“ショパンと彼のヨーロッパ”国際音楽祭(Międzynarodowy festiwal muzyczny “Chopin i jego Europa”)

毎年8月後半、ワルシャワでは“ショパンと彼のヨーロッパ”国際音楽祭(Międzynarodowy festiwal muzyczny “Chopin i jego Europa” – ミエンジナロドヴィ・フェスティヴァル・ムジチヌィ“ショパン・イ・イェゴ・エウロパ”)が開催されます。

これは2005年より毎年開かれているもので、ショパンという名前は付いているものの演目はショパンだけではありません。ジャンルも古典から現代音楽までさまざまで、ショパンに影響を与えた、そしてショパンに影響されたヨーロッパの作曲家の作品が演奏されます。また曲目もピアノ曲だけではなく交響曲や歌曲、ジャズまでと幅広いです。

出演陣も超豪華。将来を期待される若手から大ベテランまで、世界中からさまざまなアーティストが集まります。10回目の開催となる2014年の目玉は世界的大スターのマルタ・アルゲリッチ、ダン・タイ・ソン、2010年ショパンコンクール第1位のユリアンナ・アヴデーエヴァや、世界的なポーランド人ピアニストのヤヌシュ・オレイニチャクなどでしょうか。ジャズではポーランドの著名なトランペット奏者のトマシュ・スタンコそしてジャズトリオで有名なマルチン・ヴァシリエフスキも出演予定です。また演奏にはスタインウェイ社やヤマハ社、ベーゼンドルファー社のピアノだけではなく、1838年・1849年製のエラール社のもの、そして1848年・1858年製のプレイエル社のものも使用されるそうです。

ちなみにこの音楽祭、ポーランド国営第2ラジオ(Dwójka)で生中継されるため、インターネットで聴くことが可能です。残念ながらすべてのプログラムを中継するわけではないのだそうですが、ワルシャワにいなくても素晴らしい演奏をそのまま聴けるのはとても嬉しいですね。

音楽祭の詳しいプログラム・出演者については公式ページを、生中継のスケジュールについてはポーランド国営放送公式ページをご覧下さい。