ポーランドの犬事情

 
ポーランド人は犬が大好き。チワワのような小型犬からジャーマンシェパードのような大型犬まで、町ではありとあらゆる種類のワンちゃんを見ることができるといっても過言ではありません。ほとんどのワンちゃんたちはきちんとしつけられており、ノーリードのお散歩中であっても、飼い主の横をお行儀よく歩いています。

人気のある犬種はジャーマンシェパード・ラブラドールレトリバー・ヨークシャーテリアそしてダックスフントなんだそうです。子供と相性の良いジャーマンシェパードやラブラドールは若いカップや家族連れに、小さくて場所も散歩時間もあまりとらないヨークシャーテリアやダックスフントは、一人暮らしの若い女性や老人に好んで飼われています。そう言えば確かに、おばあちゃん達がヨークシャーテリアや(ちょっと太目の)ダックスフントを連れてお散歩している姿をよく見かけます。その他にも最近人気があるのはジャックラッセルテリアやコーギー、パグなどで、柴犬や秋田犬の姿もちらほら見るようになって来ました。

ポーランドには基本的にペットショップというものは存在しません。ブリーダーから直接購入したり、里親を募集しているワンちゃんをもらってくることがほとんどです。また、犬好きが多いにも関わらず、残念ながら捨て犬も多いのがポーランドの悲しい現状。そのため保護施設はいつも犬達でいっぱいです。ですからブリーダーから購入するのではなく、あえて保護施設の犬を引き取る人もたくさんいます。

ワンちゃんとの生活で日本と大きく違うのは、バス・トラム・地下鉄などの公共交通機関に一緒に乗れること。どこにでも愛犬と出掛けることができるのでこれは本当に便利。ワンちゃん料金はありませんが、乗客ひとりにつき犬は1匹まで。必ずリードとマズルカバーをつけることが規則になっていますが、大型犬以外はリードしかつけていないことがほとんどです。タクシーにも乗れますが、必ず予約するときに犬が一緒に乗ることと、ワンちゃんの大きさを伝えておきましょう。タクシーに乗せるときは、ワンちゃんには座席の下に座らせてください。チワワなどの小型犬であれば膝の上に乗せておいても大丈夫なようです。座席を汚さないように気をつけましょう。

ワルシャワではワンちゃん同伴で入れるカフェやレストランも増えて来ました。夏場はオープンカフェならわりとどこでも入れるようです。ワンちゃん用メニューがあるお店もあるとか。お散歩のついでにちょっとカフェで一息、なんてことがしやすくなるのでいいですね。

気をつけたいのは、ポーランドでは原則的に児童公園には犬は入れません。あと言うまでもありませんが、糞はちゃんと拾ってごみ箱に捨てましょう。

 

里親を募集している保護施設:

Schronisko “Na Paluchu”

ul Paluch 2, 02-147 Warszawa,

tel/ 22 846 02 36   e-mail: info@paluch.org.pl

http://www.paluch.org.pl/ (ポーランド語のみ)

 

Fundacja Azylu pod Psim Aniołem

ul. Kosodrzewiny 7/9, 04-979 Warszawa

tel/ 22 615 20 15  e-mail: biuro@psianiol.org.pl

http://www.psianiol.org.pl/ (ポーランド語のみ)

 

ワルシャワの24時間営業の動物病院:

24h Leczenia Weterynaryjna

ul. Kulczyńskiego 8 a (Ursynów)

tel. 022 644 06 80

 

Całodobowa klinika weterynaryjna “Puławska”

ul. Puławska 509 (Ursynów)

tel. 22 822 09 09

 

Całodobowa Leczenia Weterynaryjna Wila Wet

ul. Kosiarzy 37/70 (Wilanów)

tel. 022 642 77 55

 

Klinika Weterynaryjna Pogotowie Weterynaryne Vets

ul. Książęca 3 (Śródmieście)

tel. 022 622 55 22