukuoce. Premier Shinzo Abe wraz z rządem zadecydował o wprowadzeniu stanu wyjątkowego od 8 kwietnia do 6 maja. 73 kraje mają zakaz wstępu do Japonii w tym Korea Południowa, Chiny, większość Europy i Ameryki. W obecnym stanie wyjątkowym mogą zostać […]

ポーランドのコロナウイルス状況(4月14日更新版)

現在世界各国で猛威を振るっているコロナウイルスですが、ポーランドでもついに3月4日、西部の町ジェロナ・グラで初の感染者が確認されました。4月14日現地時間午前9時現在の国内感染者数は6934名(うち死者245名)となりました。 3月11日、モラヴィエツキ首相は全国の幼稚園・保育園・初等学校・高校および大学を2週間閉鎖することを決定。またグリンスキ文化・遺産大臣は12日、全国の劇場・オペラ座・フィルハーモニーホール・博物館・美術館・映画館を2週間閉鎖することを決定しました。 3月15日0時より外国人はポーランドに一時入国禁止となりました。ただし、①ポーランド国籍を持つ配偶者又は子供を持つ人 ②ポーランド・カード(注:外国人のポーランド国民への帰属証明書類)を持つ人 ③ポーランドでの永住権,滞在許可証または労働許可証を持つ人は入国が可能ですが、入国後2週間の自宅隔離措置となります。また同日より国際線の旅客機および鉄道便の運航が停止されています。ポーランド国民は政府に夜チャーター便もしくは車両で入国が可能です。 また3月24日より外出制限(①通勤及び業務活動に必要な外出 ②コロナウィルス対策のボランティア活動,③その他日常生活に必要不可欠な外出を除く)、3人以上の集会の禁止(家族および生活共同者は除く) ④公共交通機関の利用人数制限(乗客定員の半分まで乗車可能)が実施されています。また、国際旅客機のポーランドへの発着禁止および国境審査の期限も4月11日までに延長されています。 3月31日モラヴィエツキ首相は規制強化の施行を発表。内容としては、 ①外出の際は人と2m以上の距離をとる(幼児との散歩や障害者補助は除く) ②18歳以下は成人と一緒の場合のみ外出可能(4月1日より施行) ③公園や緑地(skwer)、大通り(bulwar)など屋外空間の利用禁止 ④市営レンタル自転車使用禁止 ⑤商店・郵便局での入場制限(商店はレジ1つあたり3人まで、郵便局は窓口1つあたり2人まで、4月1日より施行) ⑤市場での入店制限(1店舗あたり3人まで、4月1日より施行) ⑥美容室・エステサロン・タトゥ&ピアッシングスタジオの閉鎖 ⑦ホームセンター(sklepy budowlane)の週末閉鎖 ⑧10時から12時まで薬局・食料品店は65歳以上の人のみ利用可能 ⑨商店入店前の手袋着用義務化(4月2日より施行) ⑩ホテル閉鎖(隔離患者が滞在している場合および仕事での滞在者がいる場合は除く) ⑪職場における他人との距離を1.5m以上とする、消毒剤設置の義務化(4月2日より施行) ⑫私営交通機関への乗車規制(定員の半分まで) ⑬4月1日から隔離対象となる者は2週間家族とも接触禁止、接触した場合は家族全員が2週間の隔離対象となる ⑭リハビリテーション訓練の禁止(患者の健康に支障が出る場合を除く) となっており、上記を守らなかった場合の罰金は5000PLNから30000PLNとなっています。 4月9日のモラヴィエツキ首相記者会見によると、 ・4月16日より公共の場ではマスク・ショール・スカーフなどで鼻と口を覆う義務 ・国際旅客機のポーランドの空港への着陸禁止を4月26日まで延長 ・国際列車運休を4月26日まで延長 ・外国人の入国原則禁止を5月3日まで延長(入国者は引き続き隔離措置あり) ・3月24および31日に発表された外出制限・商店等利用制限などを4月19日まで延長 ・保育園・幼稚園・小学校・高校および大学の閉鎖期間を4月26日まで延長 ・大規模イベントは解除日(未定)まで開催禁止 となっています。 関連記事 / Related posts: 関連記事がありません / No related posts.

ポーランドの各月の名前とその由来

ポーランドでは現代日本のように1月、2月と数字では言わず、各月にそれぞれ異なる名前がついています。ちょうど昔の日本の睦月・如月のような感じでしょうか。今回は各月の名前と読み方、そして由来をご紹介します! ◆1月 STYCZEŃ(スティチェン) 名前の由来については諸説あるようですが、「接する・出会う」を意味する動詞のstykać się(スティカチ・シェン)から来たという説(前年と新年がぶつかるから)と、「切り刻む」を意味する動詞のsiekać(シェカチ)から来たという説(この時期によく木を切っていたから)などがあるそうです。 ◆2月 LUTY(ルティ) lutyという形容詞は昔のポーランド語で「厳しい・激しい」を意味しましたが、この時期はとても寒かったことからこの名前になったそうです。 ◆3月 MARZEC(マジェツ) 諸説あるようですが、「凍える」を意味するmarznąć(マルズノンチ)が由来、また「戦いの神」であるMarsへ捧げるという意味のラテン語martiusが由来、などがあります。 ◆4月 KWIECIEŃ(クフィエチェン) 「花が咲く」という意味の動詞kwitnąćが由来。春になると花が咲きますもんね。 ◆5月 MAJ(マイ) ローマ神話の豊穣の女神マイアス(Maius)の名前が由来。 ◆6月 CZERWIEC(チェルヴィエツ) この時期に発生していた蛆虫(czerwi)が名前の由来。昔はこの蛆虫が赤色の染料として使用されていた。 ◆7月 LIPIEC(リピエツ) この時期に花が咲くシナノキ(lipa)が由来。 ◆8月 SIERPIEŃ(シェルピェン) この時期に穀物を刈るために使用されていた鎌(sierp)が由来。 ◆9月 WRZESIEŃ(ヴジェシェン) この時期に花咲くヘザー、ポーランド語でヴジョス(wrzos)という植物の名前が由来。 ◆10月 PAŹDZIERNIK(パジジェルニク) 亜麻や麻を加工するときに出るパジジェジェ(paździerze)というゴミの名前が由来。 ◆11月 LISTOPAD(リストパド) 木からはらはらと落ちる葉っぱ(spadające liście)のようすが由来。 ◆12月 GRUDZIEŃ(グルジェン) 「凍った土」を意味するgruda(グルダ)という単語が由来。 関連記事 / Related posts: ポーランド人の名前の愛称 これだけは覚えておきたいポーランド語:買い物編 ~食料品のお買い物~ ネコ用品・簡単ポーランド語辞典 ポーランド語のことわざ・その1 エンピック・スクール / empik school

水かけ月曜日 (Lany Poniedziałek) – ポーランドの祝祭日

イースター翌日の月曜日はPoniedziałek wielkanocny(ポニエジャウェック・ヴィエルカノツヌィ)、別名Lany Poniedziałek(ラヌィ・ポニエジャウック‐水かけ月曜日)です。Śmigus-dyngus(シミグス・ディングス)とも呼ばれるこの日はその別名からもわかるように、水を掛け合う日なのです。 これはもともとこの日に男性が女性に水をかけていた習慣からきているもので、たくさん水をかけられた女性は早くお嫁にいける、と言われていました。現在では男性女性の区別なく水をかけ合っています。水かけも、水鉄砲のようなかわいいものからバケツの水をぶちまけるようなものまで様々。家族・友人はもちろんのこと、全く知らない人も水をかけてくるので、この日の外出は注意が必要です! ちなみにこの日は祝日のため、学校や会社、商店などもお休みになります。 (写真はwiadomosci.gazeta.plのものです) 関連記事 / Related posts: 聖木曜日(Wielki Czwartek) – ポーランドの祝祭日 祖父の日(Dzień Dziadka) – ポーランドの祝祭日 聖金曜日(Wielki Piątek) – ポーランドの祝祭日 ポーランドの大晦日 (Sylwester) – ポーランドの祝祭日 ポピエレツ (Popielec) – ポーランドの祝祭日

Skąd się biorą dzieci ?

To pytanie prędzej czy później mrozi krew w żyłach wszystkich rodziców. Każda kultura ma swoje własne historie, jakie możemy opowiedzieć dzieciom. W Polsce najpopularniejsza jest historia o bocianie przynoszącym dzieci, bądź o kapuście, z liści której wydobyć można bobaska. W Japonii istnieją dwie legendy opisujące przybycie dzieci. Obecnie bocian jest już dobrze znany w kulturze Japonii. Stało się tak za sprawą Europejskich i Amerykańskich produktów, które przez globalizacje trafiły na rynek w Japonii. Legenda o Księżniczce Kaguyi – starzec zajmujący się ścinaniem bambusów pewnego dnia odkrywa w jednym z nich malutką dziewczynkę. Zabiera ją do domu do żony, gdzie razem postanawiają wychować to cudne dziecię. Dziewczynka, choć na początku była […]

Skąd pochodzi nazwa Saitama(埼玉)

Saitama to nazwa miasta, które jest stolicą w prefekturze o tej samej nazwie. Nazwa Saitama pochodzi od historycznego miasta Sakitama, znajdującego się obecnie na terenie miasta Gyōda. Nazwa została wymyślona gdy w życie wszedł plan połączenia miast Urawa, Ōmiya i Yono. Nazwa została zmieniona z kanji 埼玉 na hiraganę さいたま i obecnie jest to oficjalny zapis. Mówi się, że to od nazwy dystryktu Minamisaitama(南埼玉), pochodzi nazwa obenego miasta i prefektury Saitama. Nazwa została pierwszy raz udokumentowana w erze Nara. Na terenie dystryktu znajdują się historyczne grobowce. Grobowce zostały wybudowane między V a VII wiekiem. Opisane są w „Shinpon Musashi Fudokiko” oraz „Otome Shizue” w erze Edo. Główne 9 grobowców to:– […]

イースター(ポーランドの祝祭日)

ポーランドのカトリック信者の間では最も大切な祝日のひとつであるイースター(ポーランド語ではWielkanoc – ヴィエルカノツ)。毎年春分の日のあとの最初の満月の次の日曜日のことで、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが3日目に復活したことを記念してお祝いする日です。 イースター当日の日曜日は、早朝に教会のミサに行ってキリストの復活を祝った後、まずは前日教会で清めてもらったバスケットの中身を家族の人数分にわけたものを食べて朝ごはんが始まります。この日に食べられるのは何と言っても卵。ゆで卵を半分に切ってマヨネーズをかけたものやスタッフドエッグなど、とにかく卵を食べます。そしてバルシチ・ビアウィ(Barszcz biały)というジュレックに似たスープ、白ソーセージ、ハムやサラダ・ホースラディッシュなどが並びます。デザートにはマズレック(Mazurek)やバプカ(Babka)などのケーキが食べられます。 イースターの日曜日と翌日の月曜日は国民の休日です。お店はほとんど閉まっている(土曜から閉まるところもあります)ので、お買い物はその前に済ませておくことを忘れずに! (写真はstudio.wp.plのものです) 関連記事 / Related posts: オスタトキ(Ostatki) – ポーランドの祝祭日 ポーランドのクリスマス – ポーランドの祝祭日 脂の木曜日(Tłusty Czwartek) – ポーランドの祝祭日 ヴィエルキ・ポスト(Wielki Post) – ポーランドの祝祭日 聖金曜日(Wielki Piątek) – ポーランドの祝祭日

ポーランド代表パラリンピックメダル獲得数(大会別)

パラリンピックが初めて開催されたのは1960年ですが、ポーランドが参加しているのは1972年からです。今回はパラリンピックでのポーランドのメダル獲得数をまとめました! 夏季パラリンピック 年 開催地 金 銀 銅 1972 ハイデルベルク 14 12 7 1976 トロント 24 17 12 1980 アーネム 75 50 52 1984 ニューヨーク 46 39 21 1988 ソウル 23 25 33 1992 バルセロナ 10 12 10 1996 アトランタ 13 14 8 2000 シドニー 19 22 12 2004 アテネ 10 25 19 2008 北京 5 12 13 2012 ロンドン 14 13 9 2016 リオデジャネイロ 9 18 12 冬季パラリンピック 年 開催地 金 銀 銅 1976 エルンシェルツヴィク – – – 1980 ヤイロ – – – 1984 インスブルック 3 2 8 1988 インスブルック 1 1 6 1992 アルベールヴィル 2 – 3 1994 リレハンメル 2 3 5 1998 長野 – – 5 2002 ソルトレイクシティ […]

Czy można się całkowicie odizolować od świata ?

Na dzień dzisiejszy nadal powinniśmy pozostać w domu. Przy takiej pogodzie, 3-tygodniowe przesiadywanie zamkniętym w czterech ścianach zaczyna uderzać wielu z nas do głowy. Aby ułatwić sobie przepływ dni, sięgamy po hobby i zajęcia, które były dla nas zawsze „na później”. Gotujemy stary przepis rodzinny na ciasto z rabarbarem, układamy puzzle z 1000 kawałków, lepimy z gliny kubeczek albo naprawiamy zepsute drzwiczki od szafki. Życie wydaje się biec innym tempem w tych dniach. Dla przeciętnej osoby taka izolacja jest ciężkim wyzwaniem psychicznym. Ciężko sobie wyobrazić żyć tak miesiące albo i lata. Są jednak osoby, które świadomie bądź z powodu problemów wycofują się ze społeczeństwa zamykając się we własnym domu. Osoby […]

2019年ポーランドの大学ランキング

ポーランド人の大学進学率はなんと72%(出典:OECD „Education at a Glance 2016)、ヨーロッパ内で見ても最高レベルといわれています。教育水準も高く、特にコンピュータ関係には強いといわれています。今回は月刊Pespektywy誌が発表した、2019年ポーランドの大学ランキングをご紹介します。 国立大学  順位 大学名 日本語  1= Uniwersytet Warszawski ワルシャワ大学  1= Uniwersytet Jagielloński  ヤギェウォ大学 3 Politechnika Warszawska ワルシャワ工科大学  4 Akademia Górniczo-Hutnicza w Krakowie AGH科学技術大学  5 Uniwersytet im. Adama Mickiewicza アダム・ミツキエヴィチ大学 6 Politechnika Wrocławska ヴロツワフ工科大学 7 Politechnika Gdańska グダンスク工科大学 8 Uniwersytet Wrocławski ヴロツワフ大学 8 Gdański Uniwersytet Medyczny グダンスク医科大学  8 Politechnika Łódzka ウッジ工科大学  11 Politechnika Śląska シロンスク工科大学 私立大学 1 Akademia Leona Kozmińskiego レオン・コズミンスキ・アカデミー 2 Szkoła Wyższa Psychologii Społecznej w Warszawie SWPS社会・人間科学大学ワルシャワ校 3  Uczelnia Łazarskiego w Warszawie  ワルシャワ・ワザルスキ大学 4 Polsko-Japońska Akademia Technik Komputerowych w Warszawie ポーランド日本情報工科アカデミー 5 Akademia Finansów i Biznesu Vistula ヴィストゥラ経済・ビジネスアカデミー 次は、各専門分野のトップの大学です。 政治学 Uniwersytet Warszawski ワルシャワ大学 歴史 Uniwersytet Warszawski ワルシャワ大学 外国語・言語学 Uniwersytet im. Adama Mickiewicza w Poznaniu Wydział […]

聖土曜日(Wielka Sobota) – ポーランドの祝祭日

イースター前日の土曜日は聖土曜日、ポーランド語でWielka Sobota(ヴィエルカ・ソボタ)といいます。 この日は十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストを追悼する日です。この日は前日の聖金曜日と同じくミサは行われませんが、信者はイースターのために用意したświęconka(シフィエンツォンカ)というものを持って教会に行きます。このシフィエンツォンカはちいさな籠の中に、キリストの復活を意味する砂糖細工の羊、死との勝利を意味する卵、キリストの体を意味するパン、真実と清廉を意味する塩、肉体の力を意味する西洋わさび、家族の繁栄を象徴するハムやソーセージ、財産や知識を意味するケーキ(手作りであることが重要)などが入っています。これを教会へ持って行き、聖水をかけて祝福してもらい、家に帰ります。祝福してもらったシフィエンツォンカはイースター当日の朝食となります。 (写真はpl.wikipedia.orgのものです) 関連記事 / Related posts: ヨーロッパの日(Dzień Europy) – ポーランドの祝祭日 ポピエレツ (Popielec) – ポーランドの祝祭日 ヴィエルキ・ポスト(Wielki Post) – ポーランドの祝祭日 聖金曜日(Wielki Piątek) – ポーランドの祝祭日 聖木曜日(Wielki Czwartek) – ポーランドの祝祭日

Skarbiec kulturowy

Shōsōin (正倉院) to wyjątkowo stary skarbiec, zachowany w doskonałym stanie. Zbudowany w VIII wieku naszej ery miał strzec dóbr zgromadzonych za życia przez cesarza Shōmu (聖武天皇). Po jego śmierci do skarbca dokładały jeszcze pokolenia jego następców, by wypełnić go po brzegi do X wieku naszej ery. Wtedy to został zamknięty, opieczętowany, i przez wieki nikt go nie otwierał. Dopiero w XIX wieku został otwarty ponownie, ukazując światu głębię pamiątek kulturowych i archeologicznych. Po II Wojnie Światowej jego zawartość została przeniesiona do nowoczesnych magazynów i tylko jesienią można oglądać wystawę części kolekcji w oryginalnym skarbcu. Shōsōin był częścią kompleksu świątynnego w Narze (奈良市) – dawnej stolicy Japonii. Jako jeden z niewielu […]