Targ Śniadaniowyでたこ焼きを食べてみた(ワンコと暮らすポーランド)

つい最近投稿させてもらったのに何度もすいません、りんごです。今日はどうしてもたこ焼きのことをお知らせしたかったので書いてしまいました。ちなみに今回はうめちゃん全く関係ありません。よってうめちゃんの写真もないです。すいません。 以前の投稿でTarg Śniadaniowyでたこ焼きが売られているらしいと書いたのですが、自分でもどうしても食べてみたくなったのでうめちゃん連れてひとっぱしり行って来ました。あまりの期待感に、土曜というのに早く目が覚めて、開始時間の朝9時きっかりに現地に到着してしまったほどです。 さすがに開始時間とあってまだ搬入の車が入っていたりとどこのブースもまだ準備開始といったところでした。狭い中庭をぐるっと見回してみると、いかついおじさんがちょうどたこ焼きをくるっとひっくり返している光景が目に入りました。こんにちはー日本人ですー、たこ焼き食べにきましたーと言うといかついおじさんも一緒にいたおばさんも超喜んでくれました。たこ焼きは8個入りで17PLN。タコではなく海老入りのは14PLNだったかな?どうして海老なのか聞いてみたら、ポーランド人はタコやイカに嫌悪感を示す人も多いので、そんな人のために海老入りを用意したんだそうです。お味噌汁もあって、これは確か9PLN。 さておじさんが焼いてくれたたこ焼きは、日本のものと遜色ないくらいおいしかったです。というか日本と全然味変わりません。違いは青のりやかつおぶしの量が少なめ、上に小ネギがかかっているくらいじゃないでしょうか。小ネギは言えば多分省いてもらえると思います。日本料理屋はいくつかあれど、こういうちょっとしたものが食べられる場所がワルシャワには皆無だったのでもう感無量。10年前にポーランドにいた人がこのことを知ったらひっくり返るだろうなあ、としみじみしてしまいましたよ。 おじさんは怖そうな見た目ですがとっても親切です。もともとすし屋を経営しているそうですが、たこ焼きという存在を知って、ポーランドでもストリートフードとして流行るのではないかと思ったのがたこ焼きを始めたきっかけだそうです。いずれはたこ焼き屋さんもオープンしたいと言ってました。たこ焼き器も日本から取り寄せたほどの気の入れようです。 このたこ焼き屋さんの名前はYAKO TAKOです。今のところはŻoliborzのTarg Śniadaniowyで出店しているだけみたいですが、もうすぐPowiśleで新しく始まるTarg Śniadaniowyのほうにも出店予定らしいです。ぜひ行ってみてください! 関連記事 / Related posts: Targ Śniadaniowyに行って来た(ワンコと暮らすポーランド) Targ Śniadaniowyに行って来た・冬の陣(ワンコと暮らすポーランド) BioBazarで家電無料回収 Targ Sniadaniowyに行ってきました(キナコママのワルシャワ滞在記) Adoptuj Warszawiaka – ワルシャワっ子の里親になろう(ワンコと暮らすポーランド)

Warsaw Beer Festival 2015

ポーランド人はビールが大好き。ポーランドのお酒といえばウオッカが思い浮かびますが、日常的に飲まれているのは何と言ってもビールです。そんなわけでポーランド国内には大企業から小規模なものまで、実にさまざまな醸造所が存在します。スーパーで簡単に手に入るものもあれば、その地方でしか購入できないものもあり、どこのビールがおいしいのか飲み比べてみるのもまた楽しいものです。 そんなビール好きさんのためのイベント、Warsaw Beer Festivalが4月24日から26日まで、ワルシャワのレギア・スタジアムで開催されます! このイベントではポーランド国内だけではなくアメリカやチェコ、ハンガリー、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマークなどの外国から集まったおよそ70の醸造所のビール(その数1000種類!)を飲むことが出来ます。そのほかにもビールについての講義(無料と有料のものあり)やビールの試飲会などもあります。有料の講義と試飲会に参加するには、先にフェスティバルのホームページで専用のチケットを購入しておく必要があるそうです。 フェスティバルではビールのほかにもフードトラックも数点出店する予定なので、小腹が空いても心配する必要はなさそうです。 Warsaw Beer Festival Miejski Stadion Legii Warszawa ul.Łazienkowska 3 24-26 April, 2015 enter: 10pln Fri:16:00PM-02:00AM Sat:11:00AM-24:00PM Sun:11:00AM-16:00PM 関連記事 / Related posts: 幼稚園・保育園 2015年ショパン国際コンクール予選開始 ハラ・グヴァルディー(Hala Gwardii) ワルシャワの人気カフェ ワルシャワのポーランド料理店

ハーフマラソン観戦(キナコママのワルシャワ滞在記)

先週3月29日日曜日にワルシャワでハーフマラソン大会がありました。ここワルシャワでも、マラソン人口が増えているようで街や公園で走っている人をよく見かけます。 朝10時スタート。太陽が出ていているときは暖かかったのですが日陰になると寒いくらいの陽気でした。 サスキ公園をスタートし、ワルシャワ中心部を南に下って折り返し、ヴィスワ川沿いを北上し、サスキ公園に戻ってくるというコースでした。 沿道で応援していると「Dzieki」(ありがとう)と言ってくれる人、こっそり手を振ってくれる人、友達かのように、にこにこしながら手を振ってくれる人、拍手でありがとうを伝えてくれる人、とたくさんのランナーが走っていきました。   ベビーカーを押しながら走っているパパさんママさんランナーの方も数名いらっしゃいました。すごいです! 日本の国旗を持って応援していると、「ありがとう」、「こんにちは」「押忍」と言ってくれる人、手をあわせて拝むポーズをしてくれる人がいました。 応援しているだけでも楽しかったです。約13.000人のランナーが完走されたそうです。 4月末にもフルマラソンと10キロのコース、4.6キロのチャリティーウォークの大会があります。 また応援に行ってみようと思います。 関連記事 / Related posts: サッカーワークショップに行ってきました(キナコママのワルシャワ滞在記) 黄金の秋と動物園(キナコママのワルシャワ滞在記) 12月に入りました(キナコママのワルシャワ滞在記) 地下鉄に乗って、サバを買いに行こう:その1(キナコママのワルシャワ滞在記) ポーランドの紅茶(元留学生によるポーランドの想い出)

Kintaro Sushi

以前にも書いたように、ワルシャワではヘルシーフードとして寿司がお洒落な人の間で大人気。あちらこちらで寿司屋さんを見かけますが、そのほとんどはポーランド人や韓国人が経営しています。韓国人が経営しているところは韓国料理も食べることが出来るところがほとんどです。今回はワルシャワ中心街どまんなかにあるKintaro Sushiをご紹介します! 一応寿司屋ではありますが、オーナーが韓国人なので韓国料理がメインです。ここではビビンパやチヂミなどの他にも、サムギョプサルなどの韓国焼肉を楽しむことができます。つきだしのキムチやナムルもとてもおいしいです。小さい店ですが、いつもお客さんでにぎわっています。 ちなみに、ここはトンカツも日本のように身が厚くて衣がサクサクしていてとてもおいしいです。日本のトンカツが恋しい方、みんなでわいわい焼肉を楽しみたい方は一度足を運んでみては? 関連記事 / Related posts: ゴロンカ (Golonka) 寿司 / Sushi(けいこのポーライフ / Polajf K:KO) ワルシャワのポーランド料理店 ワルシャワでインドカレー・ Namaste India U Szwejka(ウ・シュフェイカ)

初春のポレ・モコトフスキェ(ワンコと暮らすポーランド)

いつもありがとうございます、りんごです。ワルシャワは気温も10度を越す毎日で、もう春はそこまで、という感じです。スプリングコートやジャケットだけで歩く人も増えて来ました。 というわけで、天気の良い週末にこの連載ではすでにおなじみの公園、ポレ・モコトフスキェに行って来ました。 この日は晴天、太陽はさんさんと輝いているものの風はまだ冷たかったのですが、ポレ・モコトフスキェの原っぱではピクニックをしながら日向ぼっこしている人がたくさんいました。バーベキューをしている人もいたりして、やっぱりみんな春が待ち遠しかったんだなあ、というのがよくわかります。 以前も書いたとおりここにはワンコがたわむれる一角があるのですが、うめちゃんは相変わらず他人に興味がなくて1人遊びしかしないのであんまりここに行く意味がないのが残念。なのでここに行ってから、近くにある人工池のまわりをぐるっと一周するのがいつものお散歩コースです。この池も冬の間は水が抜かれてコンクリート丸出しになっていて、そこでワンコや子供たちが走り回って遊んでいるのですが、今回行ったら水を入れている最中でした。なので意外と水遊びが好きなうめちゃん、さっそく水のほうへ行ってひとりでチャプチャプしながら遊んでました。 水遊びをするワンコたちは他にもいて、うめちゃんとは違って走り回ったり水の中でボールを追っかけたりとそれはワイルドでした。そしてずぶ濡れになったワンコたちがハイになって駆け回ってるわ横でプルプルされて水飛ばされるわ、もうそれはとても大変な騒ぎですが、でも楽しい。 肌寒い日は池の横に出ている屋台でコーヒーを買って、ベンチに座りながらワンコたちが遊んでいるのをボーっと眺めます。こうしてワルシャワの週末はゆるやかに過ぎていくのです。 関連記事 / Related posts: Targ Śniadaniowyに行って来た・冬の陣(ワンコと暮らすポーランド) ドッグパークに行ってみた・その2(ワンコと暮らすポーランド) 公園と生肉と私(ワンコと暮らすポーランド) Adoptuj Warszawiaka – ワルシャワっ子の里親になろう(ワンコと暮らすポーランド) ドッグランに行ってみた(ワンコと暮らすポーランド)

地下鉄2号線に乗ってきました(キナコママのワルシャワ滞在記)

約2週間前の3月8日、日曜日に地下鉄2号線が開通しました。今まで、ワルシャワの地下鉄は南北に走る一本だけだったのですが、ついに東西を走る2号線が出来ました。 思えばワルシャワに来た当初、地下鉄に乗り、路線図を見て一本だけの地下鉄に驚いた私。でも地下鉄は朝早くから、夜遅くまで、5分おきくらいに走っているので、とても便利で、よく利用します。それが2本になり、ますます便利になりそうです。 3月8日当日、メトロに乗っていたら、2号線乗換駅で「メトロ2号線乗換はこちら」とのアナウンスがあり今日開通したんだ、と気付きました。その駅から乗ってこられたご夫婦が、メトロの風船とメトロくん人形を手にしていて、ベビーカーを押している私に、風船をくれました。用事があったので、そのまま地下鉄で移動したのですが、何もなければ途中下車して、メトロくん人形をいただきに行ったかもしれません。いや、売り物かもしれません。。。 その用事の帰りに2号線に乗りました。メトロの入り口がMの形のデザインで、素敵です。 初日は無料で、改札が開いていました。メトロŚwiętokrzyska駅から乗ったのですが、ベビーカーなのでエレベーターを探したけれど、なかなか見つからず。ようやく改札外の扉の中のエレベーターを発見し、無事ホームに降りれました。 ホームも看板も壁もとてもきれいで、カラフルでした。なにより、とても明るい感じがしました。1号線の地下鉄のホームもとてもきれいですが、シンプルでちょっと暗い感じがします。 ワルシャワの人たちもたくさん2号線に乗っていて、とても混んでいました。2号線はずっと工事をしていたので、待ち望んでいた分、嬉しさ倍増といった感じでした。 今まで、バスやトラムでしか行けなかったワルシャワメイン通りNowy Świat(新世界通り)やナショナルスタジアム、コペルニクス博物館などに地下鉄で行けるようになりワルシャワの街もどんどん広がっていきそうです。 関連記事 / Related posts: レンタサイクル (キナコママのワルシャワ滞在記) フィルハーモニーへ行ってきました(キナコママのワルシャワ滞在記) 黄金の秋と動物園(キナコママのワルシャワ滞在記) ハーフマラソン観戦(キナコママのワルシャワ滞在記) 12月に入りました(キナコママのワルシャワ滞在記)

チャイナ・タウン(China Town)

ワルシャワでは最近タイ料理やベトナム料理、日本料理が人気です。特に寿司屋の数は西側諸国にも劣らないのではないでしょうか?中華料理店や韓国料理店の数もちゃくちゃくと増え続けています。今回はワルシャワで数店舗展開している、チャイナタウン(China Town)という中華料理店をご紹介します! チャイナタウンは中国人のオーナーが経営しているレストランで、四川料理なのでしょうか?わりと味付けが辛いものが多いです。メニューは麻婆豆腐や餃子、酸辣湯などの日本人にもおなじみのものも多く、さすが中国人がオーナーだけあって本格的な味です。ここでは火鍋のメニューもあり、スープも3-4種類から選べるのですが、辛いものは色も真っ赤で口がしびれるほど辛い!(オーナーさんに言わせると「中国ではこれが普通」だそうですが)頼めば辛さを調整してくれたり、薄める用にお湯を持って来てくれます。メニューでは辛い料理は赤文字で書かれているので、注文する前にきちんとチェックすることをおすすめします。 ちなみにこのチャイナタウン、LOTポーランド航空のワルシャワ‐北京便の機内食を担当しているそうです。ボリュームがある割にはリーズナブルなお店なので、大人数でわいわいご飯を食べたいときにおススメです! China Townの公式サイトはこちら 関連記事 / Related posts: カトヴィツェで大人気のピエロギ屋さん(Pierogarnia na Gliwickiej w Katowicach) ワルシャワのイタリア料理店 ワルシャワのベトナム料理店 Mąka i Woda(モンカ・イ・ヴォダ) ToTu Chińska Pierogarnia

ワルシャワ・地下鉄第2号線開通!

2015年3月8日午前9時30分、ワルシャワの地下鉄2号線が開通しました! 地下鉄第2号線はヴィスワ川を越えて東部と西部を結ぶもので、現在の全長は6km、駅は西側からRondo Daszyńskiego(ロンド・ダシンスキエゴ)、 Rondo ONZ(ロンド・オーネヌゼット)、 Śwętokrzyska(シフィエントクシスカ)、 Nowy Świat-Uniwersytet(ノヴィ・シフィアト‐ウニヴェルシテト)、 Centrum Nauki Kopernik(ツェントルム・ナウキ・コペルニク)、 Stadion Narodowy(スタディオン・ナロドヴィ)そしてDworzec Wieleński(ドヴォジェツ・ヴィエレンスキ)の7つです。 全ての駅が似たような感じの第1号線とは異なり、第2号線はそれぞれ駅によってホームの色が違うようになっています。また、ツェントルム・ナウキ・コペルニク駅にはポーランド最長のエスカレーターが設置されました。 (写真はwp.plのものです) 関連記事 / Related posts: お勧めの日本のテレビ番組 ワルシャワ・メトロで改修工事 ワルシャワ:無料スケート場がオープン! ワルシャワ市長退任要求 初の市民投票で ワルシャワ:マタニティショップ

my’o’tai (マイ・オー・タイ)

以前の記事でベトナムフォーのお店をご紹介しましたが、ワルシャワでは今アジア料理のお店が続々と増え続けています。これまでポーランドではアジア料理というと「安い・早い・脂っこい」ファーストフード的な炒め物中心のスタンドをイメージすることが多かったのですが、最近ではタイ料理やベトナム料理、中華料理の本格的なお店も開店しています。今回はワルシャワのおしゃれピープルが通う、おいしいタイ料理のお店”my’o’tai”をご紹介します! my’o’taiはシュピタルナ通り(ul.Szpitalna)にあるヴェデルカフェを曲がったグルスカ通り(ul.Górska)すぐのところにあります。こじんまりとした明るい店内はカフェのような雰囲気です。 さて注文したのはダックヌードル。ポーランドのアジア料理店で鴨料理を頼むと肉から脂が抜けていてぱさぱさしていることが多いのですが、ここの鴨肉はしっとりしていておいしかったです。量も多すぎず少なすぎずでランチにはぴったり。男性だと少し物足りないかな、という量です。一緒に頼んのはバジルレモネード。甘さ控えめでさっぱりしていました。レモネードは種類がたくさんあるので、迷った時には店員さんに相談するとおすすめを教えてもらえます。デザートにはタピオカ入りココナッツミルクを注文。ワルシャワでは滅多にお目にかからないので嬉しい!もちろん味も期待通りでした。 平日にはランチメニューもあり、30ズウォティほどでメイン+飲み物そしてデザートが食べられます。また、店員さんは英語が達者な人が多いので、ポーランド語がまったく出来なくても安心です! my’o’tai ul.Szpitalna 8 (Wejście od Górskiego) tel. 662 742 901 FBページはこちら (写真手前がダックヌードル、奥の料理は鳥モツの煮込みです) 関連記事 / Related posts: ワルシャワの人気カフェ ワルシャワのポーランド料理店 ワルシャワのフランス料理店 ワルシャワのカフェめぐり ポーランド料理の穴場!

博物館に行こう・その2 (しょこたんのまるっとワルシャワ日記)

そして、ポーランドと言えばの巨匠はヤン・マテイコ(Jan Matejko)さん。政治や歴史の絵を得意とし、戦闘シーンの絵が有名。国立博物館(Muzeum Narodowe w Warszawie)には巨大な「グルンヴァルドの戦い」の油彩画があります 個人的に大好きなのが、ヤン・マテイコの弟子のヤツェク・マルチェフスキ(Jacek Malczewski)さん。象徴主義画家です。実在しない概念を具現化している作品で、何ともロマンチックです。この人の絵を一度にたくさん観たい場合のお勧めの場所は、大統領官邸です。毎年5月にヨーロッパ各都市で行われるナイト・ミュージアム。ワルシャワでも行われていますが、その時が大統領官邸に入れるチャンスです。中に入るとヤツェク・マルチェフスキの絵がたくさんある部屋があります。行列必須ですが、是非お出かけください♪ その他にも、ヘウモニンスキ(Józef Chełmoniński)さん、ギエリムスキさん(Aleksander Gierymski)など、素敵な画家の作品がたくさん♪ギエリムスキさんは、ユダヤ人の日常生活を描いた画家です。国立博物館に展示されている「オレンジを売る女(Żydówka z pomarańczami)」は、長い間行方不明になっていたそうですが、2010年、ドイツのオークションで発見されて、政府が買い取ったというストーリーがあるそうですよ。 ポーランドの絵画を見ることができる場所はもちろんいろいろありますが、やっぱり国立博物館に行くのが手っ取り早いです。絵だけじゃなくっていろいろありますよ☆ポーランド考古学者が発見したアフリカのキリスト教教会を再現した展示もありました♪ 家政婦は見た!じゃないよ アフリカの教会の壁画に合った聖女アン、聖母マリアさんのお母さん でもご注意!2月6日から5月10日まで「来自肖邦故郷的珍宝(ショパンの故郷からやってきた珍しいお宝展)」ということで作品のいくつかが北京の博物館に出張しているようです。情報をチェックしてからお出かけください☆ ショパンは中国語で『肖邦』☆博物館はとってもとっても大きいので、一度で全部見るのは大変。せっかくワルシャワに住んでいるので、入場料無料の日などを利用してじっくり観ていきたいな☆と思っています。 関連記事 / Related posts: 博物館に行こう・その1(しょこたんのまるっとワルシャワ日記) 国立博物館以外のアートポイント☆その1(しょこたんのまるっとワルシャワ日記) オルガ・ボズナンスカ展にいってみた♪(しょこたんのまるっとワルシャワ日記) 国立博物館以外のアートポイント☆その2 (しょこたんのまるっとワルシャワ日記) ツィタデラの周りを散歩してみた(ワンコと暮らすポーランド)

Targ Śniadaniowyに行って来た・冬の陣(ワンコと暮らすポーランド)

みなさんこんにちは、りんごです。2月だというのに日が長くなって来ました。もう冬は終わりなんでしょうか。3月とか4月になってからいきなりマイナス20度とか来たらやだなーとか思っている毎日です。 さて、2週間前の週末にうめちゃんを連れて以前にも書いたTarg Śniadaniowyに行ってきました。実はこれ、一年中やってるんですよ。暖かいときは外、冬になったら屋内。おいしいハムとか野菜が手に入る&そこでおいしいご飯も食べられる週末にはもってこいのスポットです。 夏の間はヴォラ区の公園でやってるほうに通ってたのですが、冬の間はジョリボジュ区の学校内でやってるほうに行ってます。校舎内の廊下にはびっちりとお店が並んで、ハムとかソーセージとか、蜂蜜とかジャムとかもうそれはいろんなものが売ってます。廊下なんで人が多いと狭いのが難点ですが、料理好きの人なら楽しいんじゃないかなあ。頼めば味見させてもらえるところも多く、お店の人たちにいろいろ聞いてみるのもまた楽しかったりします。 で、門と入り口の間にある小さな庭には食べ物を販売するテントが並んでいます。テーブルや椅子もあるので、ここでご飯を食べれるんですが、はっきり言って真冬は何の罰ゲームですかってくらいに寒いです(なのでテイクアウトしておうちでたべるのが非常におすすめ)。 なのですが、私はここで売ってるベイクドポテトにクリーム漬けの鰊をてんこ盛りにしたのが大好きなんですよ。しばらく食べてないし、太陽出てるし多分寒くないよ!と思って行ってみたわけです。ちなみにご飯食べるところはワンコOKですが、校舎内はNGです。 でどうだったかというと、太陽は出てましたがやっぱ寒かったです(苦笑)じゃがいもおいしくてほんと満足!ちなみに先週からはなんとたこ焼きも売り出してるそうです。ポーランド人がやってるらしいですが、鉄板やたこ焼きケースも日本から取り寄せた本格派で、日本人の友人もおいしいと言っていました。次回行った時は必ず挑戦してみようと思ってます。 ここの会場になっている学校のすぐ横は以前ご紹介した公園です。おなかいっぱいになった後はここをぐるっと一周しました。相変わらずのぬかるみ具合でワンコも飼い主も泥でぐっちゃぐちゃになりましたが、うめちゃんの満足げな笑顔はプライスレスなのでそれでもいいのであります。 (写真はソーセージ&鰊をぶっかけたポテト、Targ Śniadaniowyで売ってるたこ焼き、散歩中のうめちゃん、ツイタデラの壁にあったナイスな落書き。たこ焼きの写真はTarg ŚniadaniowyのFBページから頂きました) 関連記事 / Related posts: Targ Śniadaniowyに行って来た(ワンコと暮らすポーランド) Targ Śniadaniowyでたこ焼きを食べてみた(ワンコと暮らすポーランド) Targ Śniadaniowyでワンコのおやつを買ってみた(ワンコと暮らすポーランド) ドッグパークに行ってみた・その2(ワンコと暮らすポーランド) Targ Sniadaniowyに行ってきました(キナコママのワルシャワ滞在記)