セルニック(Sernik)

セルニック(Sernik)はポーランド語でチーズケーキのことです。甘いものをよく食べるポーランドではケーキの数も豊富ですが、その中でもチーズケーキは特にポピュラーです。

最近ではレアチーズケーキ(Sernik na zimno – セルニック・ナ・ジムノ)なども売られるようになって来ましたが、伝統的なポーランドのチーズケーキはベークドチーズケーキです。ほとんどの場合角型で、上が格子模様で飾られているものもよくあります。

このチーズケーキの主な材料となるのはTwaróg(トファルグ)という白チーズで、日本のクリームチーズとは違って固めでほろほろしているので、まずは挽いてから使います。それに卵や砂糖、バター、片栗粉、Kasza manna(カシャ・マンナ)と呼ばれる荒く挽いた小麦やバニラエッセンスを加えて焼きます。レーズンやオレンジピールを加えることもあります。

出来上がりはどっしりとしていて、少しの量でもかなりのボリュームです。レストランのデザートメニューにも必ず載っています。チョコレートソースや生クリームを添えて召し上がれ!

(写真はwww.mojewypieki.plのものです)