ワルシャワ中央駅

 
ワルシャワ中央駅
この直方体の形をした建物がワルシャワ中央駅この駅の目の前には文化科学宮殿が高々とそびえ立っている.

 

まずは自分の乗車したい電車の出発時刻を調べよう
PKPでは電話でのチケット予約サービスを行っているのでその際に電車の出発時刻も問い合わせよう。またインターネット(http://www.pkp.com.pl)でのチケット予約も行っているので、全ての電車の時刻表も検索できる。しかし、ポーランド語に自信がない人は上の写真のタイムテーブルが駅のあちこちに貼ってあるので自分で調べよう。白色のタイムテーブルは電車の到着時刻表なので間違えないように。

 

1階ホールの隅にあるインホメーションセンター
もし時刻表を調べてみても自分の乗車したい電車が見つからない場合や、その他に色々調べたい事があったら気軽にこのインホメーションセンターをたずねよう。

 

1階チケット売り場ホール
さて、自分の乗車したい電車が分かったら、次はもちろんチケットを購入しなければならない。この写真は1階ホールにある国内路線のチケット売り場。窓口上方にも電車の時刻表が簡単に表示されている。窓口はたくさんあるが週末、祝日などは殆どのポーランド人が実家に帰省するので混雑している日も多い。なおポーランドではインターシティなどの主要電車はチケット購入だけでなく座席の予約も必要なので注意しよう.

 

国際路線チケット売り場
さて、国際路線のチケットを購入する場合には、この写真の国際窓口に行かなければならない。国際路線チケット売り場は、1階ホールのインホメーションセンターの脇にある階段を上っていくとある。この窓口は比較的にいつもすいている。なお、電話などでチケットを予約した場合、この窓口でチケットを受け取れる。

 

各国語での表示 
余談だが国際切符売り場ではロシア語、ドイツ語、英語などの掲示板もあり、インターナショナルエキスプレスが運行する際にも様々な言語でアナウンスがある。

 

さあ出発!
チケットと座席予約券を受け取ったら、先程の黄色のタイムテーブルか電光時刻掲示板で自分の電車の出発ホームを調べて、あとは電車を待ち、乗車するだけ。なお、ポーランド語ではホームをperon(ペロン)という。さらに、ポーランドでは1等席はひとつのコンパーメントに席が6つ、2等席は席が8つある。

 

(写真はigol.plのものです)

 

Leave Your Comments

Your email address will not be published. Required fields are marked *