ポーランドのオリンピック・メダル獲得数(大会別)

 

ポーランドの歴代オリンピックのメダル獲得数はどのくらいでしょうか?
意外と調べるのが大変でしたが、下記にまとめて見ました。総合順位はメダル獲得数によるものです。メダルを1つも獲得していない場合は順位は付きません。種目別、人名別は別記しました。

ポーランドのオリンピック・メダル獲得数(夏季大会)
表中の緑は民主化になってからの初めての大会、青は第二次世界大戦後の社会主義体制になって始めての大会です。1920年以前にもオリンピック大会は開催されていましたが、1918年までポーランドは大国支配の下、国家として独立していませんでした。1984年のロサンゼルス大会は、前モスクワ大会に米国、日本、西ドイツなどがボイコットしたため、その報復としてソ連及び東欧諸国も参加しませんでした。メダル獲得数や総合順位でみると、戦前や民主化後より、やはり社会主義時代の成績が良いようです。それでも東京オリンピックの頃には7位を獲っていたとは意外ですね。60年代~70年代がポーランドのオリンピック黄金期だったようです。

 

大会 開催地 総合順位
2012 ロンドン 2 2 6 30
2008 北京 3 6 1 21
2004 アテネ 3 2 5 23
2000 シドニー 6 5 3 14
1996 アトランタ 7 5 5 11
1992 バルセロナ 3 6 10 19
1988 ソウル 2 5 9 20
1984 ロサンゼルス
1980 モスクワ 3 14 15 10
1976 モントリオール 7 6 13 6
1972 ミュンヘン 7 5 9 7
1968 メキシコ 5 2 11 11
1964 東京 7 6 10 7
1960 ローマ 4 6 11 9
1956 メルボルン 1 4 4 17
1952 ヘルシンキ 1 2 1 20
1948 ロンドン 0 0 1 34
1936 ベルリン 0 3 3 22
1932 ロサンゼルス 2 1 4 14
1928 アムステルダム 1 1 3 21
1924 パリ 0 1 1 22
1920 アントワープ 0 0 0

 

ポーランドのオリンピック・メダル獲得数(冬季大会)
スキージャンプのマウィシュ選手の印象が強いせいか、これほどポーランドの冬季大会の成績がふるわないとは意外でした。オリンピックの冬季大会は1924年から行われているようですが、これまでのメダル獲得数は一瞬で数えられるほど少ないですね。金が2個、銀が6個、銅が6個、これがこれまでの約90年間に獲った全てです。1998年の長野大会では1つも獲っていなかったんですね。しかし、ここ最近では獲得数を伸ばしてきているので、2014年のソチ大会は是非頑張って欲しいものです。

 

大会 開催地 総合
2010 バンクーバー 1 3 2 15
2006 トリノ 0 1 1 20
2002 ソルトレーク 0 1 1 21
1998 長野 0 0 0
1972 札幌 1 0 0 13
1960 スコーバレー 0 1 1 11
1956 コルティナダンペッツォ 0 0 1 12