ミゼリア (Mizeria)

ミゼリア (Mizeria)はポーランドのサラダの一種で、主に肉とじゃがいもの付けあわせとして出されるものです。主な材料はきゅうりとクリーム(śmietana)で、一般家庭やミルクバーではおなじみですが、レストランではあまりお目にかかりません。

作り方はとても簡単。よく洗ったきゅうりの皮をむき、薄い輪切りもしくは荒く摩り下ろします。そこにクリームを加えてよく混ぜ、塩・胡椒で味付けをして出来上がり。砂糖やワインビネガーを加えることもあるそうです。最近ではカロリーを気にしてクリームをヨーグルトに替える人も多いとか。生のディルを加えてもおいしいです。

ちなみにこのミゼリア、語源はラテン語で「貧しさ」を意味する”miser”から来ているという話もあります。確かにかなり安上がりな料理です。ミゼリアに茹でたじゃがいもとコトレット・スハボーヴィをワンプレートにすれば、ポーランドの典型的なオビアドの出来上がりです!

(写真はgarnek.plのものです)