ショパンゆかりの場所 ワルシャワ・その1

ポーランドが誇る大作曲家ショパン。彼はワルシャワ近郊のジェラゾヴァ・ヴォラという村で生まれましたが、その後家族と共にワルシャワへ移り住み、20歳でポーランドをあとにするまでをこの街で過ごしました。今回はワルシャワにあるショパンゆかりの場所をご紹介します!

Chopin-Lazienkiワジェンキ公園にあるショパンの銅像 ショパンが何故ピアノの詩人と称されているかと言うと、ショパンの作曲した作品のほとんどがピアノのためのものであるからだ。彼はピアノの黒鍵を活用しピアノの音色に独特の味をもたせたといわれている。ショパンの後ろにあるのはしだれ柳だが、これは彼が生まれたマゾフシェ地方を表しているという話。
UMFCフレデリック・ショパン音楽大学 多くの著名なピアニストを輩出したこのショパン音楽大学ではポーランド人だけではなく、世界各国から来た生徒達が勉強している。日本からも毎年留学生が来ており、練習に励んでいる。建物の中にはショパンの銅像などもある。
Pomnik Chopinaショパン音楽大学内のショパン像 ショパンアカデミーの正面入り口を入るとこのショパンの銅像が出迎えてくれる。入り口には警備員がいるが、もし止められたら見学したいだけだとはっきり言えば問題なし。ちなみに中庭にもひとつショパンの銅像がある。
muzeum chopinaオストログスキ宮殿 中はショパン博物館になっている。2010年の国際ショパン年に改築され、最新の技術を駆使したモダンな博物館となった。向かい側にあるガラス張りの建物は国立ショパン協会。
telimenaカフェ  よくショパンが通っていた喫茶店。当時はCafe Brzezińskaという名前だったらしいが、現在はチェーン系のカフェになってしまった。
kosciol-wizytekヴィジトキ教会   ショパンが高校生のとき、学生ミサでオルガンを弾いていた教会。オルガンのパイプのうちのいくつかは当時のものが残っているという。

Leave Your Comments

Your email address will not be published. Required fields are marked *