クシシュトフ・ピヨンテクがACミランへ移籍へ

イタリアのサッカーリーグ・セリエAのジェノアFCに所属するポーランド代表FWのクシシュトフ・ピヨンテク(Krzysztof Piątek)選手が、ACミランへ4年半の契約で移籍することが1月23日発表されました。

ジェノアからACミランへの移籍金は約3500万ユーロ(約44億円)と言われており、これはポーランド人サッカー選手史上最高額だった2016年のアルカディウシュ・ミリク選手の3200万ユーロ(アムステルダム・アヤックス→SSCナポリ)を抜いて1位となりました。

ピヨンテク選手はポーランドの南西部の町ジェルジョヌフ出身。レヒア・ジェルジュヌフ、ザグウェンビア・ルブリンを経てクラコヴィアで活躍後、2018年にジェノアへ移籍しました。2015年よりユースのポーランド代表に招集されていました。2018年5月にはFIFAワールドカップのポーランド代表メンバーの予備登録メンバーに選出されましたが、最終メンバーには選出されませんでした。代表としてのデビューは2018年9月に行われたアイルランドとの親善試合で(61分)、初ゴールは10月11日、UEFAネーションズリーグでの対ポルトガル戦でした。

(写真はSportowe Fakty WPのものです)

サッカー・ポーランド代表が2018年ワールドカップに出場決定!

2017年10月8日にワルシャワの国立競技場で2018年FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選が行われ、グループE首位のポーランドがモンテネグロに4-2で勝利し、3大会ぶり8度目のワールドカップ出場を決めました。

ポーランドサッカー代表がワールドカップに出場するのは実に12年ぶりとあり、国内では喜びの声があがっています。

得点を挙げたのはモンチンスキ(Mączyński 6分)、グロシツキ(Grosicki 16分)、レヴァンドフスキ(Lewandowski 85分)、そしてモンテネグロチームのオウンゴールでストイコヴィチ(Stojković 87分)でした 。

 

写真はsportowefakty.plのものです。