スキージャンプ:ストフが史上2番目のジャンプ週間4連勝

1月6日、オーストリアのビショフスホーフェンで2016-7スキージャンプW杯男子個人戦第11戦が行われ、ポーランドのカミル・ストフ(Kamil Stoch)選手が12月30日にドイツ・オーベルストドルフで行われた第1戦、1月1日にガルミッシュ・パルテンキンヘンでの第2戦、そして1月4日にオーストリア・インスブルックでの第3戦に続いて4連勝を飾り、総合優勝となりました。

ジャンプ週間総合優勝は2002年にドイツのスヴェン・ハンナヴァルト選手が達成して以来、史上2番目となります。
 
(写真はOnet Sportのものです)
 
 

スキージャンプの大会を見ました(キナコママのワルシャワ滞在記)

1月のワルシャワも寒い日が続いています。

最近は最低気温がマイナス10度前後、最高気温が0度前後です。
息子が通う幼稚園の子供達は外出するときは、上下スキーウエアを着ており
もこもこしていて、可愛いです。
(家の中は暖かいので、外出時にいろいろ着せるのは親にとっては大変ですが。。。)

さて、ポーランドで人気があるスポーツといえばバレーボールですが
冬はスキージャンプも人気があります。
先々週末はポーランドのヴィスワというところで、先週末ははポーランドのザコパネで
スキージャンプの大会がありました。
テレビ中継があったので、テレビで見ることができました。
写真はテレビの画面を撮ったものです。

試合は16時から始まり、18時ごろには終わります。
現在、ポーランドの日没が16時過ぎなので、ナイターの試合のようでした。
とても寒いのに、たくさんのポーランド人の方が応援に来ていました。

予選を勝ち抜いた選手が、2本ジャンプを跳んで、競います。
ノルウェー、ドイツ、チェコ、オーストリアなどヨーロッパの国の
選手が多かったです。
もちろんポーランド選手もたくさん出場しており、選手が飛ぶたびに
観客席が写り、大声援を送っていました。
日本人選手も出場しており、なかでも葛西選手はポーランドでも人気があるそうです。
この日にスキージャンプの応援に行った方のお話ですと、葛西選手の周りには
サインや写真を求めるポーランド人観客の方がたくさんいたそうです。

1月14日の試合で優勝したのは、ポーランド人のKamil Stoch選手。
Kamil Stoch選手は翌週も優勝しています。


まだスキージャンプのシーズンは続きますので、引き続き注目していきたいと思います。