ロマン・ポランスキ (Roman Polański)

ロマン・ポランスキは「戦場のピアニスト」や「ローズマリーの赤ちゃん」などの作品で有名なポーランドの映画監督です。

ポランスキーは1933年8月11日、フランスのパリでユダヤ系ポーランド人の家庭に生まれました。出生時の名前はRajmund Roman Liebling (ライムンド・ロマン・リーブリング)。彼が3歳になると一家はポーランドのクラクフへ引っ越します。1939年になるとユダヤ系であったポランスキ一家は、ドイツ軍が作ったゲットーに強制移住させられます。母親はアウシュヴィッツ強制収容所に連行され、虐殺されました。ポランスキは父親の手助けで逃げ延び、クラクフ郊外のカトリック教徒の家に隠れましたが、まもなくクラクフに戻り、路上で生活を始めます。

彼の家族はほとんど虐殺されていましたが戦後、生き残っていた父親と再会。13歳頃からアートに興味を持ち始め、映画館に通い始めます。その後クラクフの劇団に入団、演技力が高く評価されます。1953年に映画デビュー。その後アンジェ・ワイダ監督作品「世代(原題:Pokolenie)」に出演。

1954年にウッジの国立映画大学に入学。学生時代に撮った作品はどれも高評価されており、1958年の作品「タンスと二人の男(原題:Dwaj ludzie z szafą)」は5つの国際映画祭で入賞しています。1959年に女優のバルバラ・クフィアトコフスカと結婚(1962年に離婚)。1962年に発表されたデビュー長編映画「水の中のナイフ(原題:Nóź w wodzie)」は国内の賞賛を浴びたばかりでなく、ヴェネチア国際映画祭の批評家賞を受賞、またアカデミー外国語映画賞にもノミネートされました。その後フランスに移住。パリで知り合った脚本家ジェラルド・ブラックとコンビを組み、「反撥(原題:Repulsion)」、「袋小路(原題:Cul-de-sac)」を撮影、ベルリン映画祭で銀熊・金熊賞を受賞しました。1966年に「吸血鬼」の製作に入り、シャロン・テートと出会い、結婚してアメリカに渡ります。1968年に製作された初のハリウッド作品「ローズマリーの赤ちゃん(原題:Rosemary’s Baby)」で世界中に名前が知られることになりました。

しかし幸せな新婚生活も長くは続かず、1969年8月、妊娠8ヶ月だったシャロン・テートはビバリーヒルズの自宅でチャールズ・マンソン率いるカルト教団に惨殺されます。このときポランスキーは撮影のため家を留守にしていました。

1974年、ジャック・ニコルソンが主役の「チャイナタウン(原題:Chinatown)」を発表、この作品はアカデミー賞11部門にノミネート(1部門受賞)、またゴールデングローブ賞も7部門ノミネート(4部門受賞)し、一気に観客の層を広げることになりました。しかし1977年、当時13歳の子役の少女に性的行為をした容疑で逮捕、有罪判決を受けますが保釈中にパリへ逃亡。それ以来アメリカには一度も入国していません。

2002年に監督した実在のピアニストであるヴワディスワフ・シュピルマンの体験がもとになっている作品「戦場のピアニスト(原題:The Pianist)」は、カンヌ映画祭最高賞であるパルム・ドール賞を受賞。アカデミー賞では7部門にノミネートされ、3部門で受賞しましたが、上記の問題があるために授賞式には出席しませんでした。2019年9月には最新作“ジャキューズ”が第76回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を、2020年3月の仏セザール賞で最優秀監督賞を受賞しています。

マキシミリアン・コルベ神父 (św. Maksymilian Kolbe)

マキシミリアン・マリア・コルベ(Maksymilian Maria Kolbe)神父(出生名ライムンド・コルベ Rajmund Kolbe)は1894年にポーランドのズドゥンスカ・ヴォラで生まれました。
聖母マリア信仰の強い家庭で育ち、その後コンベンツァル聖フランシスコ修道会に入会、ルヴフ(現在はウクライナのリヴィフ)にあるコンヴェンツァル聖フランシスコ修道会の小神学校に入学。1911年の初請願の際にマキシミリアンの名前を与えられました。その後ローマに留学、数学・物理学・哲学そして神学を学びました。
1917年6人の仲間とともに「無原罪の聖母の騎士信心会」を設立。クラクフにある大神学校の教会史の教授として3年間勤めましたが、結核のためその後ザコパネで療養生活をしていました。

1927年にはワルシャワから40キロほどのところにあるテレシンの町にニエポカラヌフ修道院を創立。「無原罪の聖母の騎士」という小冊子を発行して宣教に力を入れました。

当初は中国での布教活動を考えていたコルベ神父ですが、政情の不安定さを心配した友人の提案で上海を経て日本に向かうことになります。1930年4月長崎に上陸したコルベ神父は、翌月には大浦天主堂下の木造西洋館に聖母の騎士修道院を開き、印刷事業を開始、「無原罪の聖母の騎士」日本語版を一万部発行しました。翌年には聖母の騎士修道院を設立。、聖母の騎士誌の発行と布教活動に専念します。また、大浦神学校では教授として生徒達に哲学を教えていました。

kolbe3

執筆中のコルベ神父

1936年、ニエポカラヌフ修道院の院長に選ばれたためポーランドに帰国。ラジオや出版物を通して更なる布教活動に専念しました。

第2次世界大戦が始まると修道院はドイツ軍によって荒らされ、修道士達も逮捕されました。一度は釈放されたもののまた逮捕されたコルベ神父はまずワルシャワのパヴィアック収容所へ、その後アウシュヴィッツ強制収容所へ送られました。

1941年7月、収容所から脱走者が出ました。脱走者が見つからないと、連帯責任として無作為に選ばれる10人が死刑に処せられることになっていました。死刑囚を選別している最中、不幸にも選出されてしまったフランチシェック・ガヨヴニチェク(Franciszek Gajowniczek)というポーランド人軍曹が突然「私には妻子がいる」といいながら泣き崩れました。その時そこにいたコルベ神父は静かに列の前に出て、「私は妻子あるこの人の身代わりになりたい」と所長に申し出ました。今までそんな言葉を聞いたこともなかった所長は驚いたものの、それを許可し、コルベ神父は9人の囚人とともに餓死牢へ連行されていきました。

この餓死牢は「死の地下室」と呼ばれ、パンも水も与えられず、ほとんどの囚人は叫び、呻きながら半狂乱になって死んでいきました。しかしコルベ神父が餓死牢に入れられたときは、中からロザリオの祈りや賛美歌が聞こえてきました。他の囚人たちもみな一緒に歌っていました。時折牢内の様子を見に来た通訳のブルーノ・ボルゴヴィエツ(Bruno Borgowiec)氏は、牢内から聞こえる祈りと歌声によって餓死室は聖堂のように感じられた、と証言しています。

牢に入れられてから2週間後の8月14日、当局はコルベ神父を含めたまだ生き残っていた4人に毒物を注射して殺害しました。注射をされるとき、コルベ神父は祈りながら自ら進んで手を差し出したそうです。通訳のボルゴヴィエツ氏はいたたまれなくなり、口実をもうけてその場から逃げ出しました。少し時間が経ってからコルベ神父のもとへ行ってみると、「神父は壁にもたれてすわり、目を開け、頭を左へ傾けていた。その顔は穏やかで、美しく輝いていた」そうです。

コルベ神父は1971年10月10日にパウロ6世によって列福され、1982年10月10日にポーランド出身の教皇ヨハネ・パウロ2世によって列聖されました。列福式および列聖式の場にはガヨヴニチェック氏の姿もありました。ガヨヴニチェック氏はその後ザクセンハウゼン収容所に送られたものの奇跡的に終戦まで生き延びて解放され、亡くなるまでずっとコルベ神父に関する講演を世界各地で続けました。1998年にはロンドンのウェストミンスター教会の扉に「20世紀の殉教者」の一人としてコルベ神父の像が飾られました。

アウシュビッツ解放70周年

1945年1月27日、ナチス・ドイツに作られたアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所がソ連軍によって解放されました。あれから70年を迎える今年、存命中の元収容者やその家族、また各国首脳らが1月27日の式典に参加しました。この70年、元収容者の人たちはどんな思いを持って生きてきたのか、またこの負の歴史を繰り返さないために各国機関はどのような努力をしてきたのか、日本テレビ報道部が現地取材を行いました。この様子はNews Zero及びNews Every.で放送されました。

取材中、何人もの元収容者にお話を聞くことができました。それぞれ悲惨な体験をされ、戦後フラッシュバック等の後遺症に悩んだ人もいましたが、皆口をそろえて「この悲劇を忘れてはいけない。でも憎みあってはいけない。きちんと話し合って、お互いを尊重しなければいけない」と言っていたのが印象的でした。

アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所は現在博物館になっています。2014年の訪問者数は150万人を越え、過去最高を記録したそうです。ポーランド人だけではなく外国人も多く訪れます。博物館は展示以外にもセミナーやワークショップなどの教育活動に力を入れていて、最近ではインターネットを使用したE-learningも開始しました。

たった70年くらい前にこのような惨劇が起きていたという事実に声も出ませんでした。現在世界で起きていることを考えると、元収容者たちの「憎みあってはいけない」という言葉が深い意味を帯びてくると感じました。

lozkomursmiercitor

アウシュヴィッツ強制収容所見学記

ポーランドの世界遺産のひとつであるアウシュヴィッツ強制収容所跡を見学して来ました。今は博物館になっていて、多くの観光客が訪れる一大スポットになっています。

まずアウシュヴィッツのほうに行きました。有名な「働けば自由になる」と書いてある門を入ると、煉瓦でつくられた建物が整然と並んでいます。その建物の中に展示がされているのですが、当時の収容者たちのトランクやメガネや靴はおろか、刈り取られた髪の毛やそれを使用して作られた布地までが展示されています。それらの布でドイツ兵の制服を作ったりしていたのだそうです。銃殺刑に使われた死の壁や地下牢、有名なガス室、そして焼却炉も見ることが出来ますが、どうして同じ人間にこういうことが出来たんだろうと思わずにはいられませんでした。人体実験の犠牲になった子供や女性たちの写真も展示されていますが、正視するに耐えないほど悲惨なものでした。

その後ビルケナウに行きました。入り口の大きな門の下から、奥の林のほうまでまっすぐ線路が続いています。収容者達はこの線路を走る貨物列車にぎゅうぎゅう詰めにされて、ここまで送られてきたのだそうです。到着するとすぐに選別が行われ、労働力になると判断された人は収容されましたが、それ以外の人はすぐガス室送りになりました。焼却炉は絶え間なく稼動し、灰は池に捨てられたり肥料として使われたのだそうです。たった70数年前に、この線路を通って殺されていった人が何十万人もいたのかと思うと、「どうしてこうなった?」と思わずにはいられません。アウシュヴィッツのほうは情報や視覚でウッとなりましたが、ビルケナウのほうではもっと感覚的というか、説明書きがないからこそ余計にここに連行された人たちの絶望感が伝わってくるような気がしました。

のほほんと日本で育った人間には考えられない惨劇です。確かに、怖いから、気持ち悪いから行きたくないという声も聞きます。でも行って損する場所ではないです。もちろん博物館を出た後はげっそりするし食欲もなくなりますが、そのためにここのことを忘れることが出来ないし、忘れることが出来ないからこそ、自分達とは全く別の世界じゃないのでは?と考えることが出来るんだと思います。と言うより、一歩間違えたら今でもこの惨劇が起きても不思議じゃないし、じゃあそれを繰り返さないためには?と思わせてくれることに意義があるんじゃないでしょうか。

アウシュヴィッツ:
auschwitz1auschwitz2auschwitz3auschwitz4

ビルケナウ:
birkenau3birkenau2birkenau4

アウシュビッツで盗難事件

 
7月2日、ポーランドの世界遺産としても有名な国立オシフィエンチム博物館(アウシュビッツ=ビルケナウ ナチス・ドイツの強制絶滅収容所)で盗難事件がありました。

犯人は47歳のドイツ人の男性。教師として生徒達を連れての社会化見学の最中、フォークやはさみ、陶器のかけらなど10点をかばんにしまっている所を拘束されました。犯人がこれらのものを集めたのはドイツ軍占領時代に「カナダ」と収容者達に呼ばれていた、ユダヤ人から奪った生活用品を保管していた倉庫跡一帯でした。この倉庫は戦争末期、ドイツ軍が自分達のしたことをうやむやにするために火をつけたために焼失したものです。

ドイツ人男性は罪を認めており、これらのものを集めたのは生徒達に当時のものを見せたかったからと言っています。オシフェンチム検察局によると、この事件に関しての最高刑は禁固10年になるとのことですが、男性自身は多額の罰金を払うことと執行猶予で済むように交渉しているそうで、既にその一部を支払い済みとのことです。

この博物館における有名な盗難事件には2009年、収容所の門に掲げられている“Arbeit macht frei(働けば自由になる)”の標語盗難事件があります。すでに犯人グループそして元締めのスウェーデン人男性は逮捕されており、禁固刑に処されています。

(写真はwww.polska.travelのものです)
 

ときめき Day Trip 〜マイダネク編〜

 

今回は、「ときめき」とは言えない場所になります。

マイダネク(Majdanek)収容所をご存知ですか?
アウシュビッツ強制収容所のことは知っていても、それがポーランドにあるのだということは、実際にポーランドに来るまで知りませんでした。アウシュビッツ強制収容所のことは知っていても、ほかにもいくつもあったという強制収容所については、今でも詳しく知りません。

そこで、ポーランド国内に何か所も残っているというそれらの収容所を訪ねてみたいと!と思って出かけたのが、ここマイダネク収容所です。特に、ここを選んだ特別な理由があるわけではないのですが、ワルシャワからの日帰りも可能な場所でした。ルブリンにあります。本当に街からすぐなので、驚きました。街の中を走っていて、大通りから一、二本道を行くと街路樹が増えいきなり視野が広がると、巨大なモニュメントが見えました。ずっと遠くまで、広大な敷地が広がっています。「ズン」とした大きな存在感です。アウシュビッツというか、ビルケナウに似ています。

あの収容所がいくつも並んで建っています。一つの建物には、たくさんの靴が展示されていました。アウシュビッツの靴の展示にも驚きましたが、ここも凄かったです。言葉になりません。

緑が広がり、見学者も少なくて、本当に静かな一帯です。ここで、わずか70年ほど前にどんなことが行われていたか、想像するのですが、想像できない・・・。ここであった事実が信じられないくらいに、時が流れたことを感じさせる「今」のマイダネクでした。

次々に運ばれてくる人々を燃やしたという焼却炉も、現存しているものはこぎれいになっていて、ここで、本当に燃やしていたの?!と疑いたくなるほど。燃やす前に、金歯などまで取ったという死体をのせた台も、本当にここに人をのせて、そんなことしていたの?!と信じられないくらいに一つポツンとあるだけでした。

日本語の解説がなく、くわしい説明のないままにまわるしかなかったので、お出かけの際には、ぜひ予習をされてから行くことをおすすめします。

majdanek2majdanek3

アウシュヴィッツを訪ねて

 

第二次世界大戦中にドイツに侵略されたポーランドには、数多くの強制収容所・絶滅収容所が残っています。多くのユダヤ人やポーランド政治犯など約六百万人が命を失いました。よく知られているのは、アウシュビッツ強制収容所ですが、現在ポーランドには九カ所残っており、その中の六カ所を回ってきましたので、写真にて紹介いたします。

アウシュビッツ強制収容所博物館のガイド氏によると、ヒトラーはもともと国民投票で大統領に選出されたため、自ら選んだ国の代表の暴虐ぶりを国民のだれも否定できなくなったそうです。戦後、国際裁判にかけられたドイツ人将校は皆「私は上からの命令によってやった。」と答えたそうです。人を殺して最終的に行き着くところが責任逃れでは、亡くなった人たちが報われるはずがありません。大量虐殺は想像を絶する大惨事ですが、身近なところでも耳にする「わたしのせいじゃない」の言葉に立ち返り、自分の周りにいる人が嫌な思いをしないような学級、学校、地域、社会にしていかなければいけないと思いました。

ポーランド人に出身地を聞かれ「広島から来た。」と言うと、「オー。」と反応されます。みな「ヒロシマ」を知っているからです。平和都市ヒロシマの人間としては、ポーランドにいた意味と使命を自覚し、ポーランドで見たこと・知ったことを教育活動にも生かしていきたいと思っています。

ASKA