グジャネ・ヴィノ (Grzane Wino)

寒くて長いポーランドの冬。日が暮れるのは15時くらい、気温もマイナス10度以上になることも多く、道を行く人はダウンコートや毛皮に身を包み、マフラーと帽子で重装備して寒さに備えます。このような寒い冬に飲まれるのがホットワインです。 ポーランド語でホットワインはGrzane Wino(グジャネ・ヴィノ)と言います。単語の順番を変えてWino Grzane(ヴィノ・グジャネ)と言うこともあります。これは赤ワインにシナモンスティックやクローブなどの香辛料と砂糖、そして適当な大きさに切ったオレンジの輪切りを加えて温めたものです。カフェやレストランの冬のメニューには必ずあるもので、寒い中を歩いた後にこの甘くてあたたかいワインを飲むととてもホッとします。 作り方は簡単、上記の材料を鍋に入れて温めるだけ。大事なのは沸騰させないこと。沸騰させると、せっかくのワインの香りが飛んでしまうそうです。香辛料をいちいち買い集めるのが面倒であれば、スーパーでホットワイン用の粉末調味料を購入することも出来ます。 ちなみにビール大国であるポーランドではホットビール (Grzane Piwo – グジャネ・ピヴォ)も冬の飲み物として親しまれています。これも基本的にはホットワインと同じ材料ですが、オレンジを入れなかったり、またはオレンジの替わりにレモンの薄切りを入れることもあります。砂糖の替わりに蜂蜜を使うことも。また、卵の黄身を入れて卵酒のようにすることもあります。 (写真はtrzydomki.plのものです) 関連記事 / Related posts: グジャネ・ピヴォ (Grzane Piwo) ミゼリア (Mizeria) コトレット・ミエロヌィ(Kotlet Mielony) ズパ・オヴォツォヴァ (Zupa Owocowa) コトレット・スハボーヴィ(Kotlet Schabowy)

ズパ・グジボヴァ (Zupa Grzybowa)

ズパ・グジボヴァ(Zupa grzybowa)はポーランドのポピュラーなスープです。Grzyby(グジビィ)はポーランド語できのこを意味するとおり、きのこがメインに入っています。特に新鮮なきのこが出回る夏の終わりから秋の初めにかけてよく作られるもので、ポーランド料理のレストランのメニューには必ず載っているものです。きのこの旬が過ぎるたら乾燥きのこを使って作ります。クリスマスイブの食卓に出ることも多いスープです。 作り方は簡単、まずコンソメスープを作ります。普通のコンソメスープはお肉も入れてだしをとりますが、グジボヴァの場合は野菜だけで作ることが多いのだそうです(もちろんお肉を入れてもOK)。コンソメスープを作っている間に、みじん切りにした玉ねぎをバターで透明になるまで炒め、そこによく洗って適度な大きさに切ったきのこをいれてさらに炒め、多めに塩・胡椒をします。きのこは一種類でもよし、いろいろな種類を混ぜてもよし。厚めに切ったほうが食べる時に食感を楽しめます。 スープのなかの野菜はいったん取り出して食べやすい大きさに切ってスープに戻し、そこに先ほど炒めたきのこと玉ねぎを入れてよく混ぜます。そこへお好みでサワークリーム(Śmietana – シミエタナ)を入れますが、熱いスープの中にいきなり冷たいクリームを入れてしまうと分離してしまうので、まずクリームに少量のスープを混ぜてからお鍋に入れます。もう一度多めに塩・胡椒をして出来上がりです。サワークリームを加えない場合はきのこの味と香りを強く楽しめますが、入れるとまろやかな味になります。どちらもそれぞれとても美味しいです。 きのこスープはショートパスタもしくは角切りのじゃがいもを入れて食べます。パスタの場合は別茹で、じゃがいもを入れる場合は、コンソメスープを作る時の最後の方に入れ、形が崩れてしまわないように気をつけましょう。また、コンソメスープを作る際に黒胡椒(Czarny pieprz – チャルヌィ・ピエプシ)とオールスパイス(Ziele angielskie – ジェレ・アンギエルスキエ)の粒、ローレルの葉(Liście Laurowe – リシチェ・ラウロヴェ)を入れて煮込むとより香りが楽しめます。 使用するきのこは何でもOK。マッシュルームで作れば マッシュルームスープ(Zupa Pieczarkowa – ズパ・ピエチャルコヴァ)になります! 関連記事 / Related posts: ポーランドの調味料 香辛料編 ビゴス(Bigos) オグルキ・マウォソルネ (Ogórki Małosolne) ズパ・オヴォツォヴァ (Zupa Owocowa) ズパ・ポミドロヴァ (Zupa Pomidorowa)

フウォドニク (Chłodnik)

フウォドニク (Chłodnik)はポーランドのスープの一種です。冷たい(Chłodny)という言葉から名前が付いているとおり、夏によく食べられる冷製スープです。本来は冷たいスープ全般をフオドニクといいますが、一般的にフウォドニクと言った場合は、鮮やかなピンク色が特徴のフオドニク・リテフスキ(Chłodnik Litewski)を指すことが多いです。 これはボトヴィンカ(Botwinka)と呼ばれるテーブルビートの一種もしくはブラキ(Buraki)を使って作られるもので、それらの野菜を煮出して冷やしたものにケフィアやヨーグルト・サワークリームなどの乳製品を混ぜ、ゆでたまごやきゅうり、ラディッシュなどを加えたものです。ボトヴィンカを煮出すとバルシチと同じく真っ赤なスープが出来上がりますが、それに乳製品を加えると見た目にも鮮やかなピンク色になります。乳製品が入っているため、少し酸味のある味です。 夏の短い間しか食べられない料理なので、ポーランドに来た際にはぜひ挑戦してみては?ちなみにシーズン中はスーパーでも出来合いのフウォドニクがペットボトルやヨーグルトとそっくりの容器に入られて売っています。ヨーグルトやケフィルのコーナーに置いてあることが多いので、味つきヨーグルトだと思って飲んだら何か違った・・・なんてことにならないように注意して下さいね。 (写真はpoland.gov.plのものです) 関連記事 / Related posts: ミゼリア (Mizeria) バルシチ (Barszcz) コトレット・ミエロヌィ(Kotlet Mielony) コトレット・スハボーヴィ(Kotlet Schabowy) ピズィ(Pyzy)

ズパ・オヴォツォヴァ (Zupa Owocowa)

今回は日本人だったらちょっとびっくりしてまうスープ、ズパ・オヴォツォヴァ(Zupa Owocowa)をご紹介します。では一体これはどんなスープなんでしょうか?ヒント:ズパはポーランド語でスープ、オヴォツォヴァは「果物の」という意味。そう、フルーツスープのことなんです。 ポーランドの夏はイチゴやラズベリー、プラム、チェリー、ブルーベリーなどのベリー類が多く出回り、値段も安い上に甘くてとてもおいしいです。それらの果物を鍋で水と砂糖と一緒に軽く煮たらスープの出来上がり。サワークリームを加えることもあります。熱いままでも、冷やしても。ほとんどの場合、(そしてこれも日本人からすると驚きですが)フルーツスープはショートパスタを加えて食卓に出されます。 子供のいる家庭で作られることが多いこのスープ、子供の頃の味として懐かしむポーランド人は多いです。 (写真はgarnek.plのものです) 関連記事 / Related posts: オグルキ・マウォソルネ (Ogórki Małosolne) ミゼリア (Mizeria) ズパ・グジボヴァ (Zupa Grzybowa) ズパ・ポミドロヴァ (Zupa Pomidorowa) ズパ・オグルコヴァ (Zupa Ogórkowa)

ズパ・オグルコヴァ (Zupa Ogórkowa)

ズパ・オグルコヴァはポーランドのスープのひとつで、その名前が示す通り、きゅうり(ogórek – オグレック)のスープです。 きゅうりと言っても生のきゅうりが入っているわけではありません。ここで使用されるのはポーランドではお馴染みの発酵きゅうり(ogórki kiszone – オグルキ・キショネ)です。 作り方は、まずセロリの根・にんじん・パセリの根・たまねぎ・肉類・香辛料を煮込んでブイヨンを作ります。お肉は豚のリブが使用されることが多いですが、鶏ガラを合わせることもあるそうです。スープが出来たら野菜と肉を取り出し、そこに賽の目に切ったじゃがいもと荒くすりおろしたにんじんを加え、じゃがいもに火が通ったらそこに荒く摩り下ろしたきゅうりのピクルスを加え、5分ほど煮ます。最後にサワークリームを加えて塩・胡椒をすれば出来上がり。ディルをみじん切りにしたものをかけると彩りも綺麗です。 きゅうりのスープと聞くと味が想像できなくて不思議な感じがしますが、ほのかな酸味がきいていてとてもおいしいです。とてもポーランド的な味なので、ポーランドに滞在する際はぜひ試してみてくださいね! 関連記事 / Related posts: ポーランドのクリスマス料理 ズパ・オヴォツォヴァ (Zupa Owocowa) ズパ・グジボヴァ (Zupa Grzybowa) ズパ・ポミドロヴァ (Zupa Pomidorowa) オグルキ・マウォソルネ (Ogórki Małosolne)

Makaron z truskawkami(ストロベリーパスタ)

ポーランドでは5~6月あたりから、市場やスーパーで色とりどりの果物や野菜が目を楽しませてくれるようになります。気温が上がり、夏が始まるのもこの頃です。 火を使って料理をするには暑すぎる日、ポーランドのおばあちゃんやお母さんは特別な料理を作ります。それはイチゴの入ったストロベリー・パスタです。ポーランド語では一般的にMakaron z truskawkami(マカロン・ズ・トゥルスカフカミ)といいます。新鮮なイチゴが手に入る時期しか作ることが出来ないため、夏の味と言っても良いでしょう。 6月はポーランドではイチゴのシーズン。甘くておいしいイチゴが安価で手に入ります。イチゴをブレンダーやフォークでつぶし、サワークリームやヨーグルトと砂糖を混ぜてソースを作ります。このソースを茹でて冷やしたパスタの上にかけて出来上がり。 簡単で美味しく子供たちが大好きな夏のごはん、一度試してみてくださいね! 写真はsmaczne-przepisy.tv, babyonline.plのものです。 関連記事 / Related posts: オグルキ・マウォソルネ (Ogórki Małosolne) ズパ・ポミドロヴァ (Zupa Pomidorowa) ズパ・オヴォツォヴァ (Zupa Owocowa) Kitsune udon – lisi makaron Spływający makaron, czyli nagashi sōmen! 流し素麺

オグルキ・マウォソルネ (Ogórki Małosolne)

ポーランドの食卓に欠かせないのはきゅうりです。発酵きゅうり(Ogórki Kiszone – オグルキ・キショネ)やきゅうりのスープ(Zupa Ogórkowa – ズパ・オグルコヴァ )、きゅうりのサラダ(Mizeria – ミゼリア)などお馴染みのものはいろいろありますが、今回はポーランド人の夏の味、Ogórki Małosolne(オグルキ・マウォソルネ)をご紹介します! Małosolneとは「塩少な目」の意味で、作り方は発酵きゅうりとほぼ同じですが、それよりも使用する塩の量がぐんと少ないのが特徴です。 作り方はとっても簡単。煮沸消毒した大き目の瓶の底にコペル(Koper)と呼ばれる植物を茎ごと、そしてにんにくを何片か入れます(好みにもよりますが、にんにくは多めに入れるとおいしいです)。そこによく洗って水気を拭いたきゅうりを詰めたら切った西洋わさびの根を加え、塩水を加えてふたをして日の当たらないところで保存します。2日目くらいからが食べごろです。 きゅうりは漬物用のOgórki Gruntowe(オグルキ・グルントヴェ)という小さめのものを使いましょう。塩水の加減は、水1.5~2リットルに対して塩スプーン2杯くらい、ちょっとしょっぱいかなくらいの塩気がいいようです。塩水はその場で水と塩を混ぜるのではなく、先に熱湯に塩を溶かして作っておきます。塩水は冷ましたものでもいいですが、熱いものだと発酵がより早く進みます。にんにくは基本的には皮を剥きますが、新鮮なにんにくであれば皮付きのまま漬けることも多いです。香辛料としてシロガラシの実(Gorczyca)やオールスパイス(Ziele Angielskie)、ローリエの葉(Liście Laurowe)を加えることもよくあります。この時期の市場には、必ずと言っていいほどきゅうりと一緒に漬けるハーブのセットが売っているので、手軽におうちで漬物づくりを楽しめます。 自宅で手作りする人も多いですが、市場やスーパーの野菜売り場では樽に入って売られています。普通の発酵きゅうりよりもカリッとした歯ごたえを楽しむことが出来るこのお漬物、夏の間だけ楽しめる味なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね! (写真はse.plのものです) 関連記事 / Related posts: ポーランドの調味料 香辛料編 ビゴス(Bigos) ズパ・グジボヴァ (Zupa Grzybowa) ズパ・オグルコヴァ (Zupa Ogórkowa) サワトカ・ヤジノヴァ(sałatka jarzynowa)

ポーランドのビール

ポーランドと言えばウオッカのイメージが強いですが、ポーランド人が日常的に飲むアルコールは何と言ってもビールです。そのためお店に行くとたくさんの種類のビールがあります。最近ではクラフトビールも人気があり、様々なビールを飲むことが出来るマルチタップバーも増えています。今回はどこのお店にも置いてある、大手製造会社のビールをご紹介します! 名称 読み方 説明 写真 Żywiec ジヴィエツ ポーランドビールと言えばこれを思い浮かべる人が多いほどポピュラーなビールで、民族衣装を着た男女の絵でお馴染み。最近は白ビールやAPA、ノンアルコールビールも出している。最もベーシックはJasne Pełneのアルコール度数は5.6%。 Tyskie ティスキェ 製造が始まったのは17世紀からと言われるほど歴史のあるビールで、何度にも渡りポーランドで一番ポピュラーなビールに選ばれている。種類は2つあるが、ラガービールのTyskie Gronieのアルコール度数は5.2% Lech レフ 緑のラベルが目印。アルコールフリーや味つきなどいろいろな商品があるが、一番ベーシックなPremiumのアルコール度数は5.0%。 Warka ヴァルカ ラガービール。3種類あるが一番ベーシックなJasne Pełneのアルコール度数は5.5%。 Harnaś ハルナシュ 典型的なラガービール。これまでに何度も賞を受賞している。アルコール度数は6.0%。 Perła ペルワ ピルスナービール。生ビールや味つきなど様々なタイプがあるが、どこでも売っているExportのアルコール度数は5.6%。 Żubr ジュブル その名の通りバイソンの絵が目印。製造が始まったのは18世紀といわれ、2009年には国内販売数2位を記録。アルコール度数は6.0%。 Książęce クションジェンツェ 最近よくレストランでも見かけるビール。白ビールや黒ビール、赤ラガーなど何種類かある。白ビールのアルコール度数は4.9%。 Kasztelan カシュテラン おじさんの絵が目印。何度にも渡り賞を受賞している。小麦ビールや生ビールなど種類は様々だが、最もベーシックなJasne Pełneのアルコール度数は5.7%。 関連記事 / Related posts: ポーランドのウオッカと販売元

ポーランドのウオッカと販売元

ポーランドのお酒といえばウォッカ。お祝いの席には欠かせないものです。酒屋やスーパーに行けば迷ってしまうほどの種類があり、ポーランドのお土産として買っていく人も多いでしょう。 しかしこんなに愛されているウォッカですが、実は名前がポーランド語ではあっても販売している会社が全てポーランドの会社というわけではありません。今回はポーランドで有名なウオッカと、その販売元をまとめました! 名称 読み方 製造会社 写真 Wyborowa ヴィボロヴァ Pernod Ricard(フランス) Luksusowa ルクスソヴァ Pernod Ricard(フランス) Pan Tadeusz パン・タデウシュ Pernod Ricard(フランス Żołądkowa Gorzka ジョウォントコヴァ・ゴシュカ Stock Sprits(イタリア/ポーランド) Lubelska ルベルスカ Stock Sprits(イタリア/ポーランド) Sobieski ソビエスキ Belvedere(フランス) Krupnik クルプニク Belvedere(フランス) Żubrówka ジュブルフカ CEDC(ロシア) Bols ボルス CEDC(ロシア) Soplica ソプリツァ CEDC(ロシア) Belvedere ベルヴェデレ LVMH(フランス) Chopin ショパン Polmos Siedlce(ポーランド) Żytnia ジトニア Śląskiea Wytwórna Wódek Gatunkowych(ポーランド) Krakus クラクス Akwawit Polmos S.A.(ポーランド) J.A.BACZEWSKI J.A.バチェフスキ Altvater Gessler – J.A. BACZEWSKI GmbH(オーストリア) 関連記事 / Related posts: クラクフ発着の格安航空(LCC) グダンスク発着の格安航空(LCC)

ブラチキ・ザスマジャネ(Buraczki zasmażane)

ブラチキ・ザスマジャネ(Buraczki zasmażane)はその名が示す通りブラキを炒めたもので、肉料理、特にコトレット・ミエロヌィの付け合わせとして欠かせないものです。 作るのに時間はかかりますが手間はほとんどかかりません。まずブラキを良く洗ってから茹でる、もしくはオーブンで焼きます。ここで注意するのは皮をむかないまま火に通すことです。オーブンを使う場合はアルミホイルでくるんでからケーキ型や耐熱容器に入れて焼くと、万が一汁が漏れても天板が汚れず後片付けが楽です。茹でる場合は大体1時間、焼く場合は1時間半ほどで中に火が通ります。 ブラキに火が通ったら少し冷まし、温かいうちに皮をむきます。この時ブラキの赤い汁が手や服につくとなかなか落ちないので、エプロンや手袋をして作業することをおすすめします。まな板も赤くなるので要注意です。 皮をむいたブラキは下ろし金で粗めにすりおろします。玉ねぎをみじん切りにし、バターもしくはサラダ油で透明になるまで炒めたら小麦粉少々を加え、泡が立つまで炒めます。そこにすりおろしたブラキを入れて炒めます。この時粗くすりおろしたりんごをブラキに加えると、甘みが増しておいしくなります。 最後に砂糖・塩・胡椒とレモン汁少々を加えて味を整えて完成です。 (写真はwiniary.plのものです) 関連記事 / Related posts: ピズィ(Pyzy)の種類 チェルニナ(Czernina)

ビィアワ・キェウバサ (Biała Kiełbasa)

ビィアワ・キェウバサ (Biała kiełbasa)はポーランドのソーセージのひとつで、日本語に約すと「白ソーセージ」です。これは豚肉の小腸に粗く挽いた豚肉とニンニク・マジョラム・塩胡椒などの香辛料を混ぜたものを詰めたもので、普通のソーセージとは違って生のまま、もしくは茹でた状態で売られています。牛肉を混ぜることもあるそうです。ドイツのヴァイスヴルストというソーセージとよく似ていますが、あちらは仔牛肉と豚肉で作られています。 このビィアワ・キェウバサは茹でて、またはオーブンで焼いて調理します。このソーセージを加えたバルシチ・ビアウィ(Barszcz biały)というスープはイースターの食卓には欠かせないものです。 また、”Biała kiełbasa pieczona w piwie”という料理があります。これはその名の通りビィアワ・キェウバサにビールをかけて焼いたものです。作り方は、まずスライスした玉ねぎを透明になるまで炒めたらそれを耐熱容器にしき、その上に爪楊枝でところどころ刺して穴を開けておいたビィアワ・キェウバサを並べます。そこにビールをかけてから、蜂蜜とマスタードを混ぜたものをビィアワ・キェウバサに塗り、180度のオーブンで30-40分ほど焼いて出来上がりです。 (写真はwiniary.pl, garnek.plのものです) 関連記事 / Related posts: イースター(ポーランドの祝祭日) サワトカ・ヤジノヴァ(sałatka jarzynowa) マズレック (Mazurek) マコヴィエツ(Makowiec) オプワテック (Opłatek)

ジュレック (Żurek)

ジュレックはポーランドの伝統料理で、ライ麦を発酵させた液体から作るちょっと酸味のあるスープです。 このスープに欠かせない材料が「zakwas(ザクファス)」というものです。「żur(ジュル)」もしくはスープと同じように「żurek(ジュレック)」と呼ばれることもあります。これはライ麦粉(mąka żytnia モンカ・ジトニァ)とぬるま湯にハーブ類を混ぜて4-5日置いて発酵させた液状のもので、スーパーや八百屋さんにに行けば出来合いのものが簡単に手に入ります。メーカーにもよりますが、500ml入りのものが大体3złから5złといったところでしょうか。 作り方としては、まず鍋に玉ねぎ・セロリの根・人参・長ネギなどのスープ用野菜とソーセージ、他にもあればベーコンを入れて水を加え、スープを作ります。1時間ほど煮たら肉・野菜を取り出します。肉類は食べやすい大きさに切ります。Zakwasのボトルをよく振ってから、先ほどのスープに加えます。塩・胡椒・マジョラム・すりおろしたにんにくで味をつけたら肉類を加え、最後にサワークリームを入れて混ぜたら出来上がりです。Zakwasの量で酸味を調節してください。 ジュレックも家庭料理なので、それぞれの家庭によって作り方に微妙に違いがあります。たとえばにんにくは最後ではなくスープを作る時点で入れたりzakwasを作る時点で入れることもあるそうです。また、玉ねぎや人参、じゃがいも、きのこを加える家庭もあります。 ジュレックには「Żurek z kiełbasą(ソーセージ入りジュレック)」もしくは「Żurek z jajkiem(たまご入りジュレック)」がありますが、もちろん両方入っていることもあります。食べる時にお好みで西洋わさび(chrzan‐フシャン)を入れると味が締まっておいしいです。ジュレックはスープ皿に入れて供されるほか、パンをくり抜いた中に入れて出されることもあります。 ちなみにポーランドではイースター(wielkanoc)に食べられる伝統料理にbarszcz biały(バルシチ・ビアウィ‐白バルシチ)と呼ばれるものがあります。これはジュレックにそっくりですが、ソーセージはbiała kiełbasa(ビアウァ・キェウバサ‐白ソーセージ)という生、もしくは茹でた状態で売られているものを使います。またzakwasをライ麦ではなく小麦粉で作るため、出来上がりの色もジュレックよりもっと白っぽくなるのだそうです。 (写真はifood.tvのものです) 関連記事 / Related posts: ビィアワ・キェウバサ (Biała Kiełbasa) バルシチ (Barszcz) ポーランドのクリスマス料理 ポーランドの食べ物 ポーランドで食べたいもの