公現祭 (Święto Trzech Króli) – ポーランドの祝祭日

1月6日は公現祭です。ポーランド語ではObjawienie Pańskie(オブヤヴィエニェ・パィンスキェ)といいますが、ポーランドでは一般的にはŚwięto Trzech Króli(シフィエント・チシェフ・クルリ)と言われています。

元は東方教会の祭りで、主の洗礼を記念するものでした。4世紀に西方教会に伝わって在の公現祭となりましたが、西方教会では主の洗礼の意味が失われ、幼子イエスへの東方の三博士の訪問と礼拝が記念の中心となり、救い主であるイエス・キリストの顕現を祝う日となりました。

ポーランドでは1960年まで国民の祝日でしたが、その後社会主義政権の方針により休日ではなくなりました。2010年10月、国会で労働法の改変の際にまた国民の祝日として休日になるように決定され、2011年1月6日より実行されています。