jap-pol

二国間協定

ヨーロッパを旅行したことのある方なら「シェンゲン協定」はご存知ですよね。これはシェンゲン領域国内において「あらゆる180日の期間内で最大90日間」ビザ無しで短期滞在可能と言うものです。つまり「過去180日以内の滞在日数はすべて短期滞在の期間として算入される」ということです。 ポーランドはシェンゲン加盟国であるため、もちろんこのシェンゲン協定が有効です。しかし日本とポーランドの間にはこの他に「二国間協定」というものが存在します。これは一体何かというと「継続して90日を超えない期間の滞在につき査証免除を認めるもの」だそうで、在ポーランド日本大使館のページによると 「日本・ポーランド査免取極は、継続して90日を超えない期間の滞在につき査証免除を認めるものです。ポーランドから一旦出国し、その翌日にポーランドに再入国しようとする場合、出国日と再入国日が連続しているために、出国前の滞在日数と再入国後の滞在日数が加算されますので、ご留意下さい。また、出国日と再入国日との間に2日以上の間隔を開けたとしても、再入国後の滞在期間が長期にわたると判断される場合には、国境警備隊が入国を拒否することもあり得ますのでご注意下さい。」 とあります。シェンゲン協定との大きな違いは「180日」という期間が考慮されていないということです。つまり、90日ポーランドに滞在しシェンゲン領域外へ出国し、そこからまたポーランドへ再入国し入国審査を受ければ、再び最大90日ポーランドでの滞在が可能と言うことです。「ポーランドとシェンゲン協定」にもありますが、やろうと思えばこれを繰り返しての滞在が可能になります(就労と留学には滞在許可が必要になるので、これにはあてはまりません)。 ポーランドでの滞在日を示すためには、ポーランド国内で押された出入国スタンプが必要になります。一番手っ取り早いのはポーランド・日本直行便を使うこと、もしくはイギリスやロシア・ドバイなどのシェンゲン領域外経由でポーランド出入国という方法でしょう。 問題はシェンゲン領域内での乗り継ぎで出入国した場合です。例えば日本からドイツ経由でポーランドに入国の場合、シェンゲン領域内移動となるため入国審査のあるのはドイツで、ポーランドでは入国審査は行われません。そしてポーランドに90日間滞在して一度ドイツに出国したとしても、シェンゲン領域内移動でまたもや出入国審査はないためポーランドから出国した証拠がありません。 またポーランドで90日滞在した後にシェンゲン協定外の国へ行く時も要注意です。ポーランドからそれらの国への直行便なら問題ありませんが、フランスなどシェンゲン協定国を経由する場合はそこで出国審査をすることになり、そうするとシェンゲン協定が適用されてしまうため、ポーランドに再入国できなくなってしまいます。 言葉の通じない外国、しかも国境でトラブルが起きると大変面倒です。旅行の計画を立てる際はシェンゲン協定だけではなく二国間協定のことも覚えておくことをおすすめします! 関連記事 / Related posts: ポーランドでのワーキングホリデー EU圏内長期滞在許可証 (Zezwolenie na pobyt rezydenta długoterminowego UE)

jap-pol

Zatrudnienie Japończyka na „Zwiedzaj i pracuj” w Polsce

Program „Zwiedzaj i pracuj” działający od zeszłego roku pomiędzy Polską a Japonią pozwala na roczny wyjazd młodym obywatelom obu tych krajów w celach wypoczynkowych, a także na podjęcie pracy dorywczej w celu sfinansowania pobytu i podróżowania. W tym artykule postaramy się wyjaśnić zasady, jakie obowiązują polskiego pracodawcę przy zatrudnianiu Japończyka przebywającego w Polsce z tym rodzajem wizy. Zezwolenie na pracę Wiza wydawana uczestnikowi tego programu, zgodnie z treścią podpisanego porozumienia między rządami Polski i Japonii, zezwala „na podjęcie zatrudnienia bez uzyskania zezwolenia na pracę o charakterze dodatkowym w stosunku do pobytu wypoczynkowego, w celu uzupełnienia zasobów finansowych przeznaczonych na podróż, zgodnie z przepisami prawnymi Państwa przyjmującego.” Oznacza to, że można bez problemu zatrudnić taką osobę, pod warunkiem, że nie […]

ポーランドでのワーキングホリデー

「ワーキング・ホリデー」とは、二国間の協定に基づいて異なる文化の国での生活を楽しみながら、滞在中の費用を補うために一定の労働を認める制度のことを指します。つまり、観光するだけではなく、その国の言葉を勉強しながらアルバイトも出来るということです。2015年にポーランドと日本の間でワーキングホリデーに関する協定が結ばれたため、ポーランドに「ワーキングホリデー」で滞在することが可能になりました。 ポーランドでの「ワーキングホリデー」査証(ビザ)を申請する資格があるのは満18歳以上で満30歳の誕生日を迎える前日(申請時)の年齢の、日本に居住している人です。またポーランド滞在当初の滞在費として2000USドルを所持していること、過去にポーランドの「ワーキングホリデー」ビザを取得したことがないこと、そして健康保険に加入する意思があることも必要です。 「ワーキング・ホリデー」査証(ビザ)があれば、ポーランドで労働許可(Zezwolenie na pracę)を取得する義務はありません。 それでは「ワーキング・ホリデー」ビザを取得するためには何が必要なのでしょうか? ・日本国旅券(過去10年以内に発行されていること、有効期間が目的地からの出国日より3ヶ月以上残っていること、見開き2ページ以上未使用であること) ・査証申請書( 3ヶ月以内に撮影された、フルカラーでパスポート規格を満たすもの。背景は白色のみ) ・ビザ申請書(オンラインシステムで全てを記入した上印刷、パスポートと同じ署名をしたもの) ・パスポートの顔写真ページのコピー ・過去に取得したポーランド/シェンゲンビザがある場合、そのコピー ・ワーキング・ホリデー制度利用に際しての動機作文(A4用紙1枚程度、書式自由、英語・ポーランド語どちらかで作成) ・滞在計画書(書式自由、英語・ポーランド語どちらかで作成) ・往復予約済み航空券または予約確認書(搭乗者名や日程・フライトナンバー等全てのフライト情報や日本‐ポーランド間の全ての経路が確認できるもの。復路の航空券が未購入まを提出もしくは日程を変更する予定がある場合は自筆署名入りの宣誓書をあわせて提出。復路航空券未購入の場合は相当額として10万円が必要最低資金学に加算される) ・滞在場所を証明するもの ①住居の賃貸契約書 ②ポーランド在住の知人宅に滞在する場合はその知人の住所・連絡先・滞在期間が記載された知人による自筆署名入りレター ③申請時点で滞在場所が決定していない場合は渡航初日を含む当初の期間のホテル予約確認書およびそれ以降の住居を確保する意志を記した自筆書名入りの宣誓書を提出 ・海外旅行傷害保険の加入証明書(ポーランドを含むシェンゲン圏で有効な、緊急一時帰国・救援・治療・入院や死亡などの費用を補償する、上記項目合計の補償額が最低3万ユーロ以上のもの。滞在期間全てをカバーしている必要がある。保険会社発行の被保険者氏名・有効地域・有効期限および補償項目と補償額が確認できる証明書を提出する) ・滞在資金を証明する書類(以下のうちどちらかひとつ ①カード会社が発行した申請者名義の有効なクレジットカードの利用限度額証明書原本 ②申請者が所有するポーランドの銀行口座、あるいはポーランドに支店を持つEU加盟国の銀行口座の残高証明書原本 すべての書類が揃ったら、駐日ポーランド大使館のウェブサイトで書類の申請日を予約します(インターネットでの申請はできません)。大使館での申請は本人がする必要があります。詳細は駐日ポーランド共和国大使館ウェブサイトをご参照ください。 関連記事 / Related posts: ポーランドとシェンゲン協定(2014年5月更新) EU圏内長期滞在許可証 (Zezwolenie na pobyt rezydenta długoterminowego UE) 二国間協定

ポーランドの祝日一覧

ポーランドの祝日を一覧にしてみました。キリスト教国であるため、やはり祝日もキリスト教にちなんだものが多く見受けられます。 国民の祝日(学校・会社等が休みになる日) 1月1日 Nowy Rok 元旦 1月6日 Święto Trzech Króli 公現祭 4月12日 (2020年) Wielkanoc 復活祭 4月13日 (2020年) Poniedziałek Wielkanocny 復活最後の月曜日 5月1日 Międzynarodowe Święto Pracy メーデー 5月3日 Święto Narodowe Trzeciego Maja 憲法記念日 5月‐6月 Pierwszy Dzień Zielonych Świątek 精霊降臨祭 5月‐6月 Boże Ciało 聖体の祝日 8月15日 Wniebowzięcie Najświętszej Panny Marii /Święto Wojska Polskiego 聖母の被昇天の祝日 /ポーランド軍の日 11月1日 Wszystkich Świętych 諸聖人の祝日 11月11日 Narodowe Święto Niepodległości 独立記念日 12月25日 Boże Narodzenie クリスマス 11月26日 Drugi dzień Świąt Bożego Narodzenia クリスマス2日目 復活祭は移動祝日で、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に祝われます。その翌日が復活祭後の月曜日です。聖霊降臨祭は復活祭から50日目、聖体の祝日は60日目になります。 その他、休日にはなりませんがこのような祝日もあります。 1月21日 Dzień Babci 祖母の日 1月22日 Dzień Dziadka 祖父の日 2月14日 Walentynki バレンタインデー 2月20 日 (2020年) Tłusty Czwartek 脂の木曜日 3月8日 Międzynarodowy Dzień Kobiet 国際女性デー 3月10日 Dzień Mężczyzn 男性の日 4月1日 Prima Aprilis エイプリルフール 4月22日 Międzynarodowy Dzień Ziemi アースデイ、地球の日 5月2日 Dzień […]

MEISHI O DASU 名刺を出す – DAWANIE WIZYTÓWEK W JAPONII

Jeśli jedziecie do Japonii pracować bądź jedziecie tam w sprawach biznesowych, to warto wiedzieć to i owo. Każdy z nas niejeden raz w swoim życiu zawodowym dawał swoją wizytówkę, przykładając do sposobu wręczania większą lub mniejszą wagę. Jednak w Japonii nie możemy sobie pozwolić na żaden błąd przy wręczaniu wizytówki. Z własnego doświadczenia wiem jak dużą wagę Japończycy przywiązują do dawania wizytówek, a ich brak oznacza duże ‚faux pas’. Odbywając półroczny staż w firmie japońskiej w Nagoi, zostałam wprowadzona do świata biznesu w Japonii. Już pierwszego dnia dostałam swoje wizytówki i zostałam dokładnie poinstruowana jak należycie je dawać. Pierwsze co robimy, to przygotowujemy nasz wizytownik i wyjmujemy wizytówki, następnie wizytówkę […]

聖金曜日(Wielki Piątek) – ポーランドの祝祭日

イースター前の金曜日をポーランド語でWielki Piątek(ヴィエルキ・ピヨンテック)といいます。日本語では聖金曜日、また受難日や苦難日とも呼ばれる、イエス・キリストの受難を記念する日です。 この日は「十字架の道行き」というものが行われます。これはポーランド語でDroga Krzyżowa(ドロガ・クシジョヴァ)と呼ばれるもので、イエス・キリストが捕らえられてから葬られるまでの14の場面(最後に“復活”の場面を加えて15になることもあり)の出来事に祈りを捧げるものです。この場面のことをポーランド語でStacja(スタツィア)といいます。この習慣はエルサレムで始まり、中世になってからフランシスコ会の修道士達によって広められました。場面の数が14になったのは17世紀になってからなのだそうです。 「十字架の道行き」は教会の外で行われます。普通は司祭たち、その後ろに信者達が続いてが歩きながら祈りを捧げるのですが、教会によってはキリストや兵士の格好をした人たちが、当時の状況を再現することもあります。 十字架の道行き(14留) 1.イエス、死刑宣告を受ける (Pan Jezus skazany na śmierć) 2.イエス、十字架を担う (Pan Jezus bierze krzyż na swe ramiona) 3.イエス、はじめて倒れる (Pierwszy upadek Pana Jezusa) 4.イエス、母マリアに会う (Pan Jezus spotyka swą matkę) 5.イエス、キレネのシモンの助けを受ける (Szymon Cyrenejczyk pomaga nieść krzyż Jezusowi) 6.ヴェロニカ、イエスのみ顔を拭う (Święta Weronika ociera twarz Pana Jezusa) 7.イエス、再び倒れる (Pan Jezus upada pod krzyżem po raz drugi) 8.イエス、嘆き悲しむ婦人たちを慰める (Pan Jezus pociesza płaczące niewiasty) 9.イエス、3度倒れる (Trzeci upadek Pana Jezusa) 10.イエス、衣をはがされる (Pan Jezus z szat obnażony) 11.イエス、十字架に釘付けにされる (Pan Jezus przybity do krzyża) 12.イエス、十字架の上で息を引き取る (Pan Jezus umiera na krzyżu) 13.イエス、十字架からおろされる (Pan Jezus zostaje zdjęty z krzyża) 14.イエス、墓に葬られる (Pan Jezus złożony do grobu) 15.イエス、復活される (Zmartwychstanie) (写真はkrakow.gazeta.plのものです) 関連記事 / Related posts: ヴィエルキ・ポスト(Wielki Post) – ポーランドの祝祭日 聖木曜日(Wielki Czwartek) – […]

オルガ・ボズナンスカ(Olga Boznańska) -ポーランドの一風変わった画家

オルガ・ボズナンスカは19世紀末から20世紀はじめにかけて活躍したポーランドの画家で、ポーランドだけではなくヨーロッパ全土で名声を得ました。彼女の絵はフランスの印象主義を彷彿とさせます。 ボズナンスカはポー欄s度がまだ3国分割の最中だった1865年4月15日、クラクフに生まれました。 ユゼフ・シェドレツキやカジミエシュ・ポフヴァルスキに絵の手ほどきを受けた後、アドリアン・バラニツキが女性のために開いた絵画学校で学び、1886年クラクフの展覧会でデビュー。その後ミュンヘンで学んだ後パリへ移住しました。 ボズナンスカ は1912年にレジオンドヌール (Légion d’Honneur)、そして1938年にポーランド復興勲章(Polonia Restituta)を受賞。1945年パリで75歳の生涯を閉じました。 写真のリンク:http://rynekisztuka.pl; luelue.pl; niezlasztuka.net 関連記事 / Related posts: オルガ・トカルチュク氏がノーベル文学賞を受賞 オルガ・トカルチュク (Olga Tokarczuk) ポーランドの女子相撲 / Kobiece sumo w Polsce ポーランドのノーベル賞受賞者

ポーランドのイースターパーム(Palma Wielkanocna)

もうすぐイースターです。この時期になると、町のあちこちではカラフルに染めた麦の穂を編んだようなものを目にするようになります。 これはイースターパーム、ポーランド語ではパルマ・ヴィエルカノツナ(Palma Wielkanocna)と言うものです。大きさも机の上に飾れそうな小さいものから、こんな大きいものどこに飾るの?と思ってしまうようなものまでさまざまです。 イースター一週間前の日曜日はパームサンデーといいます。日本では“枝の主日”や“聖枝祭”または“棕櫚の主日”と呼ばれていて、これはイエス・キリストがロバにまたがってエルサレムに入ったときを記念する日を指します。この日は教会へパルマを持って行き、神の祝福を受けます。群集がナツメヤシの枝を手に持ってイエスを迎えたことから、本来ならナツメヤシやシュロなどのヤシ科の植物の枝が使用されるのですが、ポーランドにはヤシ科の植物がないため、復活のシンボルと言われている柳や麦の穂を使用してパームが作られるそうです。 このイースターパームはイースター前日の聖土曜日に燃やされ、その灰は翌年の灰の水曜日に、神父が信者たちの頭にふりかけるのに使用されます。 さて、パームサンデーにはポーランド各地でイースターパームのコンテストが行われています。その中でも特に有名なのが60年以上の歴史を誇るリプニツァ・ムロヴァナ(Lipnica Murowana)という町のコンテストで、2019年の大会最高記録はアンジェイ・ゴリルさんという方が製作した約38mのパーム! コンテストに出品されたイースターパームたちは町の聖シモン広場に飾られ、観光客の目を楽しませてくれます。残念ながら今年はコロナウイルスの影響でコンテストは開催中止となってしまいましたが、また来年素敵なパームを見られることを祈って今を乗り切りましょう! 関連記事 / Related posts: ヴィエルキ・ポスト(Wielki Post) – ポーランドの祝祭日 ホインカ (Choinka) 復活祭に向けて 聖母の被昇天の祝日 (Święto Wniebowzięcie Najświętszej Maryi Panny) – ポーランドの祝祭日 聖金曜日(Wielki Piątek) – ポーランドの祝祭日

Jednokolorowe gumki do włosów czyli dziwne zasady panujące w niektórych japońskich szkołach

Japońskie szkoły kojarzone są z identycznie ubranymi uczniami w mundurkach. Nie jest to oczywiście regułą, mundurki są przeważnie domeną szkół prywatnych. Brak możliwości wyróżnienia się bądź pokazania indywidualności nie kończy się jednak tutaj. Według japońskich nauczycieli najważniejszym aspektem w szkole jest skupienie całej swojej uwagi na nauce, tak więc wszystko, co może rozproszyć uczniów jest niewskazane bądź nawet zabronione. Czasem zasady nie wynikają ze złej woli, a wręcz przeciwnie. Jednak żyjąc w kraju, w którym stawia się na jednostkę bardziej niż na grupę jako całość, dużą część z nich ciężko mi samej zrozumieć. Zasady różnią się w poszczególnych szkołach, ostatnimi laty weszło w życie też wiele zmian , w pewnych […]

O tym jak japońska sztuka wpłynęła na Europejską

W Europie przez lata doskonaliliśmy sztukę. Kolejne nurty artystyczne dodawały nowe perspektywy i skupiały się na coraz to innych aspektach. W renesansie było to piękno człowieka i jego perfekcja, w impresjonizmie emocje i dynamika. Jeden z nurtów inny od pozostałych, bo zainspirowany sztuką wcześniej nam nieznaną, zdobył popularność w XIX wieku. Mowa o Japonizmie, Japonisme po Francusku. Otwarcie Japonii na wymianę handlową w roku 1858 sprawiło, że wiele dotąd nieznanych dzieł sztuki dotarło do Europy. Wprawdzie pojedyncze odbitki zrobione techniką drzeworytu dotarły do Europy poprzez Holendrów, jednak nie zyskały one wtedy popularności. Fascynacja nimi nastąpiła po roku 1860. Artyści zafascynowani byli kolorami i kompozycją. Japońskie odbitki ukiyo-e cechowały się spłaszczoną […]

ジュレック (Żurek)

ジュレックはポーランドの伝統料理で、ライ麦を発酵させた液体から作るちょっと酸味のあるスープです。 このスープに欠かせない材料が「zakwas(ザクファス)」というものです。「żur(ジュル)」もしくはスープと同じように「żurek(ジュレック)」と呼ばれることもあります。これはライ麦粉(mąka żytnia モンカ・ジトニァ)とぬるま湯にハーブ類を混ぜて4-5日置いて発酵させた液状のもので、スーパーや八百屋さんにに行けば出来合いのものが簡単に手に入ります。メーカーにもよりますが、500ml入りのものが大体3złから5złといったところでしょうか。 作り方としては、まず鍋に玉ねぎ・セロリの根・人参・長ネギなどのスープ用野菜とソーセージ、他にもあればベーコンを入れて水を加え、スープを作ります。1時間ほど煮たら肉・野菜を取り出します。肉類は食べやすい大きさに切ります。Zakwasのボトルをよく振ってから、先ほどのスープに加えます。塩・胡椒・マジョラム・すりおろしたにんにくで味をつけたら肉類を加え、最後にサワークリームを入れて混ぜたら出来上がりです。Zakwasの量で酸味を調節してください。 ジュレックも家庭料理なので、それぞれの家庭によって作り方に微妙に違いがあります。たとえばにんにくは最後ではなくスープを作る時点で入れたりzakwasを作る時点で入れることもあるそうです。また、玉ねぎや人参、じゃがいも、きのこを加える家庭もあります。 ジュレックには「Żurek z kiełbasą(ソーセージ入りジュレック)」もしくは「Żurek z jajkiem(たまご入りジュレック)」がありますが、もちろん両方入っていることもあります。食べる時にお好みで西洋わさび(chrzan‐フシャン)を入れると味が締まっておいしいです。ジュレックはスープ皿に入れて供されるほか、パンをくり抜いた中に入れて出されることもあります。 ちなみにポーランドではイースター(wielkanoc)に食べられる伝統料理にbarszcz biały(バルシチ・ビアウィ‐白バルシチ)と呼ばれるものがあります。これはジュレックにそっくりですが、ソーセージはbiała kiełbasa(ビアウァ・キェウバサ‐白ソーセージ)という生、もしくは茹でた状態で売られているものを使います。またzakwasをライ麦ではなく小麦粉で作るため、出来上がりの色もジュレックよりもっと白っぽくなるのだそうです。 (写真はifood.tvのものです) 関連記事 / Related posts: ビィアワ・キェウバサ (Biała Kiełbasa) バルシチ (Barszcz) ポーランドのクリスマス料理 ポーランドの食べ物 ポーランドで食べたいもの

Wyjątkowe japońskie słowa cz. 1

Każdy język posiada słowa niewystępujące w żadnym innym. Słowa te reprezentują ciekawy sposób myślenia bądź postrzegania świata. Język japoński różni od języków europejskich gramatyką, sposobem pisania ale też podejściem do języka i jednostki. Nie dziwne więc, że w japońskim występują słowa nie mające swojego odpowiednika w języku polskim. 木漏れ日 (komorebi) opisuje promienie słońca przechodzące przez gałęzie drzew. Myślę, że słowo to ze wszystkich na tej liście jest najbardziej charakterystyczne i sporo osób o nim słyszało. 積ん読 (tsundoku) opisuje gromadzenie rzeczy do czytania, takich jak książki czy magazyny w stosy bez czytania ich. Słowo to pochodzi z ery Meiji ( 明治 ). Na początku funkcjonowało jako slang. Słowo powstało z połączenia […]