ポーランドの交通法規と罰則

 

ポーランドの交通法規は、日本と比べても特に変わったものはありません。標識などもほぼ同じです。それでも安全に運転するためには諸所の知識を再確認しておくにこしたことはありません。以下は2013年10月現在のものです。

制限速度
基本的に市街地は50km/h、深夜(23時~05時)は60km/hとなります。
また、住宅街は20km/hですが、大きなバンプ(凸舗装)が設置されている箇所があるので注意が必要です。
郊外の一般道は90km/h(片側1車線)か100km/h(片側2車線)、自動車道は100km/h(片側1車線)か120km/h(片側2車線)、高速道路は140km/hとなります。

「走行している車は365日24時間、ライトを点灯しなければならない」
以前は冬季のみでしたが、現在は1年中ですので注意してください。信号待ちで他の運転手から何か言われたり、前方の車からパッシングされる場合、ライトが点灯されていないのを教えてくれていることが多いようです。違反すれば罰金を科せられます。

「ロータリーではロータリー内に入っている車が優先される」
ロータリーには信号機がない場合がほとんどです。この場合、先にロータリーに入っている車が優先されるので一時停止しなくてはなりません。自身がロータリーに入れば、その後にロータリーに進入しようとする車は止まらなくてはなりません。一方、ロータリーを出る時は右折ウィンカーを出さなければなりませんが、優先権は外側(右側)にいる車にあります。自分の右側にいる車も右折する場合は何の問題もありませんが、直進しようとする場合には注意が必要です。

「交差点で信号機の表示が赤でも、安全が確認できれば右折できる?」
これは旧法で現在はできません。ただし、信号本体は赤でも、下の→が青に点灯している場合は可能です。年配の運転手は未だに合法と勘違いしていて右折してしまう人もいるので注意してください。また、信号待ちで右車線に停車中、→が青になると右折したい後続車がクラクションを鳴らすことがありますが、当然ながら優先権はありませんので、無理に車線変更する必要はありません。

「片道1車線の一般道などでは、遅い車は右の路肩部分を走行しなければならない?」
郊外に行くと良く見る光景ですが、片道1車線しかない道路では、トラックなどの追い越しが困難なことから、追い越される側が右の路肩部分にはみ出し、後続車を追い抜かせることがあります。追い抜く側は対向車を気にしなくて良いので楽ですが、この路肩部分は実は歩道です。前方に歩行者がいれば当然車道に戻らなければならないので、追い抜こうとしている車は対向車と正面衝突する可能性があり大変危険です。

Fotoradar- nowyKontrola drogowa 3

罰則
ポーランドでは日本と同様、点数制度と罰金制度が併用されています。点数は24点からの減点式で、点数は1年で復活します。つまり1年間違反がなければ、点数は24点に戻ります。仮に24点に達した場合でも28時間(4日間)の講習を受ければ運転免許は失効しません。ただしその後5年間に再度24点に達した場合は、免許取消となります。2013年1月以前は、1日間、任意で講習を受けると6点分を帳消しにすることができましたが、現在この制度はありません。主な罰則は以下のような減点と罰金になります。

違反名減点数罰金
必要書類の不携帯050PLN(1書類)
車でスキーやソリに乗った人を牽引する520-50PLN
携帯電話の使用(専用装備があるものは除く)5200PLN
チャイルドシートの未装備6150PLN
自転車に優先権を譲らなかった時6300PLN
スピード超過(6km-10km)050PLN
スピード超過(11km-20km)2100-200PLN
スピード超過(21km-30km)4200-300PLN
スピード超過(31km-40km)6300-400PLN
スピード超過(41km-50km)8400-500PLN
スピード超過(51km以上)10500PLN
酒気帯び運転(呼気0.10-0.25mg)105000PLN以下 6ヶ月~3年の免許停止
飲酒運転(呼気0.25mg以上)102年以下の懲役 1年~10年間免許再取得不可

 

飲酒運転に関しては別途加筆しますが、刑法の適用になるので減点数などは交通法上のものに過ぎません。罰金や量刑は全て裁判所の判断となりますが、併せて事故を起こしている場合はその損害規模により量刑が加算されます。人身事故では15年以下の懲役となることもあります。ポーランド国内に限らず、絶対に飲酒運転はしないでください。

スピード違反に関しては、近年オービスなどの自動取締機による摘発が増えています。一般道などでは90km/hから50km/hになる箇所では、オービスから逃れるために急ブレーキをかける光景が多々見られます。車間距離を開けて安全運転を心掛けましょう!

参照:ポーランド道路交通法、警察庁ホームページ