ポーランドの紙幣

ポーランドの通貨はズウォティ (Złoty)。日本語ではズロチ、ズオチとも言われます。最近ではPLNと表記されることも増えて来ました。日本と同じく紙幣と硬貨があります(硬貨にはグロシィ – groszyという通貨もありますが、それは次の機会に)。今回は現在流通している6種類の紙幣についてご紹介します。

ポーランドの紙幣

10ズウォティ札

10ズウォティ札は茶色と緑色のグラデーションでまとめられています。サイズは120 x 60 mm。表側の中央にはポーランド初代国王でピアスト朝の創始者であるミエシュコ1世 (Mieszko I)の肖像画、裏側中央にはミエシュコ1世統治時代の銀貨の絵が描かれています。

20ズウォティ札

20ズウォティ札はピンクと青のグラデーションでまとめられています。サイズは126 x 63 mm。表側の中央にはミエシュコ1世の息子であるボレスワフ1世 (Bolesław I Chrobry)の肖像画があります。裏側中央にはボレスワフ1世統治時代の銀貨の絵、その左側にはチェシンの聖ミコワイ教会の絵が描かれています。

50ズウォティ札

50ズウォティ札は青のグラデーションでまとめられています。サイズは132 x 66 mm。表側の中央には、14世紀にポーランドを統治した大王、カジミエシュ3世 (Kazimierz III Wielki)の肖像画があります。裏側中央にはカジミエシュ3世の印章の鷲、そして宝珠と王笏の絵が描かれています。

100ズウォティ札

100ズウォティ札は緑のグラデーションでまとめられています。サイズは138 x 69 mm。表側の中央には、ポーランド王国ヤギウェオ朝の創始者ヴワディスワフ2世 (Władysław II)の肖像画があります。裏側中央にはヴワディスワフ2世の紋章の鷲、その下にはクロスした2本の剣と兜、そしてドイツ騎士団のマント、左側にはマルボルクのドイツ騎士団城が描かれています。

200ズウォティ札

200ズウォティはオレンジのグラデーションでまとめられています。サイズは144 x 72mm。表側の中央には16世紀のポーランド王、ジグムント1世 (Zygmunt I Stary)の肖像画があります。裏側中央には、クラクフのヴァヴェル城内のジグムント礼拝堂にある六角形と鷲とSの文字を組み合わせた彫像の絵、その背景にはヴァヴェル城の旧王宮が描かれています。

500ズウォティ札

2017年2月より、500ズウォティ紙幣が新しく流通するようになりました。サイズは150mm x 75mm。表に17世紀の国王ヤン3世ソビエスキ (Jan III Sobieski)の横顔、裏にはポーランドの国章である鷲と、ソビエスキが住んでいたヴィラヌフ宮殿が印刷されています。

500PLN紙幣

日常生活で最もよく使用されるのは10・20・50ズウォティ札でしょうか。大きいスーパーなどでは100ズウォティ札や200ズウォティ札を出しても何も言われませんが、バザールや個人商店では支払い金額が少ない場合、大きいお札を出すと嫌がられることがよくあります。タクシーも同じです。また、EU加盟国ではありますがまだポーランド国内ではユーロは使用できません。
1995年にデノミが実施される以前のポーランドの紙幣にはショパンやキュリー夫人、コペルニクスの肖像画が描いてありました。こういうのはわかりやすくて親しみやすいですね。ちなみに当時の10000ズウォティが現在の1ズウォティです。

banknot -chopinbanknot - Kopernik
 

 

出典:ポーランド国立銀行公式ホームページ  (英語あり)

写真はolx.plのものです。

500PLN紙幣が新登場

2017年2月より、500ズウォティ紙幣が新しく流通するようになりました。

ポーランドの紙幣には歴代のポーランド王の顔が印刷されていますが、今回の紙幣は表に17世紀の国王ヤン3世ソビエスキ (Jan III Sobieski)の横顔、裏にはポーランドの国章である鷲と、ソビエスキが住んでいたヴィラヌフ宮殿が印刷されています。

今回の500ズウォティ札のサイズは150mm x 75mmと、これまで一番大きかった200ズウォティ札よりも少し大きめになっています。


 
 

(写真はNarodowy Bank Polskiのものです)
 

ポーランドの新紙幣

 
2014年4月7日、ポーランド国立銀行は10zł、20zł、50zł、100złそれぞれの新しい紙幣を発行しました。

デザイン及びサイズは今までのものとまったく同じですが、新紙幣には偽造防止のための透かし模様やホログラムなどが入っています。今までの紙幣もはそのまま使用することが出来るので、銀行などで取り替えてもらう必要はありません。古いものや破損が激しいものは徐々に新しいものと取り替えられ、最終的には12.5億枚の新紙幣が流通される予定です。

ちなみに200zł札だけは現在のところ新紙幣になる予定はありません。ポーランドは他の国に比べると偽造紙幣が流通することは少ないですが、もし何かおかしいと感じたときは銀行に行くと調べてもらうことが出来ます。
 
 
(写真はtvn24bis.plのものです)
 
 

ポーランド基本情報

 
国名

ポーランドの正式な国名は「RZECZPOSPOLITA POLSKA」(ジェチポスポリタ・ポルスカ/日本語でポーランド共和国)といい、普通、ポーランド人は「POLSKA」(ポルスカ)と呼んでいる。また、単に正式名称を「RP」と略して書くこともある。さらに、ヨーロッパなどでは自動車でヨーロッパ各国を移動する人が多いため、自動車のテールに国の認識マークを付けている人が多く、ポーランドの国のマークは「PL」が使用されている。

位置

西でドイツ、南でチェコとスロヴァキア、東でウクライナ、ベラルーシ、リトアニアと接しており、北東ではロシア(カリーニングラード)とも国境を接している。
南部を除き国土のほとんどが北ヨーロッパ平野であり、これらの平均高度は173メートルである。ポーランドにある9,300個の湖のほとんどが北部に集中している。

国土面積

国土面積は 32.3万平方キロで日本よりも少し小さく、日本の国土面積から四国を抜いたくらいの大きさである。しかし、ポーランドが日本よりも小さいといっても、自分の国が小さいと思っている日本人は、「日本よりも小さいの!」と驚きそうだが、ポーランドの国土面積は、オーストリアとハンガリー、そしてチェコ、スロバキアの4国をたしたものよりも大きいである。ちなみに、ヨーロッパでは日本よりも大きい国はスペインとフランス、またロシアくらいしかない。しかし、山の多い日本に対してポーランドは南部山岳地帯を除くとそのほとんどは平原地帯である。ポーランドの国名も平原等を意味するポーランド語、「POLE」(ポーレ)から来ていると考えられている。

気候

気候は当然地方によってもまちまちだが、平均気温は、冬期で-1〜-6℃、夏期で16〜19℃くらいである。日本とは違い湿気が少ないため、夏でも昼間は気温が上がっても、夜は比較的過ごし易いである。冬は大雪になることもあるが、積雪量はそれほど多くはない。また、ポーランドの建物は越冬用にできており、窓も2重にできているところもあり、冬でも建物の中はとても暖かい。最近の記録によると1997年の最低気温で-27.5度。北東部のオルスティン(OLSZTYN)の観測所で記録されている。戦後からの記録では1956年に-36.9度というのが最低だったそうである。

9月から日が短くなっていき、10月にも雪が降り始めることもある。

人口

2012年の国勢調査によると、人口は約3850万人で、そのうち約97%がポーランド人である。かつては多民族国家であったが、第二次大戦の結果国家自体が地理的に西側へ移動し、現在のようなほぼ単一民族国家となった。その他の少数派としては、ウクライナ人、ラトビア人、ベラルーシ人(主に東部に在住)、ドイツ人(主に旧ドイツ領の西部に在住)がいる。
海外に居住しているポーランド人は約1,000万人といわれている。マフィアで有名なアメリカのシカゴには多くのポーランド人が住んでおり、ポーランド語でラジオを聞け、ポーランド語の広告まで街中で見かけられるそうである。だから、シカゴから飛行機がワルシャワの国際空港に着く時は、帰省客でごったかえしている。

言語

ポーランドの民族は西スラブ族に属し、ポーランド語はロシア語などにも大変似ているが、国民の90%以上がカトリックのポーランドでは、国教がロシア正教のロシアなどで使用されているキリル文字を使用しておらず、通常のラテン文字(アルファベット)を使用しています。発音は、英語などにはない独特の文字と、アルファベットの組み合わせによる子音以外は、日本語のローマ字読みで通用します。スラブ言語に特徴的なのが、動詞、名詞等の語尾変化で、単語の後の部分を変化させ、〜が、〜の、〜に、〜を、を区別しています。

時差と日照時間

日本との時差は冬期(11月から3月)で8時間、夏期には7時間日本時間よりも遅くなる。サマータイムの時差の変更は10月の最後の日曜日と3月の最後の日曜日に行われる。また、時差の影響もあり、夏は、朝は4時くらいに日が明け、夜の9時、10時ぐらいまで明く、冬は、8時くらいに日が明け、4時ぐらいには暗くなってしまう。

ポーランドでは、6月半ばから7月、8月一杯まではバカンスで、学校は休みとなる(大学は9月一杯まで)。店舗や会社も、順番に休みを取ることになり、バカンス中の用事はあまりスムーズにはいかないことが多いようである。

通貨

ポーランド通貨はZLOTY(ズオティ)と呼ばれPLNやZLと表記される。ZLOTY の下にはGROSZE(グロッシェ)がありGRと表記される。100GRは1PLN。ちなみに、ZLOTY(ズオティ)とは、ZLOTA(ズオタ)金(きん)という言葉の複数形である。両替は街中の彼方此方にあるKANTOR(カントル)という両替所で行える。中には円を両替できるカントルもあるが、レートはそこそこである。

物価

物価は日常生活品などは、日本よりも安いが、海外から輸入されたもの、例えば自動車、電器製品などは、モデルも最新のものではなくも、値段が日本よりも高いである。また、なぜかポーランド人はレストランと呼んでいるが、ファーストフード店も普及しており、マクドナルド、バーガーキング、ピザハットなどがある。ちなみに、マクドナルドのビックマックメニューで16ズオティくらいである。日本よりも進んでいる点では、スーパーマーケットならずハイパーマーケットなるものがあり、スーパーマーケットの何倍もの大きさで、様々な店舗が軒を揃えており、ここで生活用品から電化製品までさまざまな物が手に入る。さらに、ワルシャワで2LDKのアパートの家賃が月400ドル〜800ドルくらい。また、ポーランドの大学新卒の初任給は、2000ズオッティくらいであり、当然大学を卒業していない人はそれ以下である。

経済と政治
多くの外国企業がポーランド進出をしており、日系企業では、すでに、自動車会社のいすずやパナソニック(松下電器)などが工場を建設しポーランドでの生産を行っている。さらに、現在、自動車会社のトヨタのエンジン工場もある。また、在ポ日本人も多く滞在しており年々増加の傾向にある。さらに、1999年にハンガリー、チェコとともにNATOに加盟し、2004年5月1日、EUに加盟した。

好感度
日本人は外国人のなかでもかなりの好感度を持たれているといっても過言ではない。80年代にテレビドラマの「おしん」が放映されたり、黒澤あきらや北野武などの映画ファンが多いようである。また、1980年前半の連帯運動の頃の合言葉は「第2の日本を目指せ」であった。さらに、一般的なポーランド人でも、柔道、空手、箸、日本では自動車が左側通行、さらには過労死など、かなり日本のことを知っている。世界でも有名なポーランド人としては、作曲家フレデリック・ショパン、地動説を唱えたコペルニクス、ノーベル賞を2回も獲得したキュリー夫人、エスペラント語を生み出したザメンホフなどがいる。ローマ法皇ヨハネ・パウロ2世もポーランド人であった。

最後に
日本とポーランドは正式に国交樹立をして、2009年で90年目を迎えた。これを記念して各イベントが積極的に運営され、さらに両国の関係を親密なものにした。また、1999年2月からの3ヶ月以内の観光旅行者向けの査証が免除され、簡単に入国することが可能となった。さらに5年に一度はショパン・コンクールがあり、回を重ねることに日本人のピアニストの健闘が目立つようになっている。

1989年の民主化から24年。ポーランドは大きく変わってきた。