聖母の被昇天の祝日 (Święto Wniebowzięcie Najświętszej Maryi Panny) – ポーランドの祝祭日

8月15日は聖母の被昇天の祝日です。ポーランド語ではŚwięto Wniebowzięcie Najświętszej Maryi Panny(シフィエント・ヴ二エボヴジェンチェ・ナイシフィエンチシェイ・マリイ・パンヌィ)といいます。 これは1950年、ローマ法王ピオ12世によって定められたカトリックの聖日で、聖母マリアがその人生の終わりに肉体と霊魂を伴って天国にあげられたことを記念するものです。この日は全国の教会で盛大なミサが行われますが、なんと言っても有名なのは、チェンストホヴァ(Częstochowa)のヤスナ・グラ(Jasna Góra)修道院への巡礼でしょう。8月15日を目指し、ポーランド全土から多くの巡礼者たちが集まってきます。何百キロの道のりを10数日もかけて歩いてくるグループもいれば、自転車やローラースケートに乗ってくる人たちもいたりと様々です。ちなみにこの日は国民の祝日のため、会社や商店もお休みになります。 さて、実は8月15日にはもうひとつ祝日が制定されています。それはポーランド軍の祝日(Święto Wojska Polskiego – シフィエント・ヴォイスカ・ポルスキエゴ )。これは1920年、ポーランド・ソビエト戦争でのワルシャワの戦いでポーランド軍が勝利したことを記念するもので、1992年に正式に祝日として制定されました。この日、軍と関係のある教会ではミサが行われ、墓地では亡くなった軍人たちの名前が点呼される他、ワルシャワの無名戦士の墓の前では記念式典が行われ、ポーランド共和国大統領他、政府要人が多数出席します。 (写真はsodalicja.plのものです) 関連記事 / Related posts: 聖母の被昇天の祝日 / Wniebowzięcie Najswiętszej Maryi Panny 死者の日 (Dzień Zmarłych) – ポーランドの祝祭日 メーデー (Święto Pracy) – ポーランドの祝祭日 独立記念日 (Święto Niepodległości) – ポーランドの祝祭日 公現祭 (Święto Trzech Króli) – ポーランドの祝祭日

ポーランドの父の日(Dzień Ojca) – ポーランドの祝祭日

6月23日はポーランドの父の日です。ポーランド語ではDzień Ojca(ジェン・オイツァ)といいます。 もともとは1909年、アメリカ・ワシントン州にあるスポケーンという街に住んでいたソノラ・スマート・ドッドという女性が、男でひとつで自分を含めた6人の子どもを育ててくれた父親への敬意を表し、父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことが父の日が祝われるきっかけになったと言われています。最初の父の日の式典は1910年6月19日にスケポーンで行われました。 ポーランドで父の日が行われるようになったのは1965年。母の日と同じくカードを書いたり、電話をかけて日ごろの感謝の気持ちを伝えたりしますが、どうも母の日と比べると今イチ盛り上がりに欠ける祝日という印象は否めません。父親のためカードがよくシャツやネックタイの形をしています。 やはり母親に比べると、父親に気持ちを伝えるのは照れくさいと言うことなのでしょうか。せっかくの機会、たまには父親とじっくり話してみるのもいいかもしれないですね。 写真はkredkowo.pl, edziecko.plのものです。 関連記事 / Related posts: 男性の日 (Dzień Mężczyzn) – ポーランドの祝祭日 姑の日(Dzień Teściowej) – ポーランドの祝祭日 男の子の日 (Dzień Chłopaka) – ポーランドの祝祭日 死者の日 (Dzień Zmarłych) – ポーランドの祝祭日 女性の日 (Dzień Kobiet) – ポーランドの祝祭日

聖体の祝日(Boże Ciało) – ポーランドの祝祭日

Boże Ciało(ボジェ・チャウォ)は日本語で聖体の祝日もしくは聖体節と呼ばれるカトリックの祝日です。正式名称Uroczyctośc Najświętszego Ciała i Krwi Pańskiej(ウロチストシチ・ナイシフィエンチシェゴ・チャワ・イ・クフィ・パンスキェイ)というのだそうですが、日常的にはBoże Ciałoと呼ばれています。 カトリック教会のほかにも一部の英国国教会やルーテル教会、またリベラル・カトリック教会などでも祝われます。これは聖体に対する祝日であり、キリストの人生における出来事を記念して祝うものではありません。 ポーランドでは14世紀初頭、クラクフ司教区のNankier(ナンキェル)司教が導入したのが始まりだそうですが、15世紀初頭には国内全ての教会で祝われるようになったそうです。中世・ルネッサンス時代はポズナンにある聖体教会(Kościół Bożego Ciała)でのお祝いがとても盛大で有名だったのだとか。 この日は各地でprocesja(プロツェシア)とよばれる行列があります。これはその街の神父が先頭に立ち、その町のキリスト教に関係のある場所(十字架やキリスト像・聖母マリア像のあるところなど)をまわるものです。行列の途中、このために特別に設置された4箇所の祭壇にたちどまり、そこで聖書の一節が読まれます。白い服をまとった子供たちが花びらを撒いたりと、なかなかにぎやかな光景です。 この聖体の祝日は移動祝日で、毎年三位一体の祝日の後の木曜日に祝われています。2020年は6月11日に当たります。また、国によってはその3日後の日曜日に祝うところもあります。伝統的にカトリック教国である国では国民の祝日です。もちろんポーランドもこの日は学校も会社も、お店なども全部お休みになります。   (写真はwww.poland.gov.plのものです) 関連記事 / Related posts: イースター(ポーランドの祝祭日) 死者の日 (Dzień Zmarłych) – ポーランドの祝祭日 ポピエレツ (Popielec) – ポーランドの祝祭日 ヴィエルキ・ポスト(Wielki Post) – ポーランドの祝祭日 聖金曜日(Wielki Piątek) – ポーランドの祝祭日

こどもの日 (Dzień Dziecka) – ポーランドの祝祭日

ポーランドのこどもの日は6月1日です。ロシアやチェコ・スロバキア・ウクライナ・ブルガリア・ルーマニアなどの旧社会主義国でもやはりこの日がこどもの日として祝われているそうです。 子供の日が平日の場合、学校は授業をお休みにします。そのかわりよく開催されるのがスポーツ大会で、成績のいい人は賞品がもらえます。天気が良ければ公園や移動遊園地に行って遊ぶこともあるんだとか。 おうちではもちろんプレゼントが待っています。ほとんどがお菓子やおもちゃ、本などですが、中学生くらいになるとプレゼントもお小遣いに姿を変えることが多くなるのだそうです。 またこの日は年に一度の「こども国会(Sejm Dzieci i Młodzieży – セイム・ジェチ・イ・ムウォジェジィ)」の日でもあります。これは1994年から行われているもので、全国16県から集まった460人の中学生・高校生たちがワルシャワの国会議事堂に集まり、様々な議題について話し合いが行われます。このこども国会、フランスやイギリス・ポルトガルなどでも行われているのですが、ヨーロッパで一番最初に実現させたのは実はポーランドなんです。 ちなみにポーランドのこども達は、この日の他にもクリスマス・誕生日・イスターに必ずプレゼントを貰えます。日本のこどもからするととてもうらやましい習慣ですが、ポーランドの親御さんたちは大変だろうなとも思います。 写真mlodyelblag.plはのものです。 関連記事 / Related posts: Dzień Dziecka (Kodomo no Hi こどもの日) 教師の日 (Dzień Nauczyciela) – ポーランドの祝祭日 祖父の日(Dzień Dziadka) – ポーランドの祝祭日 男性の日 (Dzień Mężczyzn) – ポーランドの祝祭日 姑の日(Dzień Teściowej) – ポーランドの祝祭日

ポーランドの母の日(Dzień Matki) – ポーランドの祝祭日

5月26日はポーランドの母の日です。ポーランド語ではDzień Matki(ジェン・マトキ)と言います。 この日は日本と同じように、母親に日ごろの感謝の気持ちを伝えます。幼稚園や小学校では母親のために子供達がカードを書いたり工作をしてプレゼントを作ります。お母さん達の前で子どもたちが歌を歌ったり踊ったりすることもあります。 そのほかにはお花やチョコレートなどちょっとしたものをプレゼントするのが一般的です。日本では母の日といえばカーネーションと決まっていますが、こちらでは特にそのような決まりはありません。母親に会える距離に住んでいる人は、ほとんどの場合この日は実家に帰って直接母親にプレゼントを渡しますが、離れて暮らしている場合は電話で感謝の気持ちを伝えます。 ちなみに6月1日はこどもの日、6月23日は父の日です! (写真はmaslow.info.plのものです) 関連記事 / Related posts: 男性の日 (Dzień Mężczyzn) – ポーランドの祝祭日 祖父の日(Dzień Dziadka) – ポーランドの祝祭日 女性の日 (Dzień Kobiet) – ポーランドの祝祭日 姑の日(Dzień Teściowej) – ポーランドの祝祭日 男の子の日 (Dzień Chłopaka) – ポーランドの祝祭日

ポーランドの憲法記念日(5月3日)

偶然にも日本と同じく、5月3日はポーランドの憲法記念日です。ポーランド語ではŚwięto Narodowe Trzeciego Maja(シフィエント・ナロドヴェ・チシェチェゴ・マヤ)と言います。 1791年スタニスワフ2世王が成文憲法案を議会に提出し、それが5月3日に議会で採択されました。これは成文国民憲法としてはヨーロッパで初のものであり、世界ではアメリカについで2番目です。 しかしこの祝日もこの1年後の1792年にポーランド・ロシア戦争が起こり、その直後第2時ポーランド分割、1795年の第3時ポーランド分割のあと1918年にポーランドが独立してポーランド共和国となるまで、祝うことは出来ませんでした。1919年の4月24日、5月3日のこの祝日は議会で正式に国民の祝日と決定されました。第2次世界大戦後は1946年まで祝われていましたが、各都市で学生によるデモが行われていたために、その後社会主義政府によってこの日にマニフェストや集会を行うことが禁止されてしまいました。 しかし1981年、戦後初めて政府はこの日に記念式典を開催。その後1990年4月6日に再び国民の祝日と認定されました。同年の5月3日の記念式典はワルシャワの王宮広場で行われ、ヤルゼルスキ大統領(当時)が出席しました。 現在でもこの日には各地でパレードなど、様々なイベントが行われています。 関連記事 / Related posts: ポーランドの祝日一覧 聖木曜日(Wielki Czwartek) – ポーランドの祝祭日 聖母の被昇天の祝日 (Święto Wniebowzięcie Najświętszej Maryi Panny) – ポーランドの祝祭日 ポーランドの祝日 ポーランドのバレンタイン – ポーランドの祝祭日

メーデー (Święto Pracy) – ポーランドの祝祭日

5月1日はメーデー、ポーランド語でŚwięto Pracy(シフィエント・プラツィ-労働の日)と言います。 この5月1日のメーデーは世界各地で祝われているものです。もともとは、1886年5月1日にシカゴで労働者達が8時間労働制要求ストライキを行ったのが起源で、それを記念して1890年から祝われているのだそうです。ポーランドでの最初のメーデーはやはり1890年、 社会革命党(Socjalno-Rewolucyjnej Partii Proletariat)が主催したものだったそうです。 社会主義時代のポーランドではメーデーは盛大に祝われていました。というのも、この日は政府が社会主義のプロパガンダを行う絶好の機会だったからです。あちこちで盛大なパレードが行われましたが、これは国民の参加が義務付けられていました。 民主化になってからのポーランドではメーデーは昔ほど祝われることもなくなりましたが、国民の休日として国旗が掲げられます。翌日の5月2日は国旗の日、5月3日は憲法記念日です。 ちなみにポーランドは2004年5月1日欧州連合(EU)に加盟しているため、5月1日はメーデーだけではなく、EU加盟記念日としても祝われています。 (イラストはeska.pl, info.elblag.pl, gazeta.plのものです) 関連記事 / Related posts: 水かけ月曜日 (Lany Poniedziałek) – ポーランドの祝祭日 ポーランドの母の日(Dzień Matki) – ポーランドの祝祭日 独立記念日 (Święto Niepodległości) – ポーランドの祝祭日 公現祭 (Święto Trzech Króli) – ポーランドの祝祭日 聖母の被昇天の祝日 (Święto Wniebowzięcie Najświętszej Maryi Panny) – ポーランドの祝祭日

水かけ月曜日 (Lany Poniedziałek) – ポーランドの祝祭日

イースター翌日の月曜日はPoniedziałek wielkanocny(ポニエジャウェック・ヴィエルカノツヌィ)、別名Lany Poniedziałek(ラヌィ・ポニエジャウック‐水かけ月曜日)です。Śmigus-dyngus(シミグス・ディングス)とも呼ばれるこの日はその別名からもわかるように、水を掛け合う日なのです。 これはもともとこの日に男性が女性に水をかけていた習慣からきているもので、たくさん水をかけられた女性は早くお嫁にいける、と言われていました。現在では男性女性の区別なく水をかけ合っています。水かけも、水鉄砲のようなかわいいものからバケツの水をぶちまけるようなものまで様々。家族・友人はもちろんのこと、全く知らない人も水をかけてくるので、この日の外出は注意が必要です! ちなみにこの日は祝日のため、学校や会社、商店などもお休みになります。 (写真はwiadomosci.gazeta.plのものです) 関連記事 / Related posts: 聖木曜日(Wielki Czwartek) – ポーランドの祝祭日 祖父の日(Dzień Dziadka) – ポーランドの祝祭日 聖金曜日(Wielki Piątek) – ポーランドの祝祭日 ポーランドの大晦日 (Sylwester) – ポーランドの祝祭日 ポピエレツ (Popielec) – ポーランドの祝祭日

イースター(ポーランドの祝祭日)

ポーランドのカトリック信者の間では最も大切な祝日のひとつであるイースター(ポーランド語ではWielkanoc – ヴィエルカノツ)。毎年春分の日のあとの最初の満月の次の日曜日のことで、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが3日目に復活したことを記念してお祝いする日です。 イースター当日の日曜日は、早朝に教会のミサに行ってキリストの復活を祝った後、まずは前日教会で清めてもらったバスケットの中身を家族の人数分にわけたものを食べて朝ごはんが始まります。この日に食べられるのは何と言っても卵。ゆで卵を半分に切ってマヨネーズをかけたものやスタッフドエッグなど、とにかく卵を食べます。そしてバルシチ・ビアウィ(Barszcz biały)というジュレックに似たスープ、白ソーセージ、ハムやサラダ・ホースラディッシュなどが並びます。デザートにはマズレック(Mazurek)やバプカ(Babka)などのケーキが食べられます。 イースターの日曜日と翌日の月曜日は国民の休日です。お店はほとんど閉まっている(土曜から閉まるところもあります)ので、お買い物はその前に済ませておくことを忘れずに! (写真はstudio.wp.plのものです) 関連記事 / Related posts: オスタトキ(Ostatki) – ポーランドの祝祭日 ポーランドのクリスマス – ポーランドの祝祭日 脂の木曜日(Tłusty Czwartek) – ポーランドの祝祭日 ヴィエルキ・ポスト(Wielki Post) – ポーランドの祝祭日 聖金曜日(Wielki Piątek) – ポーランドの祝祭日

聖土曜日(Wielka Sobota) – ポーランドの祝祭日

イースター前日の土曜日は聖土曜日、ポーランド語でWielka Sobota(ヴィエルカ・ソボタ)といいます。 この日は十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストを追悼する日です。この日は前日の聖金曜日と同じくミサは行われませんが、信者はイースターのために用意したświęconka(シフィエンツォンカ)というものを持って教会に行きます。このシフィエンツォンカはちいさな籠の中に、キリストの復活を意味する砂糖細工の羊、死との勝利を意味する卵、キリストの体を意味するパン、真実と清廉を意味する塩、肉体の力を意味する西洋わさび、家族の繁栄を象徴するハムやソーセージ、財産や知識を意味するケーキ(手作りであることが重要)などが入っています。これを教会へ持って行き、聖水をかけて祝福してもらい、家に帰ります。祝福してもらったシフィエンツォンカはイースター当日の朝食となります。 (写真はpl.wikipedia.orgのものです) 関連記事 / Related posts: ヨーロッパの日(Dzień Europy) – ポーランドの祝祭日 ポピエレツ (Popielec) – ポーランドの祝祭日 ヴィエルキ・ポスト(Wielki Post) – ポーランドの祝祭日 聖金曜日(Wielki Piątek) – ポーランドの祝祭日 聖木曜日(Wielki Czwartek) – ポーランドの祝祭日

ビィアワ・キェウバサ (Biała Kiełbasa)

ビィアワ・キェウバサ (Biała kiełbasa)はポーランドのソーセージのひとつで、日本語に約すと「白ソーセージ」です。これは豚肉の小腸に粗く挽いた豚肉とニンニク・マジョラム・塩胡椒などの香辛料を混ぜたものを詰めたもので、普通のソーセージとは違って生のまま、もしくは茹でた状態で売られています。牛肉を混ぜることもあるそうです。ドイツのヴァイスヴルストというソーセージとよく似ていますが、あちらは仔牛肉と豚肉で作られています。 このビィアワ・キェウバサは茹でて、またはオーブンで焼いて調理します。このソーセージを加えたバルシチ・ビアウィ(Barszcz biały)というスープはイースターの食卓には欠かせないものです。 また、”Biała kiełbasa pieczona w piwie”という料理があります。これはその名の通りビィアワ・キェウバサにビールをかけて焼いたものです。作り方は、まずスライスした玉ねぎを透明になるまで炒めたらそれを耐熱容器にしき、その上に爪楊枝でところどころ刺して穴を開けておいたビィアワ・キェウバサを並べます。そこにビールをかけてから、蜂蜜とマスタードを混ぜたものをビィアワ・キェウバサに塗り、180度のオーブンで30-40分ほど焼いて出来上がりです。 (写真はwiniary.pl, garnek.plのものです) 関連記事 / Related posts: イースター(ポーランドの祝祭日) サワトカ・ヤジノヴァ(sałatka jarzynowa) マズレック (Mazurek) マコヴィエツ(Makowiec) オプワテック (Opłatek)

ポーランドの祝日一覧

ポーランドの祝日を一覧にしてみました。キリスト教国であるため、やはり祝日もキリスト教にちなんだものが多く見受けられます。 国民の祝日(学校・会社等が休みになる日) 1月1日 Nowy Rok 元旦 1月6日 Święto Trzech Króli 公現祭 4月12日 (2020年) Wielkanoc 復活祭 4月13日 (2020年) Poniedziałek Wielkanocny 復活最後の月曜日 5月1日 Międzynarodowe Święto Pracy メーデー 5月3日 Święto Narodowe Trzeciego Maja 憲法記念日 5月‐6月 Pierwszy Dzień Zielonych Świątek 精霊降臨祭 5月‐6月 Boże Ciało 聖体の祝日 8月15日 Wniebowzięcie Najświętszej Panny Marii /Święto Wojska Polskiego 聖母の被昇天の祝日 /ポーランド軍の日 11月1日 Wszystkich Świętych 諸聖人の祝日 11月11日 Narodowe Święto Niepodległości 独立記念日 12月25日 Boże Narodzenie クリスマス 11月26日 Drugi dzień Świąt Bożego Narodzenia クリスマス2日目 復活祭は移動祝日で、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に祝われます。その翌日が復活祭後の月曜日です。聖霊降臨祭は復活祭から50日目、聖体の祝日は60日目になります。 その他、休日にはなりませんがこのような祝日もあります。 1月21日 Dzień Babci 祖母の日 1月22日 Dzień Dziadka 祖父の日 2月14日 Walentynki バレンタインデー 2月20 日 (2020年) Tłusty Czwartek 脂の木曜日 3月8日 Międzynarodowy Dzień Kobiet 国際女性デー 3月10日 Dzień Mężczyzn 男性の日 4月1日 Prima Aprilis エイプリルフール 4月22日 Międzynarodowy Dzień Ziemi アースデイ、地球の日 5月2日 Dzień […]