Japońska przyprawa sezonowa

Sezonowość japońskich przypraw jest po części powodem ich wyjątkowości. W lecie na sklepowych półkach pojawia się mało znana w Polsce przyprawa 紫蘇 (シソ, shiso). Przyprawa po polsku nazywa się pachnotka bazyliowata. Ma odmianę zieloną, która nazywa się 青紫蘇 (aojiso) oraz czerwoną/fioletową nazywaną 赤紫蘇 (akajiso). Zielona wersja shiso jedzona jest często z sashimi. Zieloną odmianę możemy ponadto znaleźć w Japonii w spaghetti, sałatkach, potrawach rybnych a nawet na Pizzy. Kiedyś shiso używane było jako zamiennik bazylii. W 2009 roku Pepsi wypuściło sezonowy napój „Pepsi shiso”, napój był koloru zielonego. Czerwona odmiana używana jest do zabarwiania marynowanych w soli moreli zwanych 梅干し (umeboshi). Przepis na japońskie klopsiki Tsukune z shiso: składniki:180g mielonego […]

Filmy promocyjne prefektur wschodnich

Dalsza cześć artykułu o filmach promocyjnych prefektur. Gdybyście się udawali w podróż, warto zobaczyć wszystkie filmiki i poznać walory każdej z prefektur. Tak jak w poprzedniej części pierwsze pięć prefektur jest wymienione w rankingu za najciekawszy filmik, reszta jest wymieniona bez kolejności. 1. Hokkaido – HOKKAIDO MIRAI NOTE to projekt, którego celem jest oddanie piękna natury regionu, sztuki tradycyjnej oraz życia zwykłych mieszkańców. W filmiku możecie zobaczyć Hokkaido zimą jak i latem, pełne życia i śmiechów ludzi na festiwalu jak i spokojne bez ludzi a przepełnione naturą. 2. Tokyo prezentuje nam krótki ach pełny czekających na turystów wrażeń filmik. Przedstawiony z punktu widzenia młodej turystki pokazuje jak bardzo barwne, niesamowite […]

Yokai strzegący chorych w epidemii

Mityczne stworzenia 妖怪 (yokai) czyli różnego rodzaju stwory, widma, duchy i straszydła. Są wytłumaczeniem różnych zjawisk dziejących się dookoła, ucieleśnieniem strachów i wierzeń. Występują w wielu baśniach i historiach ludowych. Jeden z takich yokai ma długą historię pomagania Japonii w plagach. W wyniku wybuchu pandemii koronawirusa zyskał na sławie i stał się popularny na Japońskim twitterze. Yokai ten ma na imię アマビエ (Amabie) i jest syreną o trzech ogonach. Legenda o Amabie pochodzi z 1846 roku. W prefekturze kumamoto zaczęły pojawiać się historie o świecącym w nocy obiekcie na morzu. Urzędnik udał się na wybrzeże aby zbadać co tak naprawdę się dzieje. Kiedy był na morzu z głębin wyłoniła się […]

SEKSMISJA

ポーランド映画には、優れた面白いコメディ映画も数多く存在します。1984年に公開された『Seksmisja (セクスミシア)』は、ポーランド国内で大人気のSFコメディ映画です。日本では、『SFバイオワールド/女帝国の謎』というタイトルでVHSが発売されています。監督は、『Vabank』、『Kiler』など多くのヒット作を生み出したユリウシュ・マフルスキ(Juliusz Machulski)。ポーランドの有名なコメディ映画監督のひとりで、彼の作品は数多くの賞を獲得しています。 主人公となるのは、人間を冷凍保存する実験の被験者となった二人の男性。3年で目を覚ます予定だったものの、二人が目を覚ましたのは50年後の世界でした。二人が眠っている間に核戦争が起きて世界中の男性は絶滅。地上は放射能で汚染されていると信じられており、生き残った女性たちは地下シェルターで暮らしています。そんな世界に蘇生してしまった彼らは、死刑か性転換を迫られます。命からがら、地上に逃げ出した二人を待つ運命は…というストーリーです 地下世界のSF的な演出は、意外にも凝っていて見ごたえがあります。また、一部のシーンはクラクフ近郊のヴィエリチカ岩塩坑で撮影されたとか。確かに、セットにしてはずいぶんとリアルな地下のシーンが出てきます。 主人公を演じたのは、ポーランドの有名俳優イエジー・ストゥール (Jerzy Stuhr)と、オルギエルド・ウカシェヴィッチ(Olgierd Łukasiewicz)です。二人とも半世紀も前から今日まで、現役で活躍している人気俳優です。また、ヒロイン役を演じたのは、監督の当時の妻であるボジェナ・ストリィクヴナ(Bożena Strykówna)でした。 SF映画としても、コメディ映画としても面白いのですが、女性たちによって徹底的に規律の敷かれた地下世界は、当時ポーランドが置かれていた共産主義体制への風刺と言われています。そういう点に注目しながら鑑賞するのも面白いですね。 画像引用元はこちらです 関連記事 / Related posts: 第73回ヴェネツィア映画祭:スコリモフスキ氏が生涯功労金獅子賞受賞 灰とダイヤモンド/ Popiół i diament (私の見たポーランド映画) スコリモフスキ監督作品が2016年アカデミー賞ポーランド代表作品に 月をぬすんだ双子 悪寒 (Dreszcze)

Kosmiczne ciężarówki

デコトラ (dekotora) skrót od „decoration truck”, to barwnie ozdobione ciężarówki w Japonii. Wewnątrz takich ciężarówek możemy znaleźć kolorową tapicerkę we wzory, co się zdarza wzory te przypominają markowe np z Louis Vuitton oraz żyrandole. Z zewnątrz ciężarówki te niczym nie przypominają oryginalnych kształtów, całe pokryte neonami i malunkami. Gdzieś pomiędzy robotem z science-fiction a salonem gier w Las Vegas znajdziemy styl tych ciekawych dzieł sztuki. Początki ciężarówki dekotora mają w latach 70-tych XX w. Zainspirowani filmem Torakku Yarō przewoźnicy ryb w północno-wschodniej części Japonii, zaczęli dekorować swoje ciężarówki. Obecnego dopieszczenia wyglądu ciężarówek nie stosowano do lat 90-tych kiedy to części zaczęły być łatwiej dostępne. Te z lat 70-tych ulepszone były […]

フレデリック・ショパン (Fryderyk Chopin)

「ピアノの詩人」と呼ばれ、世界中の音楽ファンを魅了してやまない作曲家、ショパン。 ポーランド人の誇りであるこの偉大な音楽家、フレデリック・フランチシェック・ショパン(Fryderyk Franciszek Chopin)は1810年3月1日、ワルシャワから西へ50kmのところにあるジェラゾヴァ・ヴォラ(Żelazowa Wola)という村で、ショパン家の2番目の子供として生まれました。彼の父ミコワイ・ショパン(Mikołaj Chopin)はフランス人で、ポーランドに来て貴族の子弟達にフランス語を教えていた時に、貴族スカルベク家の侍女だったユスティナ・クシジャノフスカ(Justyna Krzyżanowska)と知り合い結婚。長女ルドヴィカ(Ludwika)、長男フレデリック、次女イザベラ(Izabela)、三女エミリア(Emilia)の4人の子供に恵まれました。 ジェラゾヴァ・ヴォラのショパンの生家 フレデリックが生まれて半年後、父・ミコワイにワルシャワ高等学校でフランス語教師の仕事が決まり、一家はワルシャワへ引っ越してきます。 ショパンの両親はふたりとも音楽が好きで、母はピアノを弾き歌も歌い、父はフルートとバイオリンを、姉ルドヴィカもピアノを弾いていました。そんな環境の中で育ったショパンは姉からピアノの手ほどきを受け、6歳になるとチェコ人のヴォイチェフ・ジヴヌィ(Wojciech Żywny)にピアノレッスンを受けるようになります。この少年に特別な才能があると気づいたジヴヌィはバッハやモーツアルトなどをみっちり教えつつ、ショパンの持つ即興演奏の才能を見守っていきます。このころショパンは初めてポロネーズや行進曲などを作曲したり演奏会に出るなどして、「天才少年現る」との声を欲しいままにしました。11歳の時には、ワルシャワに来ていたロシア皇帝アレクサンドル1世の前で御前演奏をしています。 1812年からショパンは著名な作曲家であるユゼフ・エルスネル(Józef Elsner)に時々プライベートレッスンを受けるようになります。また当時有名だったヴィルトゥオーゾ・ピアニストのヴィルヘルム・ヴァツワフ・ヴルフェル(Wilhelm Wacław Würfel)にピアノを習っていたようです。 1823年になるとショパンはワルシャワ高等学校に入学します。この学校に通う生徒は地方の裕福な家の子弟が多く、ショパンは夏休みにはクラスメート達の家に招待されることもありました。その中でも1824年と1825年に訪れたシャファルニア(Szafarnia)という田舎の生活と風景は彼に強烈な印象を与え、両親に向けて「シャファルニア新聞」と題した手紙を送っていました。さまざまな地方を訪れることによってショパンはポーランドの民族文化そして音楽に触れましたが、それはのちの彼の作品に大きな影響を与えています。また、高校在学中に学生ミサのオルガニストを務めた事により、オルガン音楽やポーランドの賛美歌を知ることが出来たのでした。 1826年、ショパンはエルスネルが校長を務めていた中央音楽学校に入学します。1年生の時点ですでにエルスネルはショパンについて「類まれな才能」と評していました。この学校でショパンは作曲・音楽理論・通奏低音を学び、“ラ・チ・ダレム・ラ・マーノのテーマによる変奏曲、作品2”や“ソナタ ハ短調、作品4”そして“ロンド・ア・ラ・クラコヴィアク 作品14”などを作曲します。 在学中ショパンはある女性に恋心を抱くようになります。相手はコンスタンツィア・グワトコフスカ(Konstancja Gładkowska)という音楽学校の声楽科の生徒でした。ショパンは「彼女のことを夢に見る」と親友へ告げており、ピアノ協奏曲ヘ短調の第2楽章は彼女を思って作曲されたのだそうです。 1829年、ショパンは音楽学校を卒業します。成績表に記されたエルスネルの言葉は「フレデリック・ショパン – 類まれな才能、音楽の天才」というものでした。卒業すると彼はすぐにウィーンへおもむき、2回の演奏会を行ってデビューを果たしました。聴衆の反応はとても好意的で、これにより大きなモチベーションを得たショパンはさらに作曲に邁進するようになります。 1830年、前年のウィーンでのデビューの興奮冷めやらぬショパンと友人たちは、大規模な演奏会ツアーをしようと計画します。デビューコンサートですでにピアニストとしても作曲家としてもショパンの評判はヨーロッパ中に広まっていて、自信作である2曲目のピアノコンチェルトホ短調を書き上げ、ベルリンからも招待がきていました。 そして1830年11月2日、ついにショパンはウィーンへ旅立ちます。見送りにはショパンの親しい人たちが集まり、エルスネル教授がこのために作曲したカンタータが演奏され、コンスタンツィアはロッシーニの“湖上の美人”のアリアを歌いました。こうしてショパンは祖国を後にしたのでした。 ショパンはその後ポーランドに戻ることなく、1849年10月17日パリのアパートで息を引き取りました。姉のルドヴィカは遺言通りショパンの心臓をポーランドに持ち帰りましたが、ロシア政府の反応を恐れて当初はルドヴィカの家に隠された後聖十字架教会のカタコンベに移されました。その後1878年、フレデリックの甥であるアントニ・イエンジェイェヴィチによって柱の中に安置され、その2年後には胸像で飾られたエピタフが作られました。第2次世界大戦中に起きたワルシャワ蜂起の際、ドイツ軍はショパンの心臓の入った壷を持ち出し、ワルシャワの司教に委ねました。司教はそれを郊外にあるミラヌヴェクという村に隠し、ショパンの没後96年に当たる1945年10月17日、元あった場所に戻されました。 ワルシャワの聖十字架教会では毎年10月17日にはショパンを追悼するコンサートが行われ、モーツアルトのレクイエムが演奏されます。 ショパンの生涯については2018年NHK「ザ・プロファイラー」で放送されました。機会があればぜひご覧ください。 関連記事 / Related posts: ショパンゆかりの場所 ワルシャワ・その1 ポーランドのコンサートホール 夏のショパンコンサート “ショパンと彼のヨーロッパ”国際音楽祭(Międzynarodowy festiwal muzyczny „Chopin i jego Europa”) ショパンの死因はムコビシドーシス?

Rodzaje japońskiej poezji

Jeśli do konwersacji przedostanie się temat japońskiej poezji, mowa jest najczęściej o Haiku. Jako najbardziej znany typ japońskiej poezji wśród obcokrajowców nie jest to dziwne. Są jednak też inne. Historia japońskiej poezji jest zawiła a poszczególne rodzaje zostały wyznaczone czasem i wieku po ich powstaniu. W artykule skupimy się na głównych trzech typach: Kanshi, Waka. 漢詩 (Kanshi) w dosłownym tłumaczeniu „chińska poezja”. Są to utwory napisane przez japońskich poetów używając Tradycyjnego Chińskiego. W erze Heian, Chiński był językiem urzędowym w Japonii. Do ery Heian poezja była przekazywana słownie i miała charakter folklorowy. Poezja zapisywana tradycyjnym Chińskim zapisem była popularna wśród arystokratów za względu na brak znajomości znaków chińskich wśród niższych […]

Makaron z truskawkami(ストロベリーパスタ)

ポーランドでは5~6月あたりから、市場やスーパーで色とりどりの果物や野菜が目を楽しませてくれるようになります。気温が上がり、夏が始まるのもこの頃です。 火を使って料理をするには暑すぎる日、ポーランドのおばあちゃんやお母さんは特別な料理を作ります。それはイチゴの入ったストロベリー・パスタです。ポーランド語では一般的にMakaron z truskawkami(マカロン・ズ・トゥルスカフカミ)といいます。新鮮なイチゴが手に入る時期しか作ることが出来ないため、夏の味と言っても良いでしょう。 6月はポーランドではイチゴのシーズン。甘くておいしいイチゴが安価で手に入ります。イチゴをブレンダーやフォークでつぶし、サワークリームやヨーグルトと砂糖を混ぜてソースを作ります。このソースを茹でて冷やしたパスタの上にかけて出来上がり。 簡単で美味しく子供たちが大好きな夏のごはん、一度試してみてくださいね! 写真はsmaczne-przepisy.tv, babyonline.plのものです。 関連記事 / Related posts: オグルキ・マウォソルネ (Ogórki Małosolne) ズパ・ポミドロヴァ (Zupa Pomidorowa) プラツキ・ジェムニアチャネ(Placki ziemniaczane) ズパ・グジボヴァ (Zupa Grzybowa) ズパ・オヴォツォヴァ (Zupa Owocowa)

ポーランド民主化

1989年6月4日は、当時社会主義政権下のポーランドで第1回目の自由選挙が行われた記念すべき日でした。これは1980年代初頭に始まった民主化運動の高まりを受け、政府と独立自主管理労働組合「連帯」に代表される反体制勢力の話し合いの場として設けられた「円卓会議」で合意された内容により行われた選挙でした。 この選挙は6月4日・18日と2回にわたって行われ、その結果「連帯」勢力が圧倒的大勝利を収め、東ヨーロッパでは戦後初めてとなる民主主義政権が発足しました。また東ヨーロッパ民主化のきっかけとなった出来事でもあり、ポーランドの歴史においても、共産主義の一党独裁国家から民主主義国家になる大転換の出来事でもありました。 「連帯」の活動の軌跡および民主化までの道のりはグダンスクのヨーロッパ連帯センターで見学することができます。 ポーランドの民主化については以前NHK「東欧民主化20周年」で放送されています。機会があればぜひご覧ください。 関連記事 / Related posts: 関連記事がありません / No related posts.

Jaka jest różnica między sylabą a morą?

Mora inaczej zwana 拍 (haku) to japońska jednostka rytmiczna. Możemy mieć z nią do czynienia w trakcie zapoznawania się ze światem poezji japońskiej. Jeśli chodzi o haiku słyszymy, że są one liczone w sylabach. Nie jest to jednak prawdą ponieważ po Japońsku Haiku liczone są w morach. W większości obie rytmiczne jednostki dzielą słowo tak samo jednak Japoński zapis nie używa znaków oznaczających litery a sylaby i tutaj powstaje komplikacja. W przypadku podwojonych sylab zapisywanych w romaji za pomocą podłużnej poziomej kreski nad podwajaną samogłoską: „ō”, „ū” – aa jest jedną sylabą ale dwoma morami, ō (ou) to jedna sylaba ale dwie mory. ん jest morą. Dla przykładu „an” jest […]

Miłosne tatuaże w XVII wiecznej Japonii

W Japonii tatuaże nigdy nie był uważane za coś dobrego. Z opisów z Chińskich ksiąg z okresu Yayoi możemy się dowiedzieć, że tylko po części były widziane jako symbole religijne i były połączone ze statusem jednostki. Najwięcej historii, opisów tatuaży Japończyków spisanych przez Chińczyków opisuje je jako barbarzyńskie i przeznaczone dla kryminalistów. W późniejszym okresie Kofun negatywne opinie się nasiliły ponieważ tatuaże zostały połączone jedynie z wizerunkiem kary dla kryminalisty. Popularne było tatuowanie na ręce bądź czole symboli pokazujących że dana jednostka dokonała przestępstwa. Warto zaznaczyć, że taka forma kary przeznaczona była tylko za ciężkie wykroczenia, jako że wiązała się z byciem wykluczonym przez społeczeństwo i napiętnowanym. W XVII wieku […]

ジャウカ(Działka)

ポーランドの夏。バーベキューをしたり海水浴に行ったりとアクティブに過ごす人も多いですが、静かなところでゆっくりしたい人や年配の人はジャウカ(Działka)で過ごすことが多いです。 ジャウカのもともとの意味は“土地”なのですが、この場合はサマーハウスとでも言えば良いでしょうか。緑の多い郊外や田舎の方に立てた小さなおうちのことを言います。よく見かけるものは木造平屋でテラスがついています。一般的には夏のあいだや天気の良い週末に過ごすための家ですが、最近は普通の一軒家とまったく変わらないコンクリート建てのものも増えているようです。 ジャウカにはほとんどの場合庭が付いているので、家庭菜園やお花の手入れに精を出す人も多いです。基本的には緑の多い林や湖などの近くにあることが多く、鳥のさえずりや風の音しか聞こえないくらいに周りも静かです。近くに林があれば長い散歩に出かけたり、キノコ狩りに行ったりも。 家族で集まったり、仲の良い友人たちを招いてバーベキューをしたり。都会の喧騒を忘れてゆったりとした時間を楽しみたい人には最高ではないでしょうか。 (写真はwww.budnet.plのものです) 関連記事 / Related posts: カルパチのバイキングの教会 (Świątynia Wang w Karpaczu) ポーランド・結婚式にまつわる迷信 ポーランド人に聞いてみた:恋人とのお付き合い編