グジャネ・ヴィノ (Grzane Wino)

寒くて長いポーランドの冬。日が暮れるのは15時くらい、気温もマイナス10度以上になることも多く、道を行く人はダウンコートや毛皮に身を包み、マフラーと帽子で重装備して寒さに備えます。このような寒い冬に飲まれるのがホットワインです。 ポーランド語でホットワインはGrzane Wino(グジャネ・ヴィノ)と言います。単語の順番を変えてWino Grzane(ヴィノ・グジャネ)と言うこともあります。これは赤ワインにシナモンスティックやクローブなどの香辛料と砂糖、そして適当な大きさに切ったオレンジの輪切りを加えて温めたものです。カフェやレストランの冬のメニューには必ずあるもので、寒い中を歩いた後にこの甘くてあたたかいワインを飲むととてもホッとします。 作り方は簡単、上記の材料を鍋に入れて温めるだけ。大事なのは沸騰させないこと。沸騰させると、せっかくのワインの香りが飛んでしまうそうです。香辛料をいちいち買い集めるのが面倒であれば、スーパーでホットワイン用の粉末調味料を購入することも出来ます。 ちなみにビール大国であるポーランドではホットビール (Grzane Piwo – グジャネ・ピヴォ)も冬の飲み物として親しまれています。これも基本的にはホットワインと同じ材料ですが、オレンジを入れなかったり、またはオレンジの替わりにレモンの薄切りを入れることもあります。砂糖の替わりに蜂蜜を使うことも。また、卵の黄身を入れて卵酒のようにすることもあります。 (写真はtrzydomki.plのものです) 関連記事 / Related posts: グジャネ・ピヴォ (Grzane Piwo) ミゼリア (Mizeria) コトレット・ミエロヌィ(Kotlet Mielony) ズパ・オヴォツォヴァ (Zupa Owocowa) コトレット・スハボーヴィ(Kotlet Schabowy)

セイヨウハシバミ (Orzech Laskowy)

ポーランド人はナッツが大好き。お菓子に入れたり、おやつとしてそのまま齧ったり、お酒のおつまみにすることも多いです。 そんなわけで市場に行くと大きな樽にアーモンドやクルミ、カシューナッツやピスタチオなどが山盛りになって売られています。どれも日本人にとっては馴染みのあるものですが、そのなかでもおや?と目を引くのが、ころんとした丸いどんぐりのようなもの。このナッツはポーランド語でorzech laskowy(オジェフ・ラスコヴィ)と呼ばれているもので、日本語ではセイヨウハシバミ。へーゼルナッツとも呼ばれています。 セイヨウハシバミはマグネシウムや鉄分、カルシウム、亜鉛、マンガンを多く含み、心を落ち着ける硬貨や集中力をアップする効果があると言われています。ポーランドでは動脈硬化の症状のある人にすすめられることも多いのだとか。また、栄養素を多く含むため、食用のほかにも薬用としても使用されており、このナッツから抽出されるオイルは化粧品としても多く使用されています。 ちなみにこのセイヨウハシバミ、殻がとても堅く、爪や歯を使っても割れません。殻付きのままのものを購入したときは、クルミ割りなどを使用することをおすすめします。もちろん殻を剥いたものも売られています。 関連記事 / Related posts: マダムKのレシピワールド : カラレパのあんかけ ポーランドのキノコ類 フウォドニク (Chłodnik) ポーランドのベリー類 クルキ (Kurki)

ズパ・グジボヴァ (Zupa Grzybowa)

ズパ・グジボヴァ(Zupa grzybowa)はポーランドのポピュラーなスープです。Grzyby(グジビィ)はポーランド語できのこを意味するとおり、きのこがメインに入っています。特に新鮮なきのこが出回る夏の終わりから秋の初めにかけてよく作られるもので、ポーランド料理のレストランのメニューには必ず載っているものです。きのこの旬が過ぎるたら乾燥きのこを使って作ります。クリスマスイブの食卓に出ることも多いスープです。 作り方は簡単、まずコンソメスープを作ります。普通のコンソメスープはお肉も入れてだしをとりますが、グジボヴァの場合は野菜だけで作ることが多いのだそうです(もちろんお肉を入れてもOK)。コンソメスープを作っている間に、みじん切りにした玉ねぎをバターで透明になるまで炒め、そこによく洗って適度な大きさに切ったきのこをいれてさらに炒め、多めに塩・胡椒をします。きのこは一種類でもよし、いろいろな種類を混ぜてもよし。厚めに切ったほうが食べる時に食感を楽しめます。 スープのなかの野菜はいったん取り出して食べやすい大きさに切ってスープに戻し、そこに先ほど炒めたきのこと玉ねぎを入れてよく混ぜます。そこへお好みでサワークリーム(Śmietana – シミエタナ)を入れますが、熱いスープの中にいきなり冷たいクリームを入れてしまうと分離してしまうので、まずクリームに少量のスープを混ぜてからお鍋に入れます。もう一度多めに塩・胡椒をして出来上がりです。サワークリームを加えない場合はきのこの味と香りを強く楽しめますが、入れるとまろやかな味になります。どちらもそれぞれとても美味しいです。 きのこスープはショートパスタもしくは角切りのじゃがいもを入れて食べます。パスタの場合は別茹で、じゃがいもを入れる場合は、コンソメスープを作る時の最後の方に入れ、形が崩れてしまわないように気をつけましょう。また、コンソメスープを作る際に黒胡椒(Czarny pieprz – チャルヌィ・ピエプシ)とオールスパイス(Ziele angielskie – ジェレ・アンギエルスキエ)の粒、ローレルの葉(Liście Laurowe – リシチェ・ラウロヴェ)を入れて煮込むとより香りが楽しめます。 使用するきのこは何でもOK。マッシュルームで作れば マッシュルームスープ(Zupa Pieczarkowa – ズパ・ピエチャルコヴァ)になります! 関連記事 / Related posts: ポーランドの調味料 香辛料編 ビゴス(Bigos) オグルキ・マウォソルネ (Ogórki Małosolne) ズパ・オヴォツォヴァ (Zupa Owocowa) ズパ・ポミドロヴァ (Zupa Pomidorowa)

ブラキ(Buraki)

ポーランドのスーパーや市場で売っている赤黒いような紫色のような、蕪にそっくりのかたちのこの野菜。これはビート(テーブルビート)で、ボーランド語ではburaki(ブラキ)と言います。 ブラキを使った代表的な料理と言えばバルシチ・チェルヴォヌィ(barszcz czerwony)ですが、お肉の付け合わせにはブラクを茹でた後に荒くすりおろし、レモン汁と塩と砂糖で味付けしたブラチキ・ゴトヴァネ(buraczki gotowane)や、同じように茹でてすりおろしたブラキをバターで炒めて塩コショウと少量のお酢で味付けしたブラチキ・ザスマジャネ(buraczki zasmażane)もとてもポピュラーです。 また冬用の保存食として、茹でたブラクを酢漬けにしたものもあります。これは乾いた瓶に茹でたブラキを詰め、そこにお湯にお酢と砂糖そして塩を加えてから冷ましたものを注ぎ、蓋をして密閉します。ニンニクや生のディル、黒コショウやシロガラシを加えることもあります。 ブラキの色はとても濃いので、料理中に汁が飛んで洋服にシミが・・・なんてこともあるのでエプロンは必須です。手もまな板も赤く染まるので、調理後はすぐに洗うのがベター。火を通したブラキはサラダに加えても美味しいです。ヤギ乳のものやゴルゴンゾーラなど、味の濃いチーズともよく合います。 (写真はwymarzonyogrod.plのものです) 関連記事 / Related posts: コトレット・ミエロヌィ(Kotlet Mielony) ハラ・グヴァルディー(Hala Gwardii) ポーランドのベリー類 セイヨウハシバミ (Orzech Laskowy) クルキ (Kurki)

黄サヤインゲン (Żółta Fasolka Szparagowa)

初夏のポーランドの食卓にかならず登場するこの黄色っぽい野菜。日本ではあまり見かけることがありませんが、実はサヤインゲン(Fasolka Szparagowa – ファソルカ・シュパラゴヴァ)なのです。ポーランドでは緑のサヤインゲンはもちろん、黄色いものもよく食べられています。 茹でたりスープに入れたり、オーブンで焼いたりと調理方法は様々ですが、最もポピュラーなのはクタクタになるまで茹でた黄サヤインゲンにバターで炒めたパン粉をたっぷりかけたもの。そのままでも、お肉の付けあわせとしてもよく食卓に上がる一品です。 サヤインゲンは葉酸・ビタミンAやC、鉄分などを豊富に含む(緑のものの方が栄養分は高い)ため、ポーランドでは妊婦さんに薦められることがとても多いのだそうです。緑色のサヤインゲンの青味の強いはっきりとした味に比べると、黄色のものはもっとクリーミーな優しい味がします。 生のものが購入できるのは初夏~夏だけですが、冷凍されたものや缶詰・瓶詰めなどは一年中手に入るので、ぜひポーランドらしいこの味を試してみてくださいね。 関連記事 / Related posts: ハラ・グヴァルディー(Hala Gwardii) マダムKのレシピワールド : カラレパのあんかけ ポーランドの女子相撲 / Kobiece sumo w Polsce ポーランドのベリー類 ハラ・ミロフスカ (Hala Mirowska)

フウォドニク (Chłodnik)

フウォドニク (Chłodnik)はポーランドのスープの一種です。冷たい(Chłodny)という言葉から名前が付いているとおり、夏によく食べられる冷製スープです。本来は冷たいスープ全般をフオドニクといいますが、一般的にフウォドニクと言った場合は、鮮やかなピンク色が特徴のフオドニク・リテフスキ(Chłodnik Litewski)を指すことが多いです。 これはボトヴィンカ(Botwinka)と呼ばれるテーブルビートの一種もしくはブラキ(Buraki)を使って作られるもので、それらの野菜を煮出して冷やしたものにケフィアやヨーグルト・サワークリームなどの乳製品を混ぜ、ゆでたまごやきゅうり、ラディッシュなどを加えたものです。ボトヴィンカを煮出すとバルシチと同じく真っ赤なスープが出来上がりますが、それに乳製品を加えると見た目にも鮮やかなピンク色になります。乳製品が入っているため、少し酸味のある味です。 夏の短い間しか食べられない料理なので、ポーランドに来た際にはぜひ挑戦してみては?ちなみにシーズン中はスーパーでも出来合いのフウォドニクがペットボトルやヨーグルトとそっくりの容器に入られて売っています。ヨーグルトやケフィルのコーナーに置いてあることが多いので、味つきヨーグルトだと思って飲んだら何か違った・・・なんてことにならないように注意して下さいね。 (写真はpoland.gov.plのものです) 関連記事 / Related posts: ミゼリア (Mizeria) バルシチ (Barszcz) コトレット・ミエロヌィ(Kotlet Mielony) コトレット・スハボーヴィ(Kotlet Schabowy) ピズィ(Pyzy)

ひまわりの種 (Słonecznik )

ポーランドでは夏になると、八百屋さんやデリカテッセンの軒先に種がいっぱいつまったひまわり(słonecznik – スウォネチニク)が山積みになっているのをよく見かけます。日本ではほとんど見かけない光景なので不思議に思いますが、これはれっきとした商品。ポーランドではひまわりの種(nasiona słonecznika – ナショナ・スウォネチニカ)は、夏だけではなく一年中食べられているのです。 食べ方は簡単。黒っぽい殻を剥いて、中にある白っぽい実を出して食べるだけ。夏の間はひまわりがそのまま売られていますが、スーパーなどでは袋詰めにされたものを簡単に手に入れることができます。既に殻が剥かれた状態で売られているものもあるので便利です。ポーランドではナッツと同じように、おやつ感覚でかじることが多いです。パンの上にトッピングされていることもよくあります。 ひまわりの種はマグネシウムやオメガ3脂肪酸、ビタミンA、B、E、D、鉄分やカルシウムを多く含み、コレステロールを抑える効果や大腸がん・心臓病に効果があると言われているそうです。ですがひとつだけ覚えておきたいのがそのカロリーの高さ。殻を剥いたもの100グラム(大体ひとつかみ分)でなんと561キロカロリー!チョコレートとほぼ変わらないカロリーの高さなので、いくら体にいいからと言っても食べすぎは禁物です! 写真はodzywianie.info, ilewazy.plのものです。 関連記事 / Related posts: マダムKのレシピワールド : カラレパのあんかけ ヴウォシチズナ (Włoszczyzna) セレル (Seler) 黄サヤインゲン (Żółta Fasolka Szparagowa) カラレパ (Kalarepa)

ポーランドのキノコ類

ポーランドでは7月くらいからきのこが出回り始めます。ポーランド人はきのこが大好き。週末は家族で森へきのこ狩りに行くこともあります。ワルシャワなどの都市ではきのこ狩りが出来るところは限られていますが、市場では量り売りで購入することが出来ます。さまざまな種類のきのこが籠に盛られて売られていて、どれを買おうか頭を悩ませてしまうほど。マッシュルームやヒラタケなどは一年を通して購入することが出来ますが、その他のものはこの季節にしか購入できない旬のもの。レストランなども、この時期限定のきのこメニューを出すところも多くあります。 今回は、この時期のポーランドでよく見かけるきのこの名前を一覧にしてみました(表記は複数形)! ポーランド語 読み方 意味 Pieczarki ピエチャルキ マッシュルーム Boczniaki ボチニャキ ヒラタケ Borowik / Prawdziwki ボロヴィキ ヤマドリタケ(ポルチーニ) Maślaki マシラキ ヌメリイグチ Kurki クルキ アンズタケ Podgrzybki ポドグジプキ ニセイロガワリ Gąski ゴンスキ シメジ(大ぶり) 関連記事 / Related posts: ミゼリア (Mizeria) クルキ (Kurki) ワルシャワのカフェめぐり ワルシャワの有名菓子店・Słodki Słony コトレット・スハボーヴィ(Kotlet Schabowy)

ズパ・オヴォツォヴァ (Zupa Owocowa)

今回は日本人だったらちょっとびっくりしてまうスープ、ズパ・オヴォツォヴァ(Zupa Owocowa)をご紹介します。では一体これはどんなスープなんでしょうか?ヒント:ズパはポーランド語でスープ、オヴォツォヴァは「果物の」という意味。そう、フルーツスープのことなんです。 ポーランドの夏はイチゴやラズベリー、プラム、チェリー、ブルーベリーなどのベリー類が多く出回り、値段も安い上に甘くてとてもおいしいです。それらの果物を鍋で水と砂糖と一緒に軽く煮たらスープの出来上がり。サワークリームを加えることもあります。熱いままでも、冷やしても。ほとんどの場合、(そしてこれも日本人からすると驚きですが)フルーツスープはショートパスタを加えて食卓に出されます。 子供のいる家庭で作られることが多いこのスープ、子供の頃の味として懐かしむポーランド人は多いです。 (写真はgarnek.plのものです) 関連記事 / Related posts: オグルキ・マウォソルネ (Ogórki Małosolne) ミゼリア (Mizeria) ズパ・グジボヴァ (Zupa Grzybowa) ズパ・ポミドロヴァ (Zupa Pomidorowa) ズパ・オグルコヴァ (Zupa Ogórkowa)

ズパ・オグルコヴァ (Zupa Ogórkowa)

ズパ・オグルコヴァはポーランドのスープのひとつで、その名前が示す通り、きゅうり(ogórek – オグレック)のスープです。 きゅうりと言っても生のきゅうりが入っているわけではありません。ここで使用されるのはポーランドではお馴染みの発酵きゅうり(ogórki kiszone – オグルキ・キショネ)です。 作り方は、まずセロリの根・にんじん・パセリの根・たまねぎ・肉類・香辛料を煮込んでブイヨンを作ります。お肉は豚のリブが使用されることが多いですが、鶏ガラを合わせることもあるそうです。スープが出来たら野菜と肉を取り出し、そこに賽の目に切ったじゃがいもと荒くすりおろしたにんじんを加え、じゃがいもに火が通ったらそこに荒く摩り下ろしたきゅうりのピクルスを加え、5分ほど煮ます。最後にサワークリームを加えて塩・胡椒をすれば出来上がり。ディルをみじん切りにしたものをかけると彩りも綺麗です。 きゅうりのスープと聞くと味が想像できなくて不思議な感じがしますが、ほのかな酸味がきいていてとてもおいしいです。とてもポーランド的な味なので、ポーランドに滞在する際はぜひ試してみてくださいね! 関連記事 / Related posts: ポーランドのクリスマス料理 ズパ・オヴォツォヴァ (Zupa Owocowa) ズパ・グジボヴァ (Zupa Grzybowa) ズパ・ポミドロヴァ (Zupa Pomidorowa) オグルキ・マウォソルネ (Ogórki Małosolne)

Makaron z truskawkami(ストロベリーパスタ)

ポーランドでは5~6月あたりから、市場やスーパーで色とりどりの果物や野菜が目を楽しませてくれるようになります。気温が上がり、夏が始まるのもこの頃です。 火を使って料理をするには暑すぎる日、ポーランドのおばあちゃんやお母さんは特別な料理を作ります。それはイチゴの入ったストロベリー・パスタです。ポーランド語では一般的にMakaron z truskawkami(マカロン・ズ・トゥルスカフカミ)といいます。新鮮なイチゴが手に入る時期しか作ることが出来ないため、夏の味と言っても良いでしょう。 6月はポーランドではイチゴのシーズン。甘くておいしいイチゴが安価で手に入ります。イチゴをブレンダーやフォークでつぶし、サワークリームやヨーグルトと砂糖を混ぜてソースを作ります。このソースを茹でて冷やしたパスタの上にかけて出来上がり。 簡単で美味しく子供たちが大好きな夏のごはん、一度試してみてくださいね! 写真はsmaczne-przepisy.tv, babyonline.plのものです。 関連記事 / Related posts: オグルキ・マウォソルネ (Ogórki Małosolne) ズパ・ポミドロヴァ (Zupa Pomidorowa) ズパ・オヴォツォヴァ (Zupa Owocowa) Kitsune udon – lisi makaron Spływający makaron, czyli nagashi sōmen! 流し素麺

オグルキ・マウォソルネ (Ogórki Małosolne)

ポーランドの食卓に欠かせないのはきゅうりです。発酵きゅうり(Ogórki Kiszone – オグルキ・キショネ)やきゅうりのスープ(Zupa Ogórkowa – ズパ・オグルコヴァ )、きゅうりのサラダ(Mizeria – ミゼリア)などお馴染みのものはいろいろありますが、今回はポーランド人の夏の味、Ogórki Małosolne(オグルキ・マウォソルネ)をご紹介します! Małosolneとは「塩少な目」の意味で、作り方は発酵きゅうりとほぼ同じですが、それよりも使用する塩の量がぐんと少ないのが特徴です。 作り方はとっても簡単。煮沸消毒した大き目の瓶の底にコペル(Koper)と呼ばれる植物を茎ごと、そしてにんにくを何片か入れます(好みにもよりますが、にんにくは多めに入れるとおいしいです)。そこによく洗って水気を拭いたきゅうりを詰めたら切った西洋わさびの根を加え、塩水を加えてふたをして日の当たらないところで保存します。2日目くらいからが食べごろです。 きゅうりは漬物用のOgórki Gruntowe(オグルキ・グルントヴェ)という小さめのものを使いましょう。塩水の加減は、水1.5~2リットルに対して塩スプーン2杯くらい、ちょっとしょっぱいかなくらいの塩気がいいようです。塩水はその場で水と塩を混ぜるのではなく、先に熱湯に塩を溶かして作っておきます。塩水は冷ましたものでもいいですが、熱いものだと発酵がより早く進みます。にんにくは基本的には皮を剥きますが、新鮮なにんにくであれば皮付きのまま漬けることも多いです。香辛料としてシロガラシの実(Gorczyca)やオールスパイス(Ziele Angielskie)、ローリエの葉(Liście Laurowe)を加えることもよくあります。この時期の市場には、必ずと言っていいほどきゅうりと一緒に漬けるハーブのセットが売っているので、手軽におうちで漬物づくりを楽しめます。 自宅で手作りする人も多いですが、市場やスーパーの野菜売り場では樽に入って売られています。普通の発酵きゅうりよりもカリッとした歯ごたえを楽しむことが出来るこのお漬物、夏の間だけ楽しめる味なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね! (写真はse.plのものです) 関連記事 / Related posts: ポーランドの調味料 香辛料編 ビゴス(Bigos) ズパ・グジボヴァ (Zupa Grzybowa) ズパ・オグルコヴァ (Zupa Ogórkowa) サワトカ・ヤジノヴァ(sałatka jarzynowa)