滞在許可カード取得について

 

留学・就労などでポーランドに長期滞在する人は滞在許可カード(Karta czasowego pobytu)の申請が義務づけられています。

申請は今あるビザ、もしくは滞在カードの有効期限の45日前までに済ませなければなりません。

 

申請する機関

ワルシャワ(マゾフシェ県):

Mazowiecki Urząd Wojewócki w Warszawie, Wydział Spraw Cudzoziemców

住所: ul. Długa 5  00-263 Warszawa tel/ (22) 695 67 70      メール:legalizacjapobytu@mazowieckie.pl

公式サイト: http://www.mazowieckie.pl/ (英語あり、申請書ダウンロード可)

 

クラクフ(マウォポルスキ県) :

Małopolski Urząd Wojewódzki w Krakowie, Wydział Spraw Obywatelskich i Cudzoziemców

住所:ul. Przy Rondzie 6, kraków tel/ (12)  422 31 05    メール:wo@malopolska.uw.gov.pl

公式サイト: https://www.malopolska.uw.gov.pl/ (英語あり、申請書ダウンロード可)

 

ヴロツワフ(ドルノシロンスキ県):

Dolnośląski Urząd Wojewódzki we Wrocławiu, Wydział Spraw Obywatelskich i Cudzoziemców

住所:Plac Powstańców Warszawy 1, Wrocław

公式サイト:http://www.duw.pl/ (英語あり、申請書ダウンロード可)

 

ポズナン(ヴィエルコポルスキ県):

Wielkopolski Urząd Wojewódzki w Poznaniu, Wydziale Spraw Obywatelskich i Cudzoziemców

住所:pl. Wolności 17, 61-739 Poznań 公式サイト:http://www.poznan.uw.gov.pl/ (英語あり、申請書ダウンロード可)

 

申請時に必要なもの (ワルシャワの場合)

・滞在許可カード申請用紙×4

・6ヶ月以内に撮った正面向きの証明写真(35 mm x 45 mm)

・パスポートおよびそのコピー×3

・在住している地域の住民票

・アパートの賃貸契約書など、家賃の金額がわかるもの

・電気代・ガス代・水道代などを払っていることを示すもの(普通は領収書)

・住んでいる場所が大家のもの(自分で購入した場合は自分のもの)であることを示す法的な証明書

・申請料金340ズウォティ(その後カード代50ズウォティを払う)

 

申請に必要な書類は学生・定住者・就労者でも変わってきます。

 

学生の場合:上記の書類、所属する学校の在学証明書、学費を払ったことを示す証明書、生活費・学費・日本へ戻る際の渡航費があることを示す証明書(一般的には銀行口座の残高証明)

定住者の場合:上記の書類、結婚証明書、ポーランド人配偶者の身分証明書のコピー

就労者の場合:上記の書類、労働許可証、雇用契約書、前年度のPIT37もしくは40、健康保険に加入していることを示すもの、住んでいる地域の税務署が発行した、そこに税金を納めていることを証明する書類

 

地域によって申請する書類に違いがあることもあるので、申請する前にホームページをよくチェックしてください。住民票などはコピーでも申請はできますが、どの書類も原本も一緒に持っていかないとコピーだけでは受け付けてもらえないので注意が必要です。担当官によっては英語が出来ない人もいるので、ポーランド語に自信がない場合はポーランド人、もしくはポーランド語が出来る人と一緒に行くことをお勧めします。申請から滞在許可が下りるまでは大体1ヵ月半となっていますが、場合によっては3ヶ月、半年になることもあることを覚えておきましょう。

ワルシャワでは申請する日時を電話予約できるようになりました(メールでは不可)。朝から列に並ばなくてもいいので快適です。ただし電話に出る人たちはほとんど英語を話せないので、ポーランド語が出来ない場合は誰かに頼んで電話してもらうのが良いでしょう。