ポーランドの自然

 

ポーランドは美しい自然で有名な国でもあります。今回はポーランドの自然における「国内一」をご紹介します。

最も長い川ヴィスワ(Wisła)川。1047キロメートルの長さを誇る。
最も高い山リスィ(Rysy)山。標高2499メートル。
最も大きい湖マズーリ地方にあるシニャルドヴィ(Śniardwy)湖。長さ221キロメートル、幅13.4キロメートルで広さは11万383ヘクタール。
最も深い湖ポドラスキェ県にあるハンチャ(Hańcza)湖。深さは106.1メートル。
最も大きな島ザホドニォポモルスキェ県にある、ヴォリンスキ国立公園の中にあるヴォリン(Wolin)島で、総面積265平方キロメートル。
最も長い半島ポモルスキェ県にあるヘル(Hel)半島。長さ34キロメートル、幅は150メートルから3キロメートルまでになる。
最も大きい砂漠シロンスキ県にあるブウェンドフスカ砂漠(Pustynia Błedokowska)で、総面積32平方キロメートル、砂の層は最も厚いところで40メートルにもなる。
最も大きい洞窟タトラ山脈にあるヴィエルカ・シニェジュナ(Wielka Śnieżna)洞窟。ポーランドで最も深い洞窟でもあり、長さ22キロメートル、高低差は824メートルにもなる。
最も気温の高い場所タルヌフにあるサングシュキ王子公園のなかにある丘の上。この場所のここ30年間の平均気温は8.7度。
最も気温の低い場所ポーランドの北東部に位置するスヴァウキ(Swałki)市周辺。厳しい寒さが毎年4ヶ月以上も続くため、「ポーランドの寒極」と呼ばれることもある。