ポーランドでのワーキングホリデー

「ワーキング・ホリデー」とは、二国間の協定に基づいて異なる文化の国での生活を楽しみながら、滞在中の費用を補うために一定の労働を認める制度のことを指します。つまり、観光するだけではなく、その国の言葉を勉強しながらアルバイトも出来るということです。2015年にポーランドと日本の間でワーキングホリデーに関する協定が結ばれたため、ポーランドに「ワーキングホリデー」で滞在することが可能になりました。

ポーランドでの「ワーキングホリデー」査証(ビザ)を申請する資格があるのは満18歳以上で満30歳の誕生日を迎える前日(申請時)の年齢の、日本に居住している人です。またポーランド滞在当初の滞在費として2000USドルを所持していること、過去にポーランドの「ワーキングホリデー」ビザを取得したことがないこと、そして健康保険に加入する意思があることも必要です。

「ワーキング・ホリデー」査証(ビザ)があれば、ポーランドで労働許可(Zezwolenie na pracę)を取得する義務はありません。

それでは「ワーキング・ホリデー」ビザを取得するためには何が必要なのでしょうか?

・日本国旅券(残存有効期間が少なくとも 1年3ヶ月以上あり、見開き2ページ以上未使用であること)
・査証申請書(3,5×4,5 cmの6ヶ月以内に撮影された写真1枚を添える)
・ワーキング・ホリデー制度利用に際しての動機作文(A4用紙1枚、書式自由、日本語・英語・ポーランド語のうちいずれかの言語で作成する)
・購入済みの往復航空券、旅行会社あるいは航空会社発行の往復航空券予約確認書、航空券を購入するのに十分な資金を有する証明書類のうちいずれか一つ
・直近3ヶ月の預金高を証明する書類
・預金口座通帳(確認用)とその写し(提出用)もしくは銀行からの預金残高証明書
・滞在計画書(日本語・英語・ポーランド語のうちいずれかの言語で作成する)
・滞在の当初の期間をカバーする海外旅行保険加入証明書、およびその後の任意健康保険への加入もしくは海外旅行保険の期間延長の意志を表明した署名入りの宣誓書(事前に滞在全期間をカバーする保険に加入した場合は必要なし。)

すべての書類が揃ったら、駐日ポーランド大使館のウェブサイトで書類の申請日を予約します(インターネットでの申請はできません)。大使館での申請は本人がする必要があります。詳細は駐日ポーランド共和国大使館ウェブサイトをご参照ください。

駐日ポーランド大使館の領事であるドミニカ・ジョルダーノさんによると、ポーランドへのワーキングホリデービザを取得した日本人の数はまだまだとても少ないそうです。ドミニカさんはもっと日本人にポーランドのことを知ってほしい、ぜひ一度訪れてみてほしいと言っていました。西ヨーロッパの国々に比べれば日本人にはなじみの薄い国ではありますが、昔に比べて英語も通じやすくなったこともあり、かなり住みやすくなったと思います。せっかくのチャンス、あなたも一度ポーランドに来てみませんか?