スワヴォミル(メタル漬け生活@ポーランド)

普段はブラックメタルを聴いているわたしですが、ポーランドにはもちろんブラックメタル以外にも面白い音楽があります。そんなわけで突然ですが、今回はポーランドのディスコ・ポロ界で活躍するSławomir (スワヴォミル)を紹介します。

ディスコ・ポロとは、ダンスミュージックのひとつなのですが、イマドキの音楽とはちょっと違って、ダサめで田舎っぽい音楽です。しかし、ポーランドのラジオやテレビには、ディスコ・ポロだけをひたすら流す番組もあるんですよ。

そんなディスコポロ界に、2015年に現れたのがスワヴォミルでした。もじゃもじゃの胸毛と口ひげが印象的で、ぱっと見た感じではだいぶおじさんにも見えるのですが、実は1983年生まれです。彼の歌手としてのキャリアはまだ短いものの、その人気はすさまじく、2017年にはポーランドのヒットチャートで1位の座を獲得。さらに、前年に出したアルバムは3万枚も売れ、プラチナ・ディスクに認定されています。2017年には「Miłość w Zakopanem(ザコパネでの恋)」をシングルでリリースし、この曲も大ヒット。大晦日に放送される歌番組に出演し、実際にザコパネでこの曲を披露しました。ちなみに彼は自分の音楽ジャンルはディスコ・ポロではなくロック・ポロ(Rock Polo)だと言っています。

彼は歌手としての活動が目立ちますが、もともと俳優として活動しており、2009年から様々な作品に出演しています。国立の演劇大学を卒業しており、音楽ではなく、演劇を専門的に学んだ人なのです。またTV番組の司会を務めたり、活動は多岐にわたります。

彼のビデオクリップやコンサートには彼の妻がよく出てきます。彼はアメリカ滞在中に、現在の妻のKajra(カイラ)と出会いました。カイラは当時アメリカのバーでウエイトレスとして働いており、そこで彼女と出会った……と言われれいるのですが、実際二人はクラクフの同じ演劇大学に通っており、在学中に知り合ったのではないかという説もあります。二人は2011年に結婚し、2016年に息子が生まれています。

スワヴォミルの曲は決して今風のカッコいい曲ではないのですが、テンション高く歌うスワヴォミルの姿を見ていると、嫌でも笑顔になりますよ!彼の隣で踊って歌う奥さんも楽しそうです。

月をぬすんだ双子

今日は、ポーランドの古い映画を紹介します。タイトルは『月をぬすんだ双子(原題:O dwóch takich, co ukradli księżyc)』、主演は後に政治家となるカチンスキ(Kaczyński)兄弟です。1962年に制作された映画で、コルネル・マクシンスキ(Kornel Makuszyński)という児童文学作家の童話を基に作られました。ポーランドでは知らない子どもはいないといわれているくらい有名な映画です。

舞台はザピチェクという架空の村。そこにヤツェクとプラツェク(プラツェクはポーランド語でパイの意味)という名前の双子がいました。食いしん坊で怠け者の2人は、両親の手伝いもせず、学校でも授業の邪魔をしてばかり。そんな2人はある日、金でできた月を売れば一生働かなくて済むと考え、月を盗みに行きます。道中で色々な人たちと出会い、さらには危険な目にも遭い、最後には本当に大切なものに気付くという冒険ファンタジー映画です。

この映画が制作された1962年はまだCGが無かった時代。特撮を駆使して作られた映像は、今観るとその独特の手作り感が逆に新鮮に見えます。『オズの魔法使(1939)』や『ネバーエンディングストーリー(1984)』のようなCG無しで作られた冒険映画にも似た雰囲気があるかもしれません。ストーリーは単純ではあるものの、舞台セットがなかなか凝っていて遊び心があり、大人が観ても楽しめます。

主役の双子を演じたカチンスキ兄弟は当時13歳でした。映画の中の役柄と同じく、二人は一卵性双生児で見た目もそっくり。そして、後に二人そろって政界で活躍することになります。二人は2001年に現在の与党である「法と正義(Prawo i Sprawiedliwość)」を創設します。兄のヤロスワフ(Jarosław)は2006~2007年に首相を、弟のレフ(Lech)は2005~2010年まで大統領を務めました。残念ながら、弟のレフは2010年にカティンの森事件追悼70周年記念式典のためにロシアに向かう途中、航空事故で帰らぬ人となってしまいました。兄のヤロスワフは、2020年現在も「法と正義」の党首として政界に君臨しています。

スラヴの神々を信仰するメタルバンド(メタル漬け生活@ポーランド)

今日はポーランドのStworzというメタルバンドを紹介します。このバンドは、2007年にポーランド東北部のオルシュティンで結成しました。オルシュティンは14世紀にドイツ騎士団によって作られた街で、この街が属するヴァルミア=マズールィ県では、グルンヴァルトの戦いを再現する巨大イベントが行われたりもします。

このバンドの特徴は、ブラックメタルとフォークを掛け合わせた音楽スタイルです。暴力的でおどろおどろしいイメージのブラックメタルとは少し違い、民族楽器を使用したり、女性のクリーンボーカルを起用したりと、ブラックメタル初心者にも聴きやすい曲を演奏しています。中には鶏の鳴き声がサンプリングされていたり、ポーランドの伝統的な民謡「Z tamtej strony jeziora(湖の向こう岸から)」という曲をメタル風にアレンジしたりもしているんですよ。

また、バンド名はスラヴの悪魔の一族にちなんでつけられたそうです。キリスト教伝播以前のポーランドには、多様な神々を信仰する土着宗教が根付いていました。当時の人々は、スラヴの神々を大切にしており、現在のメタルバンドにも遠い祖先やキリスト教以前の宗教を敬い、音楽に組み込んでいるバンドが多数存在します。そのようなバンドは「ペイガンメタル」と呼ばれており、Stworzもペイガンメタルバンドのひとつです。

こちらは、Stworzが所属しているレーベルが製作した公式ビデオクリップ。ポーランドのドキュメンタリー映画の第一人者ともいわれるWładysław Ślesicki監督の映像作品が使用されています。ボーカルはがなり声ですが、モノクロで映し出されるポーランドの自然や村の景色と、少しノスタルジックなメロディーが妙にマッチしています。



ポーランドのメタルフェスティバル(メタル漬け生活@ポーランド)


こんにちは!ポーランド在住のSAYUKIです。今日は、ポーランドで行われるメタルフェスティバルについて紹介します。

メタルフェスというと、ドイツのWacken Open Air、フランスのHellfest、イギリスのDownload Festivalなどが有名ですね。そういった大規模フェスに比べると知名度は低いのですが、ポーランドにもメタルフェスは存在します。その中でも特に人気、または面白いフェスを4つ紹介します。

①Metalmania
1986年から始まった、ポーランド国内最古のメタルフェス。2009年まで続いた後いったん開催が中断され、2017年に復活しました。フェスの主催者は、ポーランドの老舗レーベルMetal Mind Productions。日本にも度々来日しているデスメタルバンドVaderは、1986年の第1回目から出演しており、合計8回もMetalmaniaのステージに立っています。

②Mystic Festival
1999年からクラクフで行われているメタルフェス。記念すべき最初の開催でヘッドライナーを務めたのは、ノルウェーの大御所バンドEmperorでした。こちらも10年ほど開催が中断されていましたが、2019年に復活しています。ポーランドの大人気バンドBehemothも何度か出演しており、過去にはIron MaidenやSlayerといった超有名バンドも参加したことがあります。

③Black Silesia Open Air
オープンエアーのフェスとしては、2018年に始まったばかりの新しいフェスです。2018年にはBlasphemy、2019年にはハンガリーのTormentorをヘッドライナーに冠し、小規模ながらもコアなエクストリームメタルファン向けのラインナップが魅力的です。中世の騎士の城塞を再現した建物が会場になっているのも、実にヨーロッパらしいですね。

④Castle Party
このフェスは、メタルというよりゴス音楽中心のフェスです。1994年に始まり、フェス名の通り古城跡で開催されます。ゴス系やインダストリアル系のバンドがメインですが、時々ブラックメタルバンドが出演することも。ポーランドを中心にドイツやロシアなどの近隣諸国からもゴス愛好者が訪れる有名なフェスで、特にドレスコードはないものの、観客の多くは個性豊かなファッションに身を包んで来場します。

このほかにも、車がない限り絶対にいけないような辺鄙な場所で行われる、小規模な野外メタルフェスなどもあります。本来ならそろそろフェスが楽しみな時期ですが、今年は新型コロナウイルスの影響で、残念ながらどのフェスも延期になるようです。

写真引用元:
https://www.facebook.com/BlackSilesia/photos/p.2201795336583731/2201795336583731/?type=1&theater



ポーランドのブラックメタルとコロナ感染(メタル漬け生活@ポーランド)

こんにちは!ポーランド在住のSAYUKIです。今日は、ポーランドのブラックメタル界隈で初の新型コロナウイルス感染者となった人物の話をしましょう。


あまりミュージシャンや有名人のコロナ感染の話を耳にしなかった3月17日、ポーランドのとあるブラックメタルバンドのメンバーの感染が確認されました。その人物はBatushka(БАТЮШКА)というポーランド北東部のポドラシェ県出身のバンドメンバーで、国内のブラックメタル界隈ではもちろん、ポドラシェ県内でも初のコロナ感染者となってしまいました。


Batushkaは2月下旬から3月12日までフランス、ドイツ、イギリスなどを含むヨーロッパでツアーを行っていました。しかし、コロナの影響によりツアーは途中で打ち切られてしまい、彼らはポーランドに帰国して自主隔離状態に。ほとんどのバンドメンバーおよびスタッフは何事もなかったようですが、バンドリーダーだけは咳や発熱の症状が出て具合が悪かったとのことです。そして、家族に勧められて検査をしたところ、コロナウイルスの感染が発覚したそうです。


しかし幸いにも軽症で済み、3月末には無事に退院。彼はポドラシェ県初の感染者ということで、メタルとは関係ない国内のニュースメディアにも取り上げられました。また、完治後にはコロナ対策に用いられる血漿を寄付したとのことで、それもニュースになりました。きちんと自分のバンドのロゴが入ったTシャツを着て病院のベッドに横たわる姿がメディアで公開され、「良いプロモーションだ」などという意見もちらほら見かけます。


ちなみにBatushkaというバンドは、数あるブラックメタルの中でも個性的なバンドのひとつです。というのも、悪魔崇拝やペイガニズム信仰などがメインの東欧圏のブラックメタルの中で、珍しく「東方正教会」をテーマにしているバンドなのです。彼らのライブは、ステージに蝋燭が灯され、コーラス隊まで用いて、まるで暗黒のミサさながらの迫力です。残念ながら、2018年末にバンドメンバー間でいざこざがあって現在も揉めている状態なのですが、彼らの1stアルバム『Litourgiya』は、ポーランドのメタル史に刻まれる名盤であることは確かでしょう。


わたしの個人サイトでも、このバンドの紹介やインタビューを掲載しているので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!


バンド紹介: http://dekalog11.com/batushka
インタビュー: http://dekalog11.com/914-2/

東欧ブラックメタルガイドブック(メタル漬け生活@ポーランド)

皆さま、ご無沙汰しております!ポーランドに住むメタル女のSAYUKIです。ずいぶんとお久しぶりの投稿になってしまいましたが、最近ようやくポーランドに本格移住しました。心置きなくメタル漬けの生活ができると思った矢先に、新型コロナウイルスが勃発、ポーランドでも3月半ばからライブは中止(および延期)の状態に。しかし、こればかりはどうしようもないので、わたしもおとなしくSTAY HOMEしています。

日本の皆さんも、外出自粛の生活を送っていらっしゃる方も多いことでしょう。期せずして自由な時間が増えてしまったというあなたに持って来いの本があるので紹介しますね。その名も『東欧ブラックメタルガイドブック』!

ポーランドを中心に、チェコ、スロバキア、ハンガリーのブラックメタルバンドを紹介した実にマニアックな本です。バンド紹介、音源紹介、バンドへのインタビューのみならず、ライブハウスや一風変わった観光地なども紹介されており、共産主義時代のポーランドのメタル事情といったコラムまで掲載されています。

こんなオタク向けの本、いったい誰が書いたのかと疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。はい、言うまでもなく著者はもちろんわたしです。他に誰がこんなテーマで本を書くというのでしょうか。

ちなみにこちらの本、Amazonはもちろん、紀伊国屋書店さんやジュンク堂さんなどの大型書店でもご購入いただけます。ページ数は247ページ、サイズはA5版、ソフトカバーで扱いやすく、読み応えもバッチリです!ブラックメタルってよく分からないんだけど……という方もご安心ください。冒頭にブラックメタルの詳しい解説なども載っています。音楽好きな方、東欧カルチャーに興味のある方は、ぜひお手に取っていただけたら嬉しいです!

ポーランドのブラックメタルバンドが日本の地上波に登場!(メタル漬け生活@ポーランド)

みなさん、どうもこんにちは!ブラックメタル女さゆきです。

しばらく前の話になってしまうのですが、実は日本のTV番組に出演させていただきました!事後報告かよ!という感じなのですが・・・実は今年の1月29日放送の「グッと!地球便」という、読売TVさんの番組で地上波に登場しました!

この番組は、海外で暮らしている日本人と、その人の家族や友人をつなぐという内容の、とてもハートフルな番組なんです!今回は、わたしが住むポーランドの田舎町に取材に来ていただき、わたしの普段の生活の様子や、わたしの彼のバンドのライブや練習風景の様子を撮影していただきました。わたしの彼は、Arkonaというブラックメタルバンドなどで活動しているのですが、まさか地上波にポーランドのマニアックなブラックメタルバンドが登場するなんて夢にも思っていませんでした!いや~、嬉しかったなぁ、本当に!

そして、実はわたし、小さい頃からTVに出るというのが夢だったんですよ!引っ込み思案なくせして変なところで目立ちたがりな面倒くさい性格のわたしは、いつか自分がTVに登場するのを夢見て20数年、ついに夢が叶いました!笑 取材に来ていただいた数日間は、わたしの人生の中でも指折りの楽しい時間でした!!最終日にお世話になったスタッフの皆さんとお別れする時は少しうるっと・・・

わたしの両親も生まれて初めてTVに出たのですが、番組の司会者をつとめるぐっさんこと山口智充さんが実家にいらしてくださったそうで・・・!わたしの母親はぐっさんに会えたのがよほど嬉しかったようで、撮影終了後に「冥途の土産をありがとう」と連絡してきました。これで少し親孝行できたのかな、あはは。

放送後、たくさんの方々からTwitterやFacebookなどで連絡をいただきました。そこからポーランドのメタルにも興味を持ってくださった方も結構いらっしゃって、本当に本当にありがたい限りです。こんな機会をくださった番組の制作スタッフの皆様、そしてこちらでの撮影をお手伝いしてくださったコーディネーターの方々には感謝してもしきれません!

もういったん日本中に顔をさらしてしまったので、わたし、メタル女さゆきは、いつでも地上波に登場する覚悟はございます!(笑)ポーランドのメタルシーンを取材してくださる番組制作スタッフの皆様、ご連絡をお待ちしておりますよ!笑

ポーランド一有名なブラックメタルバンドBehemoth(メタル漬け生活@ポーランド)

どうも!SAYUKIです!今年のポーランドの冬は寒いですね~!厚手のモコモコした膝丈のコートを着ないと、外出の際に生命の危機を感じるくらい寒いです。

さて、本日はポーランドで一番有名なメタルバンドをご紹介します!その名も”Behemoth(ベヒーモス)”です!

1991年から活動しているブラックメタルバンドなのですが、結成当初はアンダーグラウンドな世界で活動していたものの、気付けばいつの間にか世界的に超有名バンドになっていました。日本にも何度も来日しています!

さてそんなBehemothなのですが、世界を飛び回る大人気バンドとは言え、日本ではやはりエクストリームなメタルファンの間でしか知られていません。試しにおじいちゃん、おばあちゃんに「Behemoth知ってる?」と聞いてみてください。まず知らないでしょう。

しかし、Behemothの生まれ故郷ポーランドでは、彼らは国民的メタルバンドと言っても過言ではないくらい有名なのです。ただ有名とは言え、必ずしもいい意味ではありません。彼らがここまでポーランド中に名を馳せたのは、過去にボーカルのNergalさんが、ライブで聖書を破るパフォーマンスを行ってカトリック団体に訴えられ裁判沙汰を起こしてしまったからなのです。(ポーランドはカトリックが90%以上を占めると言われている)

その後、彼はポーランドのTV番組にもレギュラー出演していたのですが、それもカトリック団体の抗議によって降板となりました。そして、昨年10月に行われたポーランド国内ツアー中も、会場前でカトリック団体がメガホン片手に抗議をして公演を中止させようとしていたり・・・!

とりあえず、向かうところ敵ばかり(笑)なBehemothなのですが、楽曲や演奏力、ライブでのパフォーマンスなどはやはりプロのミュージシャン!特にライブなんて、一瞬の隙もなく、観ていてまったく飽きません!さらにはちゃっかりBehemothのオリジナルビールなども作って販売している上、Nergalさんはポーランド国内で美容室やバーを経営しているかなりのやり手!これからも裁判沙汰はほどほどにして(笑)、頑張ってほしいところです!

 

 

写真引用元:http://muzotakt.pl/3452/behemoth-zobacz-nowy-teledysk/

ポーランドのメタルにハマってしまった女(メタル漬け生活@ポーランド)

みなさま、はじめまして!ポーランドの小さな田舎町で暮らしているSAYUKIと申します。

た~くさんの人に「なんでポーランドなの?」と聞かれるのですが、答えはシンプル!ポーランドのメタル音楽が好きで好きで仕方ないからです!その中でもわたしが特に好きなのが、ブラックメタルというジャンルです。基本的に、「悪魔崇拝」や「反キリスト教」などのおどろおどろしいテーマを掲げて活動をしている彼ら。しかも、男性なのに長髪で全身タトゥーだらけ、さらには全身黒づくめという近寄りがたい見た目・・・

が、しかし!そんな彼らも、実際はとても気さくで友達思いな良い人たちが多いんですよね~。笑(こんなことを言ったらバンドメンバーに「営業妨害だ!!イメージを崩すな!」と怒られそうですが・・・)

それにしても、なんでわざわざポーランドのメタルにこだわるのか?とみなさまは疑問に思われるかもしれませんね。単純に、自分の好きなバンドがポーランドにたくさんいるということもあるのですが、実はそれ以外の理由もあります。

まず、ポーランドには数多くメタルバンドが存在するものの、意外とその世界は狭く、日本にいた頃は雲の上の存在だと思っていたバンドのメンバーに案外簡単に遭遇できることもあるんです!(こないだそれでポーランド一有名なブラックメタルバンドBehemothのメンバーに会うことができました!嬉しすぎる!)

さらにはライブに行くと誰かしら知り合いがいて「ハイ、SAYUKI!元気~?」と声をかけてくれたり、楽屋裏に入れてくれたり、フリーパスをくれてタダで入場させてくれたり・・・
とにかく「メタル好きでポーランドに住んでしまった日本人女」ということで物珍しいのもあってか、まぁ~、ポーランドのメタル界のみなさんに親切にしてもらっています!こりゃもうポーランドから離れられなくなりますよね!

実はわたし、ポーランドでメタル生活を満喫しながら動画も撮っています。こちらでのライブの様子や、はたまたメタルとは関係ないポーランド情報などもちまちまとお届けしているので、興味のある方はぜひぜひチェックしてくださいな!

次回はさっそくポーランドのメタルバンドの紹介をしようかと思います!