第2次世界大戦勃発のシンボル ヴェステルプラッテ(Westerplatte)

1939年9月1日早朝、ドイツ軍がポーランドに侵攻。これを受けて9月3日にはイギリス・フランスがドイツに宣戦布告、第2次世界大戦が始まりました。 ドイツ軍はグディニャ、ヘル半島、シロンスク地方南東部、ヴィエルコポルスキ地方、ワルシャワなどのを空爆。一番最初にドイツ軍の攻撃の被害にあったのはヴィエルンという都市であると言われていますが、ポーランドで第2次世界大戦勃発のシンボルとなっているのは、グダンスクの中心部から少し離れたところにあるヴェステルプラッテという岬です。 1939年9月1日早朝の4時45分、ドイツの戦艦シュレスヴィヒ・ホルスタインが、ポーランドの守備部隊が駐屯していた自由都市ダンツィヒ(現在はポーランド領グダンスク)にあるヴェステルプラッテ(Westerplatte)に砲撃を開始しました。この戦艦は1939年8月25日に親善目的の理由でダンツィヒを訪れており、ヴェステルプラッテの近くに停泊していました。 約2600人のドイツ軍に対し、指揮官ヘンリク・スハルスキ少佐含めたポーランド軍はわずか205名。人数の圧倒的差もあり、ドイツ軍が簡単に勝利すると思われたもののポーランド軍も機関銃や野砲などで応戦。しかしドイツ軍による急下降爆撃での被害や水・食料・医療品などが底をつき、9月7日にポーランド軍は降伏せざるを得ませんでした。この7日間でのポーランド側の被害は死者14人・負傷者53人。それに対してドイツ側の死傷者は数百人にのぼると言われています。 現在ヴェステルプラッテは一般開放されており、小さな博物館ほか、当時の建物の跡などが残っているのを見学することが出来ます。緑が多い公園のような場所で、こんな場所で戦闘があったのかととても不思議な気持ちになります。小高い丘の上には巨大な記念碑が立っています。その下の原っぱの一角に”NIGDY WIĘCEJ WOJNY (NO MORE WAR)”とあるのがとても印象的でした。 関連記事 / Related posts: 自動車博物館 (Muzeum Motoryzacji i Techniki) ポーランドの博物館・美術館 ワルシャワ (Warszawa) グダンスク (Gdańsk) 古代遺跡ビスクピン (Biskupin)

ミュージアム・ナイト (Noc Muzeów)

毎年5月になると、ポーランド各地ではミュージアム・ナイト(Noc Muzeów – ノツ・ムゼウフ)が開催されます。 これは博物館や美術館、ギャラリーなどに無料で入場できる日です。名前が示すとおり夜間だけの催しですが、開催されるのはいつも週末と決まっているので、多くの人が参加します。1977年に5月18日が国際ミュージアム・デーと制定されたため、毎年その日付に近い週末に開催されるのだそうです。 またこの日ワルシャワでは、博物館のはしごをする市民達のために、社会主義時代のポーランドで使用されていたバス・通称“オグレク(きゅうり)”も特別運行します。 2019年のミュージアム・ナイトの日程は以下の通りです。興味のある方はぜひ検索してみてください! ・5月17日(金) – Kraków ・5月18日(土) – Kraków以外の都市 関連記事 / Related posts: 「ポーランドのユダヤ人歴史博物館」がヨーロピアン・ミュージアム・オブ・ザ・イヤー2016を受賞! ポーランドの博物館・美術館 ワルシャワ (Warszawa) 古代遺跡ビスクピン (Biskupin) 自動車博物館 (Muzeum Motoryzacji i Techniki)

ニコラウス・コペルニクス (Mikołaj Kopernik)

地動説で世界的に有名なニコラウス・コペルニクスはポーランド人。ポーランド語ではミコワイ・コペルニク(Mikołaj Kopernik)といいます。1473年にポーランド=リトアニア同君連合王国の都市であったトルンという町で、裕福な商人の息子として生まれました。 最初に入った聖ヨハネ教会付属の学校でラテン語と数学そして天文学に触れたコペルニクスは、その後ヴロツワフの教会付属学校を経て1491年クラクフアカデミー(現在のクラクフ・ヤギウェウォ大学)に入学、1495年に卒業します。彼がクラクフで学んだ時期はちょうど天文学・数学の黄金期でした。大学を卒業したその年にはヴァルミア地区の律修司祭になりました。 1496年になると叔父の勧めもあり、イタリアのボローニャで法律を学び始めました。そこで出会った天文学者のドミニカ・マリア・ノヴァッラの影響により、プトレマイオスが提唱した天動説に対する地動説の研究を始め、天体の逆行運動を地球との公転速度の差による見かけ上の物であると説明するなどの理論的裏付けを行っていきました。 しかし当時は「地球のほうが動いている」という主張は聖書の教えに反するものであり、迫害の対象となってしまうために彼の執筆した「天体の回転について」は彼が死去するまで出版されませんでした。 死後はフロムボルグの大聖堂に埋葬されたといわれていましたが、骨は確認されていませんでした。2004年から調査チームが発掘を進め、大聖堂の深さ約2メートルの場所から2005年夏、遺骨を発見しました。この遺骨はスウェーデンのウプサラ大学との共同調査によりコペルニクスのものと判断されました。 才能豊かだったコペルニクスは天文学者・司祭だけではなく、政治の世界では県知事や行政士官を勤め、また弁護士、医者、占星術師でもありました。 コペルニクスが生まれたといわれている家はトルンの旧市街に残っており、現在はコペルニクス博物館になっています。2018年に改装されてとても近代的になったので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか? コペルニクス博物館 (Dom Mikołaja Kopernika) ul. Kopernika 15/17,  Toruń tel/ (56) 660 56 13  e-mail: kopernik@muzeum.torun.pl http://www.muzeum.torun.pl/  (英語あり) 関連記事 / Related posts: 「ポーランドのユダヤ人歴史博物館」がヨーロピアン・ミュージアム・オブ・ザ・イヤー2016を受賞! ワルシャワ・ネオンミュージアム (Muzeum Neonów)

ジェラゾヴァ・ヴォラ (Żelazowa Wola) – ショパン生家

ワルシャワから西に約54kmのところに、ジェラゾヴァ・ヴォラという村があります。車だと1時間半ほどの距離ですが、ワルシャワの喧騒とは全く違うのどかな田園風景が広がっています。ここはポーランドが誇るピアノの詩人、フレデリック・ショパンが生まれたところです。 フレデリック・ショパンの母ユスティナ・クシジャノフスカはこの一帯の領主であったスカルベク公爵家の侍女をしていた時、スカルベク家の子息の家庭教師をしていたフランス人のミコワイ(ニコラ)・ショパンと出会い結婚。1810年3月1日にフレデリックが誕生しました。 しかしフレデリックはここで少年時代を過ごしたわけではなく、ショパン一家は1810年の秋にはワルシャワへ引っ越します。ここにはその後、夏休みやクリスマスなどに遊びに来ていたのだそうです。 さてこの「生家」ですが、19世紀末にはすでにショパン博物館にしようというアイデアはあったものの、建物の改築・改装が始まったのは1930年代に入ってからでした。しかし1939年になると第2次世界大戦勃発のため作業は中断。1949年、ショパンの死後100周年に晴れて博物館はオープンしたのでした。 2010年にはショパン生誕200周年に合わせて再び博物館も改装され、まわりの公園も美しく整備されました。2016年よりまた改装工事で休館していましたが、2017年から再び開館しています。 ジェラゾヴァ・ヴォラのショパンの生家では毎年5月から9月の毎週日曜日の12時と15時、ショパンコンサートが行われています。ショパンの生まれた場所で聞く彼の作品もまた格別。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか? (写真は全てchopin.muzeum,mwfc.plのものです) 関連記事 / Related posts: 自動車博物館 (Muzeum Motoryzacji i Techniki) ショパン生家、2016年秋から一時休館 ワルシャワ (Warszawa) ショパンのベンチ (Ławeczki Chopina) 古代遺跡ビスクピン (Biskupin)

連帯センター (Europejskie Centrum Solidarności)

2014年8月30日、グダンスクに“連帯・ヨーロッパ・センター(Europejskie Centrum Solidarności)”がオープンしました。 グダンスクは東欧諸国における民主化運動の先がけの場所です。1980年、レーニン記念グダンスク造船所(Stocznia Gdańska im. Lenina)でレフ・ワレサ(Lech Wałęsa ポーランド語読みではヴァウェンサ)率いる労働者たちがストライキに突入。独立自主管理労働組織「連帯」(Niezależny Samorządny Związek Zawodowy „Solidarność”)を組織して活発な活動を行いました。1989年の2月からはポーランド統一労働者党政権と「連帯」をはじめとする民主化勢力との間で話し合いが行われました。これは円卓会議と呼ばれていて、ここでは両者の間で自由選挙の実施の合意がされました。その後東欧では初となる自由選挙が実施され、ワレサ率いる「連帯」が圧勝。1990年の国民による直接選挙により、ワレサがポーランド共和国大統領となりました。 この“連帯センター”では“連帯”の歴史を見学できるほか、当時の世界情勢やポーランド民主化に対する外国の反応はどんなものだったかを知ることができます。また当時の一般市民の生活の様子や社会主義時代の迫害の様子なども知ることができます。円卓会議の部屋も再現がされており、どの場所に誰が座ったかもきちんと明記されているので、ワレサの場所に座って記念写真を撮る人の姿が多く見られました。 博物館の他にも図書館、レストランなどがあり、まさに“連帯センター”と呼ぶのがぴったりの巨大な施設です。外はちょっとした公園のようになっており、噴水の周りで子供たちがはしゃいでいました。 展示はすべてポーランド語と英語で説明されているので、ポーランド語がわからない人でも楽しめるのではないでしょうか。詳しくは公式ページ(ポーランド語・英語)をご参照ください。 Europejskie Centrum Solidarności pl. Soloidarności 1 80-863 Gdańsk 関連記事 / Related posts: ポーランドの博物館・美術館 ポーランド人民共和国博物館 (Czar PRL) 第2次世界大戦勃発のシンボル ヴェステルプラッテ(Westerplatte) グダンスク (Gdańsk) ヨハネ・パウロ2世博物館 (Muzeum Dom Rodzinny Jana Pawła II)

文化科学宮殿 (Pałac Kultury i Nauki)

  ワルシャワ中心部ど真ん中にある、先のとがった大きい建物。この街に来た人は必ず一度は目にするこの建物の名前は、文化科学宮殿(Pałac Kurtury i Nauki – パワツ・クルトゥリ・イ・ナウキ – PKiNと略されることも多い)と言います。高さ237メートル(44階建て)、総床面積12万3000平方メートル、総室数は3288。ポーランド一の高さを誇るこの建物は、すぐそばに来て下から見上げてみると、そのあまりの巨大さに圧倒されてしまいます。 文化科学宮殿は、ユシフ・スターリンからの“ポーランドへの贈り物”として、1952年より3年の歳月をかけて作られました(そのため1956年まではPałac Kultury i Nauki im. Józefa Stalina – ユシフ・スターリン記念文化科学宮殿 – という名称でした)。宮殿の設計を担当したロシアの建築家レフ・ルドネフは、宮殿の外観にポーランドの建築様式を取り入れることを思いつき、そのインスピレーションを得るためにクラクフ・カジミエジュ・ヘウムノ・プウォツク・サンドミエジュ・ザモシチ・トルンなどの街を回ったということです。この建築工事のためにロシアより約3500人の労働者がワルシャワへ呼び寄せられ、彼らが住むための団地も建設されました。そこには映画館やプール・集会所・食堂なども完備されていたそうです。この工事中に事故によって亡くなったのは16人で、彼らの遺体はヴォラ区にあるロシア正教墓地に埋葬されたのだそうです。 1956年、30階にある展望テラスからフランス人の男性が投身自殺を図りました。その後も投身自殺が相次いだため、1970年代になると展望テラスには金網が張られるようになりました。 2000年の大晦日には、ヨーロッパで2番目に大きい時計が塔の先端に取り付けられました。現在文化宮殿内にはオフィススペースの他にも映画館や劇場・コンサートホール・カフェレストラン・博物館などがあります。最近では夜、さまざまな色にライトアップされることも多くなりました。ポーランド国旗の色である白と赤のライトアップだったりバレンタインにはハートだったりと我々の目を楽しませてくれています。30階にある展望テラスではワルシャワ市内を一望することができます。6月1日から8月31日までの間展望テラスは金曜日と土曜日に限り23:30まで営業しているので、ロマンチックにワルシャワの夜景を楽しんでみてはいかがでしょうか?     関連記事 / Related posts: 「ポーランドのユダヤ人歴史博物館」がヨーロピアン・ミュージアム・オブ・ザ・イヤー2016を受賞! ワルシャワ (Warszawa) 自動車博物館 (Muzeum Motoryzacji i Techniki) ポーランドのユダヤ人歴史博物館 POLIN(Muzeum Historii Żydów Polskich POLIN) ”無料の11月” – Darmowy listopad

ヨハネ・パウロ2世博物館 (Muzeum Dom Rodzinny Jana Pawła II)

ポーランド人の誇りといえば第264代ローマ教皇であった故ヨハネ・パウロ2世(在位1978~2005年)。2014年4月27日に列聖が宣言されました。 彼の生まれ故郷であるヴァドヴィツェ(Wadowice)にあるヨハネ・パウロ2世博物館が4月9日、4年近くにわたる改修作業を終えて再オープンし、記念式典にはドナルド・トゥスク首相やスタニスワフ・ジヴィシュ枢機卿などが出席しました。 この博物館は1920年にカロル・ヴォィティワ(Karol Wojtyła)として生まれたヨハネ・パウロ2世が実際に18歳まで住んでいた建物で、ここでは幼少時代・青年時代について知ることができます。初めての聖体拝領のときの写真や家族写真、衣類や死の間際に読まれた聖書、逝去後世界中のカトリック信者から寄せられた手紙などを見ることが出来ます。 また、イタリア法務省より3年契約で貸し出されている、1981年バチカンのサンピエトロ広場で狙撃され重傷を負った際に犯人が使用した銃も展示されています。 ヨハネ・パウロ2世博物館 Dom Rodzinny Jana Pawła II ul. Kościelna 7, 34-100 Wadowice tel. 33 823 35 55 http://www.domjp2.pl/ 関連記事 / Related posts: 「ポーランドのユダヤ人歴史博物館」がヨーロピアン・ミュージアム・オブ・ザ・イヤー2016を受賞! ヴィラヌフ宮殿博物館(Muzeum Pałacu Króla Jana III w Wilanowie) 自動車博物館 (Muzeum Motoryzacji i Techniki) ワルシャワ・ネオンミュージアム (Muzeum Neonów) トレブリンカ強制収容所 (Muzeum Treblinka)

古代遺跡ビスクピン (Biskupin)

このポーランド古代遺跡ビスクピンのある辺りは湿地帯で、ドライブをしていても湖や沼をよく見かけます。以前はこのビスクピン遺跡も湿地帯の中に埋もれていて、誰の目にも触れることはありませんでした。この遺跡の発見となるきっかけは、ある学校の先生がこのあたりを探索していて、偶然何か遺跡の一部を見つけたことによります。ところがその先生のいうことを信じる人はなく、遺跡が眠るその湿地帯の調査が始まったのはそれから何年も経過してからだったらしいです。その後発掘調査も進み、遺跡を再建する際に考古学者の人達が実際に古代の生活を模倣して研究を重ねたということです。ちなみにこの遺跡はすべてスラブ民族が建てたというわけではなく、謎の民族ケルト人が建てたものをスラブ民族が受け継いだらしいです。 (写真はtwojapogoda.pl, biskupin.pl, archeowiesci.plのものです) 関連記事 / Related posts: 石鹸と汚れの歴史博物館 (Muzeum Mydła i Historii Brudu) ジェラゾヴァ・ヴォラ (Żelazowa Wola) – ショパン生家 ヨハネ・パウロ2世博物館 (Muzeum Dom Rodzinny Jana Pawła II) 第2次世界大戦勃発のシンボル ヴェステルプラッテ(Westerplatte) ワルシャワ・ネオンミュージアム (Muzeum Neonów)

自動車博物館 (Muzeum Motoryzacji i Techniki)

ワルシャワから西へ車で30分ほどのところに、オトレンブスィ(Otrębusy)という町があります。ここにはポーランドでも珍しい、自動車博物館(Muzeum Motoryzacji i Techniki)があります。 ワルシャフスカ通り(ul.Warszawska)をずっとミラヌヴェック(Milanówek)方面へ進んでいき、突如左手に真っ赤な2階建てバスが現れたらそこはもう博物館。2階建てバスの横には、10年以上前にポーランド国内を走っていたイカルスと呼ばれるバスやスクールバスなどが立ち並んでいます。 さてこの博物館、博物館と呼ぶにはかなり規模も小さく、正直ガレージに自動車を詰め込んだだけという印象は否めません。しかし展示されているのは戦車からアメ車、イタリア車、日本ではほとんどお目にかかれないロシア車やはては旧東ドイツの乗用車ヴァルトブルグ(Wartburg)、社会主義時代のポーランドの乗用車シレンカ(Syrenka)やヴァルシャヴァ(Warszawa)まで何でもござれです。展示されている自動車はほぼ全てがクラシックカー。車好きの男性にはたまらないのではないでしょうか。客層もほとんどが家族連れやカップルで、男性はほぼ例外なく目を輝かせながらカメラのシャッターを押していました。 自動車の他にも自転車やバイク、(何故か)古いテレビやタイプライターまでもがぎっしりと陳列されていてなかなか面白いです。車によっては錆びていたり手入れが行き届いていないものもありますが、これだけ旧社会主義時代の自動車を見ることが出来る場所もそうそうないのではないでしょうか。 Muzeum Motoryzacji i Techniki ul. Warszawska 21, Otrębusy tel. 22 758 50 67 http://www.muzeum-motoryzacji.com.pl/   関連記事 / Related posts: 「ポーランドのユダヤ人歴史博物館」がヨーロピアン・ミュージアム・オブ・ザ・イヤー2016を受賞! ワルシャワ・ネオンミュージアム (Muzeum Neonów) ポーランドのユダヤ人歴史博物館 POLIN(Muzeum Historii Żydów Polskich POLIN) ヴィラヌフ宮殿博物館(Muzeum Pałacu Króla Jana III w Wilanowie) 鉄道博物館(Stacja Muzeum)

ヴィラヌフ宮殿博物館(Muzeum Pałacu Króla Jana III w Wilanowie)

ワルシャワのヴィラヌフ区(Wilanów)には立派な宮殿があります。 これは17世紀に当時のポーランド国王ヤン3世ソビェスキ(Jan III Sobieski)が夏の住居として建築したものです。19世紀になると、ヤン3世そしてのちの城主たちが集めた美術品・家具・中国陶器などが展覧されるようになり、宮殿も博物館となりました。 宮殿の中の部屋は、まるでまだ国王が住んでいるような印象です。 現在ヤン3世ソビェスキのヴィラヌフ宮殿博物館(Muzeum Pałacu Króla Jana III w Wilanowie)はワルシャワの有名な観光地の一つです。回りの美しい庭園は特に夏、多くの観光客や市民が散歩に訪れる人気スポットになります。 チケットは20PLN(宮殿の博物館)と5PLN(庭園)。   Muzeum Pałacu Króla Jana III w Wilanowie ul. Stanisława Kostki Potockiego 10/16 02-958 Warszawa wilanow-palac.pl 関連記事 / Related posts: 「ポーランドのユダヤ人歴史博物館」がヨーロピアン・ミュージアム・オブ・ザ・イヤー2016を受賞! ヨハネ・パウロ2世博物館 (Muzeum Dom Rodzinny Jana Pawła II) 自動車博物館 (Muzeum Motoryzacji i Techniki) ワルシャワ・ネオンミュージアム (Muzeum Neonów) ポーランドのユダヤ人歴史博物館 POLIN(Muzeum Historii Żydów Polskich POLIN)

鉄道博物館(Stacja Muzeum)

ワルシャワ中央駅から少し西へ行くと、Pl.Zawiszyという大きな交差点があります。その交差点を北へ進んだ左手に、鉄道博物館 (Stacja Muzeum)があります。ちょっとわかりにくいですが、”WARSZAWA GŁÓWNA”と入り口にあるのが目印です。 館内ではポーランドの鉄道の歴史を模型で見ることが出来ます。ポーランド語のほか、英語でも説明書きがあるのでポーランド語がわからない人でも大丈夫。そのほかにも歴代の乗務員の制服や駅時計、乗務員証や電話機などが展示されています。隅のほうにはPKP(ポーランド国鉄)の食堂車WARSの歴史を見ることの出来る展示室があり、WARSの歴史のほかにも食器の移り変わりを見ることが出来ておもしろいです。電車を運転するシュミレーションゲームもありますが、なぜか設定がPKPではなくJRの湘南新宿ラインになっていました。 外には本物の蒸気機関車や古い列車が並んでいますが、屋根がなく吹きさらしのためにところどころ錆びていたりちょっと状態が悪いものもありました。ここで見ておきたいのは軍用の装甲列車。戦車がそのまま電車になったといえば良いのでしょうか、砲塔もついていてなかなか迫力のあるものです。中に入ることは出来ませんが、覗くことは出来ます。中は狭くて、こんなところで戦っていた人たちがいたのかと思いました。 鉄道博物館という場所柄、来ていたのは家族連れがほとんどでしたが、ちらほらとカップルの姿も見ることが出来ました。大人も子供もみんな楽しそうでした。特に男性は童心に帰ってしまう場所ではないでしょうか? Stacja Muzeum ul.Towarowa 1 00-811 Warszawa 毎日営業、入場料:大人 12PLN,子供 6PLN(月曜入場無料) https://www.stacjamuzeum.pl/pl 関連記事 / Related posts: 「ポーランドのユダヤ人歴史博物館」がヨーロピアン・ミュージアム・オブ・ザ・イヤー2016を受賞! 自動車博物館 (Muzeum Motoryzacji i Techniki) ワルシャワ・ネオンミュージアム (Muzeum Neonów) ポーランドのユダヤ人歴史博物館 POLIN(Muzeum Historii Żydów Polskich POLIN) ワルシャワ博物館 (Muzeum Warszawy)

ポーランドのユダヤ人歴史博物館 POLIN(Muzeum Historii Żydów Polskich POLIN)

ポーランドのユダヤ人の歴史博物館(Muzeum Historii Żydów Polskich POLIN)は、ワルシャワでゲットーがあったムラヌフ(Muranów)地区、ゲットーの英雄達像(Pomnik Bohaterów Getta)のすぐ横にある巨大なガラス張りの建物で2014年の秋にオープンしました。博物館の名前であるPOLINとはヘブライ語でポーランドを意味するのだそうです。2016年には“European Museum of the Year”に選ばれました。 ここではポーランドでのユダヤ人たちの歴史が、10世紀から現代まで8つのテーマに分けられて紹介されています。タッチパネルなどのマルチメディアが駆使されているので、ただ見るだけではなく自分達で触って遊ぶこともできます。シナゴーグの内装を再現したものもあり、天井一面に描かれた鮮やかな模様はなかなか圧巻です。 常設展示(Wystawa Stała)の他にも期間限定の展示(Wystawa Czasowa)もありますが、常設展示を最初から最後まで回るだけでも最低2時間はかかるとのこと。じっくり見るつもりなら3時間は見ておいたほうがいいでしょう。また、年代に沿った歴史の説明表記があまりなく、ただ見ているだけでは何が何だかわからないことも多いので、初めて行く時はガイドを頼むか(公式サイトで事前予約)オーディオガイドを借りたほうが無難そうです。 ちなみに入場者の年齢制限はありませんが、ホロコーストがテーマの展示もあり、当時の資料写真なども展示されているため、12歳以下の子供の入場については親の判断にまかせる、ということになっているそうです。 Muzeum Historii Zydów Polskich POLIN ul.Anielewicza 6, 00-157 Warszawa 公式サイトはこちら(英語あり) 関連記事 / Related posts: 「ポーランドのユダヤ人歴史博物館」がヨーロピアン・ミュージアム・オブ・ザ・イヤー2016を受賞! ポーランドの博物館・美術館 石鹸と汚れの歴史博物館 (Muzeum Mydła i Historii Brudu) 自動車博物館 (Muzeum Motoryzacji i Techniki) ワルシャワ・ネオンミュージアム (Muzeum Neonów)